エイジ オブ エンパイアII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイジ オブ エンパイア II: エイジ オブ キングマイクロソフトが発売しているリアルタイムストラテジーゲームで、『エイジ オブ エンパイア』シリーズの第二作目である。前作同様時代の進化を扱っているが、今作は暗黒時代から中世を4つ(暗黒の時代、領主の時代、城主の時代及び帝王の時代)に分けている。アメリカでの発売は1999年。数々の賞を受賞しており、名作としての評価が高い。PlayStation 2にも移殖され、コナミが発売を行い、日本でも発売された。ドリームキャスト版の移殖はキャンセルされている。

前作同様歴史に基づいたシングルプレイとインターネット対戦の両方ができる。また前作との相違点として、各文明が固有のユニットとテクノロジーを有し、それによって各文明の個性がさらに際立ったものとなった。

2013年4月10日にHD画質やマッチメイキングシステム、さらにWindows 8などの最新OSに対応したAge of Empires II HDが発売された。さらに同年10月には、10年以上の時を経て、新しい拡張パック(新規の文明の追加など)として「The Forgotten」も発売された(いずれも日本語に対応)。

シングルプレイ[編集]

シングルプレイは歴史上の登場人物の生涯をもとにした幾つかのキャンペーンにより構成されている。キャンペーンは実際の戦闘を下地にした複数のゲームを順に攻略することで完了するようになっている。

エイジ オブ キング[編集]

覇者たちの光陰(拡張パック)[編集]

The Forgotten (HD版 拡張パック)[編集]

登場する文明[編集]

エイジ オブ キング[編集]

 民族の象徴:グレンダ=ロッホ修道院ロック・オブ・キャッシェル

 民族の象徴:テオドリック廟

 民族の象徴:マルウィヤ・ミナレット

 民族の象徴:マリーア・ラーハのベネディクト会大修道院教会堂

 民族の象徴:スルタンアフメト・モスク

 民族の象徴:天壇

  • 日本 固有ユニット-武士)(固有ユニットに強く攻撃速度の速い歩兵)

 民族の象徴:東大寺

 民族の象徴:ボルグンド・スターヴ教会

 民族の象徴:ハギア・ソフィア

 民族の象徴:シャルトル大聖堂

 民族の象徴:ウェストミンスター寺院アーヘン大聖堂

 民族の象徴:ホスローのイーワーンサーマーニー廟

 民族の象徴:チンギスハーンのゲル

覇者たちの光陰(拡張パック)[編集]

 民族の象徴:五重の塔仏国寺?)

 民族の象徴:黄金の塔

  • マヤ 固有ユニット-羽飾射手(作成コストが低く移動速度の速い射手)

 民族の象徴:ティカル寺院

 民族の象徴:太陽のピラミッド

 民族の象徴:凱旋門

The Forgotten (HD版 拡張パック)[編集]

 民族の象徴:サン・ロレンツォ聖堂シエナ大聖堂

 民族の象徴:太陽の神殿?マチュ・ピチュ

  • インド 固有ユニット-象弓騎兵(耐久力・攻撃力が高く動きの遅い弓騎兵)

 民族の象徴:タージ・マハル

  • マジャール 固有ユニット-マジャールハサー(作成速度が低く耐久力・攻撃力が高い騎兵)

 民族の象徴:フニャド城?ヴィスクリ城塞教会

  • スラヴ 固有ユニット-ボヤール(近接ユニットに強い騎兵)

 民族の象徴:キジー島の教会

登場ユニット[編集]

(*)は拡張パック「覇者たちの光陰」にて追加されたユニット。 (**)はHD版拡張パック「The Forgotten」にて追加されたユニット。

ファンパッチ[編集]

現在、UserPatchと称するファンパッチが、scripterという人物(あるいは団体)によって作られており、バージョン1.0cとなった後もなお数多く存在していたバグ(斥候バグ、建造バグ、投石が動いてる時に投石修理しても修理されないバグ、Windows vista以降のOSでAOCを起動するとゲームの色がおかしくなるバグ、肉資源が共有できないバグなど多数)の修正、AIシステムの強化、ゲームの解像度の選択肢の追加(ワイドスクリーン等にもデフォルトで対応している)、ウィンドウモード時のパフォーマンス向上、AoMLoLなどに代表される観戦機能を実装(シークバーはない)、リプレイ再生速度の向上、オンライン対戦のときの通信の安定化、復元したゲームのリプレイが見れるようになった等を含む大幅なアップデートとなっている。現在の最新バージョンはUserPatch.v1.4.20140403-000000である。

外部リンク[編集]