ジュズヒゲムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュズヒゲムシ目(絶翅目)
Zorotypus hubbardi,
Zorotypus hubbardi
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ジュズヒゲムシ目 Zoraptera
: ジュズヒゲムシ科 Zorotypidae
: ジュズヒゲムシ属 Zorotypus
学名
Zoraptera

ジュズヒゲムシは、昆虫綱ジュズヒゲムシ目絶翅目) Zoraptera の昆虫の総称。数珠状の触角から名づけられた。せいぜい3mmの小型の昆虫で、その外形や群れて生活する点ではシロアリに似ているが、系統的には紡脚目(シロアリモドキ)に近いものと考えられる。(ただし準新翅類(チャタテムシカメムシなど)や網翅類などどの近縁性も指摘されている。)広く世界的に分布し、朽ち木の内部で菌類デトリタスを食べている。

両性共に有翅虫と無翅虫があり、無翅虫には眼がない。好条件時には無翅虫が増殖し、条件が悪化すると有翅虫が生まれ、それらは分散に与る。

現在知られているのは1科1属に属する22種。ただし、白亜紀の化石で知られる Xenozorotypus burmiticus がこの科に置かれる。熱帯および亜熱帯を中心に世界に広く分布するが、日本からは知られていない。なお日本から発見されていない目は本目とマントファスマ目だけである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]