エドワード・ブルワー=リットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代リットン男爵エドワード・ブルワー=リットン
Edward Bulwer-Lytton, 1st Baron Lytton
Edward George Earle Lytton Bulwer Lytton, 1st Baron Lytton by Henry William Pickersgill.jpg
生年月日 1803年5月25日
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
没年月日 1873年1月18日
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
ケンブリッジ大学トリニティ・ホール
所属政党 ホイッグ党保守党
称号 枢密顧問官(PC)
親族 初代リットン伯爵(子)
第2代リットン伯爵(孫)
配偶者 ロジナ・ドイル・ホイーラー

内閣 第2次ダービー内閣
任期 1858年6月5日 - 1859年6月11日
国王 ヴィクトリア
テンプレートを表示

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン: Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton, 1st Baron Lytton1803年5月25日 - 1873年1月18日)は、イギリスの小説家、劇作家、政治家。

日本におけるリットン卿[編集]

小説『ポンペイ最後の日』(The Last Days of Pompeii )が代表作として知られ、戯曲『リシュリュー 』(Richelieu; Or the Conspiracy)に登場する文句「ペンは剣よりも強し」 (“The pen is mightier than the sword”)」は名高い。また、孫のヴィクターリットン調査団の団長として有名である。

外部リンク[編集]

先代:
スタンリー卿
植民地大臣
1858年 - 1859年
次代:
第5代ニューカッスル公爵
先代:
リットン男爵
初代: 1866年 - 1873年
次代:
ロバート・ブルワー=リットン