ネジレバネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネジレバネ目(撚翅目)
Strepsiptera-halictophagida.gif
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ネジレバネ目 Strepsiptera
亜目

ネジレバネ(撚翅)は、ネジレバネ目撚翅目、Strepsiptera)と呼ばれるの微小な寄生昆虫の総称。雄と雌の形態の差が激しく、ツチハンミョウのように過変態である。雄は目、足、を持ち、前翅が平均棍様の器官(偽平均棍)となっている。雌は足や翅を持たずに蛆虫状である種類が多い。宿主にはハチヨコバイシミゴキブリが含まれる

スズメバチネジレバネの生態[編集]

この属最大である本種はコガタスズメバチの働き蜂に最も寄生し腹部から雌が見えている状態で見つかる場合が多い。卵は雌の体外から出ず、体内で孵化した一令幼虫は脚を持ち宿主が樹液場に行ったとき雌と宿主の体内から脱出し樹液場で脱皮し、ウジのような二令幼虫に加齢し、樹液場にたまたま来た宿主の体内に侵入すると考えられる(ツチハンミョウの生態に似ていて過変態をする)。雌は生涯体内で過ごし雄は羽化すると宿主から脱出して数時間の寿命の間で雌を探して飛び回ると考えられる。(ライトトラップで♂が採集されたという報告もある)なお寄生された宿主はネジレバネにコントロールされ複数個体に寄生された場合を除きほとんどの場合は衰弱せず働き蜂としての仕事をしなくなり女王蜂と一緒に翌年まで越冬すると考えられている(宿主は8月に越冬したという例も報告されている)。

分類[編集]

Stylops melittae
(オスの成虫)
Stylops melittae
(メスの成虫。コハナバチの一種(Andrena vagaの腹部に寄生している))
  • シミネジレバネ亜目 Mengenillidia
    • シミネジレバネ科 Mengenillidae
    • Mengeidae
  • ネジレバネ亜目 Stylopidia
    • カメムシネジレバネ科 Corioxenidae
    • ボハートネジレバネ科 Bohartillidae
    • クシヒゲネジレバネ科 Halictophagidae
    • アリネジレバネ科 Myrmecolacidae
    • Callipharixenidae
    • エダヒゲネジレバネ科 Elenchidae
    • ネジレバネ(ハチネジレバネ)科 Stylopidae

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]