アストラル投射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アストラル投射(アストラルとうしゃ、: Astral projection)とは、アストラル体霊魂もしくは意識)を肉体から分離させること、およびアストラル体が世界へ旅することを指す[1]神秘学用語である。星幽体投射星気体投射ともいう。

これに類したことは、日本心霊学では幽体離脱と呼ばれ、最近では体外離脱と呼ばれる傾向もある。

アストラル旅行と共に危険な方法であり、多くの情緒不安定をもたらす原因[要出典]でもある。

概要[編集]

アストラル投射は、分離したアストラル体が物質界とは別の次元であるアストラル界を旅することを指し、エーテル体ダブル英語版が物質界を旅するエーテル体投射英語版とは区別される。

オリヴァー・フォックス英語版シルヴァン・マルドゥーン英語版といった、20世紀前半に体外離脱体験を報告した人々や心霊現象の研究家らは、これを projection of astral body(アストラル体の投射)、exteriorization(外在化)、bilocation(バイロケーション) と呼び、アストラル体が遊離する現象と解釈した。この時に身体から分離するもう一つの身体を「アストラル・ダブル(星幽複体)」ともいう。分離中、アストラル体と肉体は銀色の紐でつながっているとされる。これは旧約聖書コヘレトの言葉」第12章6節の「白銀の糸」に付会されることもある。

現代の儀式魔術では、光体という第2の身体を使ってアストラル界を旅する技法などをアストラル投射と呼んでいる。光体は想像上の身体とされることもあれば、アストラル体の別名であり人間にもともと備わっている身体であると言われることもある。また、既定のシナリオに従ってイメージの世界を構築していくパスワーキング(道行きの業)と呼ばれる瞑想技法でもアストラル界を体験することができる。一部の魔術団体が行っているアストラル神殿での集団儀式やアストラル・イニシエーションといった魔術作業はこうした技法によるものである。

一部の実践者はアストラル投射によってアカシックレコードや、ユング心理学でいうところの「集合的無意識」に接触することも可能だと考えている。

体外離脱という用語との比較[編集]

アストラル投射は体外離脱の類義語とも言える。ただし、アストラル投射は意識的な心霊作業として行うことができるものであるのに対して、体外離脱体験は臨死体験のような不随意の現象を含んでいる。また、アストラル投射はアストラル体が肉体から分離しうるという考え方を前提としているのに対し、体外離脱という用語での説明ではアストラル体という概念は必ずしも含んでいない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dictionary.com “the act of separating the astral body (spirit or consciousness) from the physical body and its journey into the universe”

参考文献[編集]

関連項目[編集]