セントローレンス郡 (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク州セントローレンス郡
セントローレンス郡の位置を示したニューヨーク州の地図
郡のニューヨーク州内の位置
ニューヨーク州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1802年
郡庁所在地 カントン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

7,306 km2 (2,821 mi2)
6,957 km2 (2,686 mi2)
352 km2 (136 mi2), 4.82%
人口
 - (2010年)
 - 密度

111,944人
16人/km2 (41人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.st-lawrence.ny.us

セントローレンス郡: St. Lawrence County)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は111,944人であり、2000年の113,931人から1.6%減少した[1]郡庁所在地カントン村(人口6,314人[2])であり、同郡で人口最大の都市はオグデンズバーグ市(人口11,128人[3])である。郡名はセントローレンス川から採られ、この川はフランス人探検家がカトリックの聖人聖ローレンス聖名祝日に発見したことから名付けられた。面積では州内最大の郡である。

歴史[編集]

1683年にニューヨーク植民地で郡が作られたとき、現在のセントローレンス郡地域はオールバニ郡に属していた。これは巨大な郡であり、ニューヨーク州北部とバーモント州の全てを含んでおり、さらに理論的には西の太平洋岸まで広がっていた。1766年7月3日に、カンバーランド郡を分離し、1770年3月16日にグロスター郡を分離したが、どちらも現在はバーモント州に含まれている。

1772年3月12日、オールバニ郡の残りが3つに分割され、1つはオールバニ郡の名前で残った。あとの2つは西部に作られたトライアン郡と東部に作られたシャーロット郡(後にワシントン郡となった)だった。トライアン郡の東部境界は現在のスケネクタディ市の西約5マイル (8 km) にあり、アディロンダック山地の西側と、デラウェア川西支流より西の領域を含んでいた。トライオン郡に指定された地域には現在のニューヨーク州37郡が入っている。ニューヨーク植民地総督のウィリアム・トライアンに因んで名付けられた。

1784年、アメリカ独立戦争を終わらせた条約締結に続いて、シャーロット郡はアメリカ独立戦争の司令官で後に初代アメリカ合衆国大統領になったジョージ・ワシントンに因み、ワシントン郡と改名された。トライアン郡はモンゴメリー郡に改名された。これは独立戦争時の将軍リチャード・モントゴメリーに因む命名だった。モントゴメリーはカナダで数か所を占領した後、ケベック市攻略中に戦死した。憎まれたイギリスの総督に代わる命名だった。

1788年、クリントン郡がワシントン郡から分離して設立された。クリントン郡も現在の領域よりは広く、セントローレンス郡を初め現在の多くの郡の全体あるいは一部を含んでいた。

1789年、モンゴメリー郡からオンタリオ郡が分離した。このときのオンタリオ郡は現在の領域よりもかなり広かった。現在のアリゲイニー郡カタラウガス郡シャトークア郡エリー郡ジェネシー郡モンロー郡ナイアガラ郡オーリンズ郡スチューベン郡ワイオミング郡イェーツ郡の全体と、スカイラー郡ウェイン郡の一部が含まれていた。

1791年に行われたマコーム買収では、現在のセントローレンス郡もその中に入っていた。

1791年、モンゴメリー郡からハーキマー郡が、タイオガ郡オチゴ郡と共に分離した。1794年、ハーキマー郡からオノンダガ郡が分離して設立された。このオノンダガ郡でもまだ広く、現在のカユガ郡コートランド郡およびオスウェゴ郡の一部が含まれていた。1798年、オナイダ郡がハーキマー郡から分離して設立された。当時は現在のジェファーソン郡ルイス郡およびオスウェゴ郡の一部が含まれていた。同時にハーキマー郡の一部とタイオガ郡の一部を合わせて、シェナンゴ郡が設立された。

1799年、クリントン郡からエセックス郡が分離して設立された。

1802年、クリントン郡、ハーキマー郡、モンゴメリー郡のそれぞれ一部を合わせてセントローレンス郡が設立された。当時はオグデンズバーグが郡庁所在地だったが、1828年にカントンに移された。カントンを選定したのは、郡庁所在地を巡ってオグデンズバーグとポツダムの支持派閥同士にあった争いを止めさせる条件として、郡が州議会と取引した結果だった[4]

地震[編集]

1944年9月5日、マッセナを震源とするマグニチュード5.8の地震が郡を襲った。この地震は北のカナダや南のメリーランド州でも、また東はメイン州から西はインディアナ州でも感じられた。ニューヨーク州の歴史でも最大の地震である[5]

地理[編集]

郡内にアディロンダック公園の一部があり、またオスウェガッチー川が流れ、クランベリー湖とオゾニア湖がある。

空港[編集]

郡内には次の公営空港がある[6]

  • マッセナ国際空港(MSS)
  • オグデンズバーグ国際空港 (OGS)
  • ポツダム市民空港 (PTD)
  • ムーアズ空港 (1E8)、デグラス

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1810 7,885
1820 16,037 103.4%
1830 36,354 126.7%
1840 56,706 56.0%
1850 68,617 21.0%
1860 83,689 22.0%
1870 84,826 1.4%
1880 85,997 1.4%
1890 85,048 −1.1%
1900 89,083 4.7%
1910 89,005 −0.1%
1920 88,121 −1.0%
1930 90,960 3.2%
1940 91,098 0.2%
1950 98,897 8.6%
1960 111,239 12.5%
1970 111,991 0.7%
1980 119,254 6.5%
1990 116,374 −2.4%
2000 113,231 −2.7%
2010 111,444 −1.6%
[7][8][9]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 113,931人
  • 世帯数: 40,506 世帯
  • 家族数: 26,936 家族
  • 人口密度: 16人/km2(42人/mi2
  • 住居数: 49,721 軒
  • 住居密度: 7軒/km2(18軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • フランス系:16.9%
  • アイルランド系:16.1%
  • アメリカ人:13.9%
  • イギリス系:11.6%
  • フランス系カナダ人:8.1%
  • ドイツ系:7.9%
  • イタリア系:7.6%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.4%
  • 18-24歳: 13.8%
  • 25-44歳: 27.4%
  • 45-64歳: 22.4%
  • 65歳以上: 13.0%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 130.3
    • 18歳以上: 102.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 51.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 10.3%
  • 非家族世帯: 33.5%
  • 単身世帯: 26.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.49人
    • 家族: 2.99人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 30,356米ドル
    • 家族: 34,510米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,135米ドル
      • 女性: 24,253米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,728米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 19.9%
    • 対家族数: 12.3%
    • 18歳未満: 21.4%
    • 65歳以上: 10.3%

都市と町[編集]

  • ブレイシャー町
  • ブレイシャーフォールズ・ウィンスロップ
  • カントン村 - 郡庁所在地
  • カントン町
  • クレア町
  • クリフトン町
  • コルトン町
  • デカルブ町
  • デペイスター町
  • エドワーズ町
  • エドワーズ村
  • ファイン町
  • ファウラー町
  • ガバヌーア村
  • ガバヌーア町
  • ハモンド町
  • ハモンド村
  • ハーモン町
  • ハーモン村
  • ヒューベルトン村
  • ホプキントン町
  • ローレンス町
  • リスボン町
  • ルイビル町
  • マコーム町
  • マドリード町
  • マッセナ村
  • マッセナ町
  • モリスタウン町
  • モリスタウン村
  • ノーフォーク町
  • ノーウッド村
  • オグデンズバーグ市
  • オスウェガッチー町
  • パリッシュビル町
  • ピアースフィールド町
  • ピアポント町
  • ピトケアン町
  • ポツダム村
  • ポツダム町
  • レンスラーフォールズ村
  • リッチビル村
  • ロッシー町
  • ラッセル町
  • スターレイク
  • ストックホルム町
  • ワディントン町
  • ワディントン村

教育[編集]

郡内にはセントローレンス大学、ニューヨーク州立大学ポツダム校、クラークソン大学、ニューヨーク州立大学ESFレンジャー学校、ニューヨーク州立大学カントン校がある


公共教育学区[編集]

郡内には17の公共教育学区があり、ルイス郡のハリスビル中央教育学区と共に、全てセントローレンス・ルイスBOCES監督地区[10]の管轄下にある。

  • ブレイシャーフォールズ中央教育学区
  • カントン中央教育学区
  • クリフトン・ファイン中央教育学区
  • コルトン・ピアポント中央教育学区
  • エドワーズ・ノックス中央教育学区
  • ガバヌーア中央教育学区
  • ハモンド中央教育学区
  • ハーモン・デカルブ中央教育学区
  • ヒューベルトン中央教育学区
  • リスボン中央教育学区
  • マドリード・ワディントン中央教育学区
  • マッセナ中央教育学区
  • モリスタウン中央教育学区
  • ノーウッド・ノーフォーク中央教育学区
  • オグデンズバーグ市教育学区
  • パリッシュビル・ホプキントン中央教育学区
  • ポツダム中央教育学区

メディア[編集]

郡内にはAMラジオ局が1つ、FMラジオ局が2つある。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - St. Lawrence County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Canton, New York - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Ogdensburg, New York - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Linda Casserly, County Courthouse Has 'Fiery' History, St. Lawrence Plaindealer, May 23, 2000. Archived copy on website of New York 4th Judicial District, St. Lawrence County.
  5. ^ Historic Earthquakes. Earthquake.usgs.gov (2012-11-01). Retrieved on 2013-07-12.
  6. ^ St. Lawrence County Public and Private Airports, New York. Retrieved June 13, 2013.
  7. ^ http://www.census.gov/population/www/censusdata/cencounts/files/ny190090.txt
  8. ^ American FactFinder. Factfinder2.census.gov. Retrieved on 2013-07-12.
  9. ^ University of Virginia Library. Mapserver.lib.virginia.edu. Retrieved on 2013-07-12.
  10. ^ St. Lawrence-Lewis BOCES Supervisory District

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度30分 西経75度04分 / 北緯44.50度 西経75.07度 / 44.50; -75.07