バリスタ (兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代ローマのバリスタ
バリスタの投擲体の鏃

バリスタ (ballista) は、古代から中世に掛けて使われた、据え置き式の大型砲である。

概要[編集]

てこを用いてを引き絞り、や金属の弾、極太の(あるいは矢羽のついた)、複数の小型の矢、火炎瓶などを打ち出した。矢弾を弾き出す動力は弓が主だったが、複数の弓を並べたり、捻った動物性繊維の太縄や金属製のばねを用いるなどの改良を加えられた物もあった。

白兵戦の支援、攻城戦における攻城兵器、それらからの防衛に使われ、軍船に搭載することもあった。

なお、英語で弾道を意味するバリスティック (ballistic) はバリスタが語源である。 バリスタがラテン語で arcuballista と呼ばれていたこともあり、その中世フランス語訳のアーバレスト(arbalest、現在のフランス語では arbaleste)は主にクロスボウの一種を指し、また、クロスボウの同義として使われる場合もあるが、バリスタを指す場合もある。

歴史[編集]

ディアドコイ戦争の一つでマケドニアが行ったロードス包囲戦では、巨大な攻城塔の中に様々な種類のバリスタやカタパルトを何段にも装備したヘレポリス (Helepolis) と呼ばれる巨大な兵器が使用された。またロードス側も連発式のバリスタでヘレポリスに対して絶え間なく射撃を浴びせた。結果的に包囲戦は失敗に終わり、そうして破壊されたヘレポリスの残骸やマケドニア兵が置いていった甲冑を材料にし、この戦争での勝利を記念して世界の七不思議の一つであるロードスの巨像が作られた。

第二次ポエニ戦争では、小型化して携帯できるようにした狙撃用武器であるスコルピウス (scorpius) (スコーピオン (scorpion))が使われた。

欧州西部ではローマの崩壊期から中世にかけて姿を消しており、一説には中世初頭における戦禍拡大を嘆いたローマ教皇による使用禁止令に起因しているとも言われている。

東ローマ帝国などでは騎馬砲兵の要領で馬にバリスタとそれを乗せた台車を引かせる騎馬弩兵とでも言う運用もされた。

カタパルトなどと同じく火砲が登場しても併用して使用されたが、爆発力が高く安全な火薬が改良され火砲の鋳造技術も進化し、火砲が十分信頼できる兵器になるとバリスタは使用されなくなった。

関連項目[編集]