エリファス・レヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリファス・レヴィ

エリファス・レヴィEliphas Levi、本名アルフォンス・ルイ・コンスタン (Alphonse Louis Constant)、1810年2月8日 - 1875年5月31日)は、フランスパリ出身の詩人隠秘学思想家。「エリファス・レヴィ」は本名「アルフォンス・ルイ」をヘブライ語風にしたもの。

パリの文芸サロンに小ロマン派のひとりとして出入りしていたが、後年カバラ錬金術ヘルメス学キリスト教神秘主義などの研究を行い、近代ヨーロッパにおける魔術復興の象徴的存在となった。魔術は理性に基づいた合理的科学であると主張し、実際にはその教義体系は精密さを欠くものであったが、古代の密儀、タロット儀式魔術英語版などのさまざまな伝統を「魔術」の名の下に総括しようとした。

後のフランス、イギリスのオカルティストに大きな影響を及ぼしている。また、シャルル・ボードレールヴィリエ・ド・リラダンステファヌ・マラルメアルチュール・ランボーW・B・イエーツアンドレ・ブルトンジョルジュ・バタイユなどの作家、詩人たちも影響を受けたとされる。

主要著作[編集]

  • 『高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇』 生田耕作訳、人文書院、1982年。ISBN 440903023X
  • 『高等魔術の教理と祭儀 教理篇』 生田耕作訳、人文書院、1992年。ISBN 4409030221
  • 『魔術の歴史―附・その方法と儀式と秘奥の明快にして簡潔な説明』 鈴木啓司訳、人文書院、1998年2月。ISBN 4409030493
  • 『大いなる神秘の鍵』 鈴木啓司訳、人文書院、2011年。

参考文献[編集]

  • 稲生平太郎「影の水脈」『定本 何かが空を飛んでいる』 国書刊行会、1913年。

関連項目[編集]

パリ市内にあるレヴィの生家。

外部リンク[編集]