画図百鬼夜行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

画図百鬼夜行』(がずひゃっきやこう)は、安永5年(1776年)に刊行された鳥山石燕妖怪画集。

概要[編集]

今昔画図続百鬼』『今昔百鬼拾遺』『百器徒然袋』とある石燕の妖怪画の中でも最初に刊行されたものであり、現代ではこの4つを総称して「画図百鬼夜行シリーズ」などとも呼ばれる[1]

「前篇陰」「前篇陽」「前篇風」の3部構成となっている。各部を「前篇」と題しているものの後篇は存在せず、この後に刊行された『今昔画図続百鬼』が後篇に相当する[2]

題名の「百鬼夜行」とは本来は妖怪たちが集団で跳梁する様子のことであり、室町時代の『百鬼夜行絵巻』などはその通り妖怪の集団を描いたものだが、本書は妖怪の1点1点に名称を添えて紹介しており、いわば「妖怪図鑑」のようなスタイルとなっている[3]。後の画集と比較すると河童天狗といった、日本の伝承にある妖怪の中でも比較的有名なものが多い。

石燕自身が巻末で「詩(うた)は人心の物に感じて声を発するところ、画(え)はまた無声の詩とかや」と述べている通り、禁欲的なまでに画賛を廃しており[4]、『今昔画図続百鬼』以降に見られるような解説文はないものが多く、解説文があってもごく短い解説に留められている。

題名の「画図」の読みは「がず」「えず」「がと」など様々で定説はないが、国文学者高田衛は「がず」の読みを推奨している[1]

収録作品[編集]

前篇陰[編集]

前篇陽[編集]

前篇風[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 京極夏彦 『妖怪の理 妖怪の檻』 角川書店〈KWAI BOOKS〉、2007年、66頁。ISBN 978-4-04-883984-6
  2. ^ 湯本豪一編著 『続・妖怪図巻』 国書刊行会2006年、170頁。ISBN 978-4-336-04778-6
  3. ^ 湯本豪一 『江戸の妖怪絵巻』 光文社光文社新書〉、2003年、18頁。ISBN 978-4-334-03204-3
  4. ^ 少年社・中村友紀夫・武田えり子編 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 学習研究社〈New sight mook〉、1999年、202頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  5. ^ 『続・妖怪図巻』、161頁。
  6. ^ 粕三平編著 『お化け図会』 芳賀書店、1973年、190頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]