キャッツキル山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャッツキル山地
The Catskill Mountains
山地
none  キャッツキル山地の中央部
キャッツキル山地の中央部
アメリカ合衆国
地域 ニューヨーク州
所属 アレゲニー高地アパラチア山脈
最高地 スライド山(Slide Mountain
 - 標高 4,180ft (1,274m)
 - 座標 北緯41度59分55秒 西経74度23分11秒 / 北緯41.99861度 西経74.38639度 / 41.99861; -74.38639
造山運動 古生代
時代 デボン紀, 顕生代
アパラチア山脈の東北部。C(黄色の部分)がキャッツキル山地。
アパラチア山脈の東北部。C(黄色の部分)がキャッツキル山地。
スライド山はキャッツキル山地の最高峰。

キャッツキル山地(キャッツキルさんち、英語:the Catskill Mountainsまたはthe Catskills)は米国ニューヨーク州の中部にあるゆるやかな山地で、最高峰はスライド山(標高1,274m)である。自然にあふれた地域で、ニューヨーク市民だけでなく、アップステート・ニューヨークに住む人々の保養地になっている。

概要[編集]

ペンシルベニア州からニュージャージー州ニューヨーク州に広がるアレゲニー高地(Allegheny Plateau)の一部で、また米大陸の東海岸を南部はジョージア州から北はメイン州まで北上しているアパラチア山脈の支脈とも考えられる。この山地からたくさん小川がハドソン川の中流とその支流のモホーク川、およびデラウェア川に流れ込んでおり、これらの小川に作られた貯水池からキャッツキル導水路デラウェア導水路Delaware Aqueduct)が引かれていて、ニューヨーク市の人々の主要な水源になっている。

山地全体は自然にあふれた地域で、ニューヨーク州立「キャッツキル・パーク」(Catskill Park、面積2,800平方キロメートル)が設定されていて、ニューヨーク市民だけでなく、アップステート・ニューヨークに住む人々の保養地になっている。 [1] ニューヨーク市の金持ちの多くが別荘をここに持っている、ニューヨーク市にはユダヤ人が多いことから、以前はこの山地は「ユダヤ人のアルプス山脈」(the Jewish Alps)とも呼ぶといっていたが、最近は人種差別用語扱いになり、そうした表現はあまり使われていない。

おもな山

おもな湖・貯水池

おもな観光地

おもなスキー場

キャッツキル山の日の出、トマス・コール、1826年
キャッツキル山の秋の風景、アルバート・ビアスタット
キャッツキル山の山の家、ジャスパー・フランシス・クロプシー

キャッツキル山地と芸術作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キャッツキル山地のオンライン・ガイド (英語)

外部リンク[編集]