テーオー小笠原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社テーオー小笠原
T.O. Ogasawara Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9812
本社所在地 日本の旗 日本
041-8610
北海道函館市港町3丁目18番15号
設立 1955年1月10日
(創業1950年5月)
業種 卸売業
代表者 小笠原康正(代表取締役社長)
資本金 17億7564万円
売上高 連結389億円、単体305億円
(2014年5月期)
純資産 連結41億円、単体39億円
(2014年5月)
総資産 連結300億円、単体266億円
(2014年5月)
従業員数 単体481名(2014年5月)
決算期 5月31日
主要株主 小笠原康正 10.79%
小笠原孝 7.20%
(2014年5月)
主要子会社 函館日産自動車(株) 100%
北見日産自動車(株) 100%
関係する人物 小笠原亀吉(創業者)
外部リンク www.tog.co.jp
テンプレートを表示

株式会社テーオー小笠原(テーオーおがさわら)は、北海道函館市に本社を置き、百貨店ホームセンタースーパーマーケット住宅木材不動産・自動車ディーラー・消費者金融(北海道知事(1)渡第00878号)などをはじめとした多数の事業を展開している企業。

主に道南圏の渡島地方檜山地方を中心に店舗展開している。また、函館市との関わりが強い青森県にも進出しているほか、木材事業部は全国に支店がある。

沿革[編集]

  • 1950年5月 - 小笠原商店創業。
  • 1955年1月 - 株式会社小笠原商店設立。木材部・衣料部(その後デパート部に)の2部門体制。
  • 1962年10月 - テーオーデパート本店が開店。
  • 1969年8月 - 帝王緑地住宅株式会社を設立(その後「株式会社テ-オ-ハウス」に社名変更し、1989年6月に合併して住宅事業部に)。
  • 1975年5月 - 現社名に変更。
  • 1989年6月 - 事業部制を敷く。
  • 1991年1月 - 株式を店頭公開(現在のJASDAQ)。
  • 2012年9月 - 函館日産自動車株式会社を子会社化。
  • 2015年4月 - 北見日産自動車株式会社を子会社化。

流通事業部[編集]

テーオーデパート本店 (函館市)

  • デパートと称しているが、日本百貨店協会に加盟していないため、全国百貨店共通商品券は利用できない。
  • 呼称は「テーオー本店」。「本店」と称しているが現在の店舗は1つのみである。函館市梁川町で1962年に開店後、1980年・1989年に増築している。地上6階建て(地下は駐車場になっている)。

イエローグローブ(ホームセンター)

  • 「ジャンボイエロー」(港店・金堀店・亀田店)「イエローグローブ」(その他の店舗)として展開。第1号店は1982年11月に開店した港北大前店[1]

テーオーストア(食料品主体のスーパーマーケット)

  • 「テーオーストア」「テーオーストア100円ショップ」として展開しているほか、テーオーデパート本店1Fに「食鮮館」がある。第1号店は1990年6月に開店した大森店。

ワールドインポートブティックEX

家具の菱乃美(かぐのひしのみ)

  • 家具やインテリアの販売店。店舗は函館にある1店舗のみ。前身である「王冠家具マート」は1967年11月に開店。

THE BODY SHOP

  • 仙台パルコ店
  • イオンモール苫小牧店
  • イオンモール札幌発寒店
  • 旭川店(フィール旭川1階)

など

ドコモショップ

消費者金融事業[編集]

テーオー本店では有人およびキャッシュディスペンサーで、ジャンボイエロー港店および金堀店では、店内に付設されているキャッシュディスペンサーにて融資を行っている。このほか、北海道内に提携ATMがある。返済はテーオー本店でのみ行う。なお、融資条件は、テーオーカード(クレジットカード)の会員であることが条件。

流通事業部の特徴あるイベント[編集]

2月と9月に「感謝総合展」と称して、函館市内のホテル(函館国際ホテル)で宝石や腕時計などの展示即売会を行っている。この行事と消費者金融で、流通事業部は黒字を保っているといわれている。

住宅事業部[編集]

  • テーオーハウス
    • 函館本店(函館市)
    • 東北支店(青森市
      • 建設関連グループ企業
        • 小泉建設

木材事業部[編集]

その他グループ企業[編集]

その他[編集]

かつてはテーオーデパート前を函館市電宮前線が走っており(1993年4月1日廃止)、「西武テーオー前」という電停があった。

テーオーアスレティッククラブは世界70カ国以上で展開されているレスミルズプログラム(英: Les Mills Programs)を導入しているスポーツクラブであり、このプログラムを受講できるスポーツクラブは函館ではここだけである。

脚注[編集]

  1. ^ 沿革イエローグローブ

外部リンク[編集]