ナナフシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナナフシ目
Wandelndes Blatt.JPG
コノハムシ(Phyllium属)の一種
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ナナフシ目 Phasmatodea

ナナフシ(七節、竹節虫)は、節足動物門昆虫綱ナナフシ目に属する昆虫の総称。草食性の昆虫で、木の枝に擬態した姿が特徴的。「七節」の「七」は単に「たくさん」という程度の意味で、実際に体節を正しく7つもっているわけではない。また、「竹節虫」は中国語由来の表記である。

ナナフシ目の学名の"Phasmatodea"は異様なものを意味する phasma と、高次の分類群を示す odea を合わせたもので[1]、学名についてはこの他に"Phasmida"とする場合もある。

特徴[編集]

さまざまな種のナナフシ類の卵

細長い体で、その姿は葉や枝などの植物体に擬態している。また、硬い卵殻に覆われた卵も植物の種子に似ている[1]。体長は数cmから50cmを超えるものまでさまざま。

熱帯から温帯に分布する[1]。不完全変態[1]。基本的に両性生殖だが、ナナフシモドキなどは単為生殖を行い♂が非常に稀である。

翅や飛翔能力を失ったものが多い。退化の程度は様々で、雌雄とも完全な飛翔能力を有するものから、雄のみ飛翔能力を有するもの、雌雄とも完全に無翅のものまである。コノハムシの雌のように、上翅を有するものの飛翔能力は失われている例もある。

防御手段の一つとして、敵に襲われた際に脚を自ら切り離す自切を行う種が多い。失われた脚は、自切が若齡幼虫時に行われたものであれば脱皮とともに再生していくが、成長段階の終わりに近い時期の自切ほど再生され難く、終齡幼虫・成虫での自切は再生されない。

日本のナナフシ[編集]

サカダチコノハナナフシHeteropteryx dilatata
Ctenomorpha chronus

世界には約2,500種のナナフシの仲間がいるとされている。ただ、ナナフシの分類は大幅な見直しが進められており、以下に記述されている国内種についても、これから整理される可能性があるため注意が必要である。

コブナナフシ亜科[編集]

ナナフシ亜科[編集]

ナナフシモドキ
Baculum irregulariterdentatum
  • ナナフシモドキ Baculum irregulariterdentatum (Brunner von Wattenwyl, 1907)
    体長:オス57 - 62mm(非常に稀で数匹しか見つかっていない)、メス74 - 100mm
    分布:本州、四国、九州
    Phraortes elongatus (Thunberg, 1815)と混同する例が多いが、Baculum 属は触角が短く、Phraortes 属は触角が長いことで区別できる。
  • イシガキナナフシ Entoria ishigakiensis (Shiraki, 1935)[2]
    分布:石垣島、西表島、台湾
    Entoria okinawaensisと同種の可能性がある。
  • ヤマトナナフシ Entoria japonica (Shiraki, 1911)[3]
    原記載論文[3]ではYoshihamaで採集との記録。Shiraki(1935)[2]では神奈川県Yoshihamaと記載。その後は記載がなく、詳細は不明。
  • オオナナフシ Entoria magna (Shiraki, 1911)[3]
    原記載論文[3]ではYoshihamaで採集との記録。Shiraki(1935)[2]では神奈川県Yoshihamaと記載。その後は記載がなく、詳細は不明。
  • Entoria nuda (Brunner von Wattenwyl, 1907)
    分布:奄美大島、石垣島、大東諸島、台湾
  • オキナワナナフシ Entoria okinawaensis (Shiraki, 1935)[2]
    分布:奄美大島、沖縄本島、久米島南大東島、宮古島、石垣島、西表島
    ミヤコナナフシ Entoria miyakoensis (Shiraki, 1935)とナゴナナフシ Entoria nagoensis (Shiraki, 1935)[2]は同種。[4]
  • Rhamphophasma japanicum (Brunner von Wattenwyl, 1907)
    分布:日本

トビナナフシ亜科[編集]

  • ニホントビナナフシ Micadina phluctainoides (Rehn, 1904)
    体長:オス36 - 40mm、メス46 - 56mm
    分布:本州、九州、奄美大島、沖縄本島、久米島
    本州の個体は単為生殖を行うが屋久島以南の個体は両性生殖。
    リュウキュウトビナナフシ Micadina rotundata (Shiraki, 1935)は同種。[5]
  • ヤスマツトビナナフシ Micadina yasumatsui (Shiraki, 1935)[2]
    分布:本州、四国、九州
    単為生殖を行い♂は未知。
  • シラキトビナナフシ Micadina fagi (Ichikawa and Okada, 2008)[5]
    分布:北海道
    単為生殖を行い♂は未知。

ヒゲナナフシ亜科[編集]

トゲナナフシの一種
  • トゲナナフシ Neohirasea japonica (de Haan, 1842)
    体長:メス57 - 75mm
    分布:本州、四国、九州
    トゲナナフシモドキ Neohirasea lugens (Brunner von Wattenwyl, 1907)は同種。[6]
    分布:本州、九州
  • エダナナフシ Phraortes illepidus (Brunner von Wattenwyl, 1907)
    体長:オス65 - 82mm、メス82 - 110mm
    分布:本州、九州、台湾
    体色は緑色型、茶褐色型、灰褐色型と様々である。日当たりの良い雑木林などで見られる。食性はサクラノイバラカシコナラなど様々。都市近郊にも多く生息する普通種。ナナフシ Phraortes elongatus (Thunberg, 1815)とPhraortes mikado (Rehn, 1904)は同種と考えられる。なお、ナナフシモドキをPhraortes elongatus (Thunberg, 1815)と混同する例が多いが、Baculum属は触角が短く、Phraortes属は触角が長いことで区別できる。
  • ミヤコエダナナフシ Phraortes miyakoensis (Shiraki, 1935)[2]
    • 分布:沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島
  • タイワントビナナフシ Sipyloidea sipylus (Westwood, 1859)
  • 単為生殖を行い♂は非常に稀。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 石川良輔・馬渡峻輔・岩槻邦男 『バイオディバーシティ・シリーズ 節足動物の多様性と系統』 裳華房2008年4月5日ISBN 978-4-7853-5829-7
  2. ^ a b c d e f g Tokuichi. Shiraki (1935), “Orthoptera of the Japanese Empire (Part IV) Phasmidae.”, Memoirs of the Faculty of Science and Agriculture, Taihoku Imperial University 14: 29-58 
  3. ^ a b c d T. Shiraki (1911), “Phasmiden und Mantiden Japans.”, Annotationes Zoologicae Japonenses 7 (5): 291-333 
  4. ^ Keizo Yasumatsu (1998), “On the identity of Entoria okinawaensis Shiraki (Phasmida)”, MUSHI 38 (15): 123-124 
  5. ^ a b Akihiko Ichikawa and Masaya Okada (2008), “Review of Japanese species of Redtenbacher (Phasmatodea, Diapheromeridae),with description of a new species”, Tettigonia 9: 13-31 
  6. ^ Paul D. Brock (1998). Catalogue of type-specimens of Stick- and Leaf-Insects in the Naturhistorisches Museum Wien (Insecta: Phasmida). Kataloge der wissenschaftlichen Sammlungen des Naturhistorischen Museums in Wien 13. 

関連項目[編集]