アストラル体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アストラル体(アストラルたい、: Astral body)とは、神智学体系では、精神活動における感情を主に司る、身体の精妙なる部分である。主に情緒体、または感情体感覚体星辰体などとも。

概要[編集]

アストラル体という名称は、魔術師エリファス・レヴィの「アストラル・ライト」という考え方に端を発する。アストラル・ライトは、サイキック能力(魔術心霊現象霊媒など)を発揮させる、宇宙に遍満するエネルギーである。このことから、感情を司る身体は(後述するとおり)サイキック能力に関する身体でもあるので、「アストラル体」と名付けられた。

アストラル体は、人間および動物にのみ備わり、精神活動における感情を司る身体である。肉体(濃密な肉体とエーテル体)とメンタル体と一体であり、パーソナリティ(人間の低位我)を構成する。

情緒的反応と共に、感覚器としての役割も担う。受容器である肉体を通して、現象世界を知覚するのはアストラル体である。

アストラル体が存在する領域であるアストラル界は「グラマー(幻惑)の界」と呼ばれる。グラマー(幻惑)は人間を感情的、欲望的行動に走らせる原因である。また、動物にはアストラル界は存在しないとされる。


関連項目[編集]