トンレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トンレン とはチベット語で 「与えること」と「受け取ること」を意味する、 チベット仏教で用いられる瞑想法である。

実践法としては、他者の苦しみを自分が受け取り、 自分の幸福と功徳を他者に与えるとイメージする。

この方法は、利他心を訓練するためのもっとも優れた手段として、重要視されている。

この瞑想法によって、以下のような効果が得られるとされる。

  • 自己への愛着を減らす。
  • 輪廻からの脱出を願う気持ち(出離心)を増大させる。
  • 施与(与えること)と利他によって、善いを作り出す。
  • 楽を「与えること」によって慈 (maitrī)を、他者の苦を「受け取ること」によって悲(karunā)という慈悲の心と菩提心を育てる。
  • 菩薩の修めるべき六波羅蜜 のすべてに当てはまる。


ダライラマ十四世も、トンレンを毎日行なっていると言われ、 自身も「この瞑想は、現実に他者を助ける効果があるかないかはともかく、私の心に安らぎを与えてくれる。私はより実践的になることができ、その恩恵は計り知れない」と述べている。[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]