クリス・ロビンソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ロビンソン
Chris Robinson
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州ロンドン
生年月日 1984年5月12日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 ドラフト3巡目(全体90位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 2013年9月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
五輪 2008年
WBC 2006年2013年予選、2013年

クリストファー・ジェームス・ロビンソンChristopher James Robinson , 1984年5月12日 - )は、カナダオンタリオ州ロンドン出身の元プロ野球選手捕手)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

2002年MLBドラフトで、ニューヨーク・メッツから30巡目指名(全体897位)を受けるも入団せずイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に進学。

2005年MLBドラフトで、デトロイト・タイガースから3巡目指名(全体90位)を受け入団した。

2006年開幕前の3月には、この年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のカナダ代表に選出された[1]。8月20日にネイフィ・ペレスとのトレードでシカゴ・カブスに移籍。

2008年には、北京オリンピックの野球競技でカナダ代表に選出された。

2011年11月2日にFAとなり、12月16日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。

2012年3月30日に放出され、4月3日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。9月11日に、第3回WBC予選のカナダ代表が発表され[2]、代表入りした[3][4]

2013年1月17日に、第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[5]、代表入りした[6][7]。シーズンでは、6月20日に金銭トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍した。9月1日にメジャー初昇格を果たし、9月4日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たした。1打数無安打だった。9月30日にDFAとなった。この年は8試合に出場し、1本塁打3打点、打率.167だった。11月5日にFAとなった。

2014年2月14日に、現役を引退することが発表された。

プレースタイル・人物[編集]

豊富な国際大会の経験があり、堅実なリードを見せる。打撃面ではシュアなバッティングが持ち味。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  2. ^ Baseball Canada announces World Baseball Classic Qualifier roster Baseball Canada (2012年9月11日) 2015年2月19日閲覧
  3. ^ 2012 World Baseball Classic Qualifier Roster Baseball Canada 2015年2月19日閲覧
  4. ^ 2012 Qualifier Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  5. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月19日閲覧
  6. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada 2015年2月19日閲覧
  7. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧

外部リンク[編集]