ハドソン・リバー派の画家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハドソン・リバー派の画家(はどそん りばー はのがか)はロマン主義の芸術的理想に影響を受けた風景画家のグループによる19世紀半ばのアメリカの芸術運動であった。 彼らの絵画は、ニューヨーク州ハドソン川とその周辺地域だけでなく、キャッツキル山地北緯42度13分13秒西経73度57分57秒アディロンダック山地北緯44度06分45秒西経73度55分26秒ニューハンプシャー州ホワイト山脈北緯44度16分14秒西経71度18分14秒を描いている。

リスト[編集]

画家名 肖像 有名作品 生誕 死亡 説明
チャールズ・ベーカー Charles Baker River Landscape with Cattle.png 1839年 1888年 ハドソン・リバー派のアメリカ人風景画家。初期アメリカの牧歌的原野の風景画とニューハンプシャー州のホワイト山脈の風光明媚な景色を描いた。1839年から73年に国立デザイン学院に、また1847年にはアメリカン・アート・ユニオンに作品を出展した。彼はトマス・コールの劇的な作品の影響を深く受けて、コールの崇高な美学に結び付けられるロマンチックなスタイルで描いている。彼はまたアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークの創立者の一人である。
アルバート・ビアスタット Bierstadt.jpg Bierstadt LandersPeak 1863.jpg 1830年1月7日 1902年2月18日 アメリカ西部の風景を大画面で詳細に描いたことで広くしられる西部開拓時代のドイツ系アメリカ人画家で、自らの作品の題材を得るためよく5回に渡って政府のアメリカ西部地方への測量隊に同行した。彼は、西部の風景を描いた最初の画家では無いが、19世紀後半の西部の風景を描く第一人者であった。
ジョン・ウィリアム・カッセリア Casilear LakeGeorge 1860.jpg 1811年6月25日 1893年8月17日 彫刻家。アッシャー・デュランに絵を描くことを勧められた。
フレデリック・エドウィン・チャーチ Frederic Edwin Church - Brady-Handy.jpg Church Heart of the Andes.jpg 1826年5月4日 1900年4月7日 彼はトマス・コールの最初で唯一の直弟子であり、アメリカのハドソン・リバー派中心人物となった。自然科学にも取り組んでいるが、彼は常に自身の作品に精神的な次元を含めるようにと心を配っていた。彼は作品の多くをニューヨーク州オラーナで描いた。
トマス・コール Thomascole2.jpg Cole Thomas The Voyage of Life Childhood 1842.jpg 1801年2月1日 1848年2月11日 一般的にハドソン・リバー派の創始者として知られる。彼は主に自宅があるニューヨーク州キャッツキル近くの風景を描いた。
サミュエル・コールマン Colman Storm King on the Hudson.jpg 1832年3月4日 1920年5月26日 彼の風景画はハドソン・リバー派の影響が見られる。彼はアッシャー・デュランの下で学んだと考えられている。1850年最初の作品を国立デザイン学院に出展した。
ジャスパー・フランシス・クロプシー Jasper Francis Copsey, by Edward L. Mooney.jpg Autumn--On the Hudson River-1860-Jasper Francis Cropsey.jpg 1823年2月18日 1900年4月23日 ハドソン川の学校の第一世代のメンバーで、彼が描いた秋の風景の大胆さと輝きは鑑賞者を驚かせた。アーティストとして、風景が最高の芸術形式で自然は神の直接の現れであった​​と信じた。
トーマス·ダウティ Thomas Doughty Ruins in a Landscape.jpg 1793年7月19日 1856年7月22日 アメリカで最初に風景画を専門にした画家である。彼の成功は彼の高い技術と同時にこの時代にアメリカ人が風景に関心を寄せ始めたという事実のためである。
アッシャー・ブラウン・デュランド Asher Brown Durand by A. Bogardus.jpg Asher Durand Kindred Spirits.jpg 1796年8月21日 1886年9月17日 風景画を描いた彫刻家として知られる。特に木、岩、葉の詳細な描写を持つ彼の傑作「気の合う同士」がよく知られている。彼はまた、多くの若い芸術家を指導し奨励した。
ロバート・ダンカンソン 1821年 1872年12月21日 南北戦争前から戦争中のアフリカ系アメリカ人の画家。彼の画風はハドソン・リバー派に影響された。
サンフォード・ロビンソン・ギフォード Sanford R. Gifford Hunter Mountain, Twilight.jpg 1823年7月10日 1880年8月29日 ハドソン・リバー派の指導的メンバーの一人である。 ギフォードの風景画は、光と柔らかい雰囲気の効果を強調する事で知られている。彼はハドソン・リバー派の分派のスタイルとみなされている「ルミニズム」の創始者と見られている。
ジェームズ・マクドゥーガル・ハート Artwork images 619 243873 jamesmcJames McDougal Hart - Harriman New York Overlooking the Hudson.jpg 1828年5月10日 1901年10月24日 スコットランド生まれのアメリカ人でハドソン・リバー派の風景画家、動物画家。兄のウィリアム・ハートもハドソン・リバー派の画家で二人は同様の主題の画を描いた。姉ジュリー・ハート・ビールもハドソン・リバー派の風景画家であった​​。
ウィリアム・ハート William Hart.jpg William Hart - Mount Madison from the Androscoggin River.jpg 1823年3月31日 1894年6月17日 スコットランド生まれのアメリカ人でハドソン・リバー派の風景画家、動物画家。弟のマクドゥーガル・ハートもハドソン・リバー派の画家で二人は同様の主題の画を描いた。彼はジュール=ジョゼフ・ルフェーブルに学んだ。
ウィリアム・スタンレー・ハセルタイン William Stanley Haseltine - Cascade.jpg 1835年6月11日 1900年2月3日 ハドソン・リバー派とルミニズムに結び付けられるアメリカ人の画家で描画家。彼は1859年迄にニューヨーク市にある芸術家の為のビルディング10ストリートスタジオビルに入館した。そこにはフレデリック・エドウィン・チャーチ、アルバート・ビアスタットとワージントン・ウィトリジも住んでいた。
マーティン・ジョンソン・ヒード HeadeMartinJohnsonSunlightAndShadow.jpg 1819年8月11日 1904年9月4日 風景画を含む種々の主題を描いた多作の画家。彼がハドソン・リバー派に所属していたか、あるいは単にそこから影響を受けただけかは不明だが、チャーチを含め同派の多くの著名なメンバーと友人であった。
ヘルマン・ヘルツォーク 1831年11月15日 1932年2月6日 ペンシルベニア州に移住し、アメリカ全土の風景を描いたドイツ人の風景画家。彼はハドソン・リバー派に属していると考えられるが、ビアスタットやチャーチほど劇的なシーンはなく現実的な画を描いている。
トーマス・ヒル Thomas Hill (artist).jpg Thomas Hill 001.jpg 1829年9月11日 1908年6月30日 英国生まれの画家で15歳の時米国に移民した。彼はカリフォルニアなどの多くの素晴らしい風景画を描いた。特にヨセミテ渓谷やニューハンプシャー州のホワイト山脈の景色を描いた。
デビッド・ジョンソン 1827年 1908年 ハドソン・リバー派の第二世代のメンバーの一人。彼はニューヨーク市で生まれ。国立デザイン学院古典美術で学校で2年間学び、また少しの間ジャスパー・フランシス・クロプシーからも学んだ。ジョン・フレデリック・ケンセットとジョン・ウィリアム・カッセリアと共にルミニズムを発展させた事で知られている。
ジョン・フレデリック・ケンセット Kensett John F The Old Pine Darien Connecticut.jpg 1816年3月22日 1872年12月14日 ケンセットはハドソン・リバー派の第二世代に属する画家でニューヨーク州北部とニューイングランドの風景画やニュージャージー州ロングアイランドとニューイングランドの海岸風景画で広く知られている。
ジャービス・マッケンティー Jervis McEntee 1828年7月14日 1891年1月27日 アメリカのハドソン・リバー派の画家。彼は19世紀のアメリカ美術界であまり知られていないが、ハドソン・リバー派の重要な画家の何人かと親しい間柄で、また旅の仲間であった。
トーマス・モラン Thomas Moran-photographic portrait.jpeg Yellowstone Canyon.JPG 1837年2月12日 1926年8月25日 ハドソン・リバー派の画家。トーマス・モランのアメリカ西部の風景画の構想は、イエローストーン国立公園の画を描くのに重要であった。彼の鉛筆と水彩画のフィールドスケッチや絵画は、壮大なイエローストーン地域の自然の特別な地形や特徴を記録したものであった。
ロバート・ウォルター・ウィアー Robert Walter Weir, circa 1864.jpg Weir Robert Walter The Entrance To A Wood.jpg 1803年6月18日 1889年5月1日 ロバート・ウィアーはハドソン・リバー派のアメリカ人画家で1829年に国立デザイン学院に選出された。彼は1832年から74年までの42年間アメリカ陸軍士官学校 で教鞭をとった。
ワージントン・ウィトリジ Encampment-Along-The-Platte-1100x850.jpg 1820年5月22日 1910年2月25日 アメリカのハドソン・リバー派の芸術家。 彼は生存時に高く評価された画家で、アルバート·ビアスタットやサンフォード・ロビンソン・ギフォードを含むハドソン・リバー派の数々の有名な芸術家と友達だった。彼は広く旅し、優れた風景画を数多く残し、それらは現在、米国の主要美術館で見ることが出来る。彼は1874年から1875年まで国立デザイン学院の校長を務めた。

関連項目[編集]