スコット・ソーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ソーマン
Scott Thorman
フリーエージェント(FA)
ScottThorman.jpg
ブレーブス時代
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州ケンブリッジ
生年月日 1982年1月6日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2000年 ドラフト1巡目でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2006年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2008年
WBC 2006年

スコット・ロバート・ソーマン(Scott Robert Thorman、1982年1月6日 - )は、内野手カナダオンタリオ州ケンブリッジ出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。現在は、FA

経歴[編集]

ブレーブス時代[編集]

2000年、MLBドラフト1巡目(全体30位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、6月19日に契約。

2006年にメジャーデビュー。オフに第1回WBCカナダ代表として出場した。

2007年は、それまでの正一塁手アダム・ラローシュマイク・ゴンザレスとのトレードでピッツバーグ・パイレーツに移籍したため、一塁手が不在となりクレイグ・ウィルソンとの併用が予定されていた。しかし、ウィルソンの不振に陥ったため、ソーマンがレギュラー奪取かと思われたが、自身も不振に陥ってしまった。ブレーブスは優勝の可能性を残していたため、メジャー屈指のスラッガーであるマーク・ティシェイラテキサス・レンジャースから大型トレードで獲得。そのため、主に代打としてプレーした。

2008年はずっとマイナーリーグでプレーした。夏には、北京五輪にカナダ代表として出場している。11月3日にFAとなった。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2008年12月1日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。

2009年4月3日に放出された。

レンジャース傘下時代[編集]

2009年4月7日にテキサス・レンジャースとマイナー契約を結んだが、4月27日に放出された[1]

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2009年5月21日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ。12月11日に再契約した。

2010年11月6日にFAとなった。

タイガース傘下時代[編集]

2010年12月1日にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ。

2011年11月2日にFAとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.kansascity.com/2009/10/14/1508359/royals-notebook-three-minor-league.html

外部リンク[編集]