ラクダムシ亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクダムシ亜目
生息年代: Lower Jurassic–現世
[1]
Dichrostigma flavipes beentree.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: アミメカゲロウ目 Neuroptera
亜目 : ラクダムシ亜目 Raphidiodea
学名
Raphidiodea
Burmeister1838[2]

ラクダムシ亜目(駱駝虫亜目、Raphidiodea)は広義のアミメカゲロウ目(脈翅目、Neuroptera)に属す昆虫の一群。広義のアミメカゲロウ目をアミメカゲロウ上目(脈翅上目、Neuropterida)とする場合、またその他の亜目と別系統とする場合には、ラクダムシ目(Raphidioptera)とする。

完全変態肉食性。体は細長く、幼虫成虫に比べて扁平。幼虫は陸生で、森林の樹皮の隙間などに棲む。ラクダムシという和名は、成虫の頚が長く、中胸が膨れている点がラクダを思わせることによる。ユーラシア周辺、北アフリカ、北アメリカ西部に生息する。

現生種は210種ほど[3]

形態・生態[編集]

成虫では前胸部が長く伸びるが、前脚は通常の形態で、カマキリモドキのように変形することはない。口器は強力で、あまり特殊化しない。複眼は大きく、単眼を持つ種もいる。雌は長い産卵管を持ち、木材や腐朽材に産卵する。翅は前後ともほぼ同じ大きさで、翅脈は原始的で縁紋英語版を持つ[4]

幼虫は大きな頭部と突き出した大顎を持つ。頭部と胸部の第1節は硬化するが、それ以外の部位は柔らかい。脚は3対で腹脚はないが、腹端には吸着器官がある[4]

終齢幼虫は蛹室を作るが、繭は作らない。蛹は幼虫と同じように歩くことができ、羽化前には蛹室を離れることが多い。幼虫から成虫までは2年ほどかかる[4]

分類[編集]

ヘビトンボ亜目アミメカゲロウ亜目と近縁で、共に脈翅目を構成する。脈翅目を上目に格上げし、脈翅上目 Neuropterida 下にヘビトンボ目 Megaloptera・アミメカゲロウ目 Neuroptera・ラクダムシ目 Raphidioptera の3目を入れる構成とすることも多い。脈翅目自体は鞘翅目と近縁である。

形態的には、以下の点で他の分類群から区別される[5]

  • 前胸部が長く伸びる
  • 眼は突き出し、長い触角と大顎を持つ
  • 翅は2対でほぼ同形
  • 腹部は10節で尾角はない
  • 産卵管が長く伸びる

現生科はキスジラクダムシ科 Raphidiidaeラクダムシ科 Inocelliidaeの2科である。絶滅科は4科で、その内Baissopteridae・Metaraphidiidae・Mesoraphidiidaeの3科は現生科とともにRaphidiomorphaにまとめられるが、Priscaenigmatidaeは単型のPriscaenigmatomorphaとされる[1]

下位分類[編集]

以下の分類はEngel (2002)・Bechly and Wolf-Schwenninger (2011) ・Ricardo Pérez-de la Fuente et al (2012)などによる[1][6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Engel, M.S. (2002). “The Smallest Snakefly(Raphidioptera: Mesoraphidiidae): A New Species in Cretaceous Amber from Myanmar, with a Catalog of Fossil Snakeflies”. American Museum Novitates 3363: 1–22. doi:10.1206/0003-0082(2002)363<0001:TSSRMA>2.0.CO;2. hdl:2246/2852. 
  2. ^ Raphidiodea in Encyclopedia of life”. 2013年5月22日閲覧。
  3. ^ Jepson, J.E.; Jarzembowski, E.A. (2008). “Two new species of snakefly (Insecta:Raphidioptera) from the Lower Cretaceous of England and Spain with a review of other fossil raphidiopterans from the Jurassic/Cretaceous transition”. Alavesia 2: 193–201. http://fossilinsects.net/pdfs/Jepson_Jarzembowski_2008_Alavesia_SnakeflyLowerCretaceousEnglandSpain.pdf. 
  4. ^ a b c Hoell, H.V., Doyen, J.T. & Purcell, A.H. (1998). Introduction to Insect Biology and Diversity, 2nd ed.. Oxford University Press. pp. 445–446. ISBN 0-19-510033-6. 
  5. ^ Gillot, C. (1995). “Raphiodioptera”. Entomology (2 ed.). pp. 293–295. ISBN 978-0-306-44967-3. http://books.google.co.in/books?id=DrTKxvZq_IcC&lpg=PR1&pg=PA293#v=onepage&q&f=false 2010年11月14日閲覧。. 
  6. ^ Pérez-de la Fuente, R.; Peñalver, E.; Delclòs, X.; Engel, M.S. (2012). “Snakefly diversity in Early Cretaceous amber from Spain (Neuropterida, Raphidioptera)”. ZooKeys 204: 1–40. doi:10.3897/zookeys.204.2740. 
  7. ^ Bechly, G.; Wolf-Schwenninger, K. (2011). “A new fossil genus and species of snakefly (Raphidioptera: Mesoraphidiidae) from Lower Cretaceous Lebanese amber, with a discussion of snakefly phylogeny and fossil history”. Insect Systematics and Evolution 42 (2): 221–236. doi:10.1163/187631211X568164. http://www.bernstein.naturkundemuseum-bw.de/odonata/ISE-Raphidioptera.pdf.