ジョージ・キャンベル (第8代アーガイル公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第8代アーガイル公爵
ジョージ・ダグラス・キャンベル
George Douglas Campbell
8th Duke of Argyll
George Douglas Campbell, 8th Duke of Argyll by George Frederic Watts.jpg
生年月日 1823年4月30日
出生地 イギリススコットランドアードンケープル城英語版
没年月日 1900年4月24日(満76歳没)
死没地 イギリス、スコットランド、インヴァレリー城英語版
所属政党 ピール派自由党
称号 第8代アーガイル公爵英語版ガーター勲章士(KG)、シッスル勲章士(KT)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)
配偶者 エリザベス英語版

内閣 アバディーン伯爵内閣、第一次パーマストン子爵内閣
第二次パーマストン子爵内閣、第二次ラッセル伯爵内閣
第二次グラッドストン内閣
任期 1853年1月4日 - 1855年12月7日
1859年6月18日 - 1866年6月26日
1880年4月28日 - 1881年5月2日

内閣 第一次パーマストン子爵
任期 1855年11月30日 - 1858年2月21日

内閣 第一次グラッドストン内閣
任期 1868年12月9日 - 1874年2月16日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1847年4月25日 - 1900年4月24日[2]
テンプレートを表示

第8代アーガイル公爵、ジョージ・ジョン・ダグラス・キャンベル: George John Douglas Campbell, 8th Duke of Argyll, KG, KT, PC, FRS, FRSE1823年4月30日 - 1900年4月24日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝自由党政権で閣僚職を歴任して活躍した。

1847年に爵位を継承するまでローン侯爵(Marquess of Lorne)の儀礼称号を使用した。

経歴[編集]

1823年4月30日スコットランドダンバートンシャー州英語版アードンケープル城英語版に生まれる。父はスコットランド貴族の第7代アーガイル公爵英語版ジョン・キャンベル英語版。母はその夫人ジョアン(旧姓グラッセル[3]

1847年に爵位を世襲し、貴族院議員となる[2]。はじめピール派に属したが、同派は1859年に自由党に合流している。それ以降アーガイル公爵は自由党右派の政治家となる[4]

1852年にはピール派首班のアバディーン伯爵内閣が成立し、アーガイル公爵は同内閣に王璽尚書として入閣した。続くホイッグ党首班の第一次パーマストン子爵内閣でも王璽尚書に留任したが、1855年には郵政長官英語版に転じ、1858年まで務めた。1859年から1866年にかけての第二次パーマストン子爵内閣と第二次ラッセル伯爵内閣でも王璽尚書を務める[3]

1868年から1874年の第一次ウィリアム・グラッドストン内閣ではインド担当大臣英語版として入閣した[3]

在職中の1872年インド総督メイヨー伯爵アンダマン諸島でインド人流刑囚に暗殺された。アーガイル公は後任の総督としてダフリン・アンド・エヴァ侯爵を推挙したが、首相グラッドストンはアーガイル公の提案を退ける形でノースブルック伯爵をインド総督に据えた[5]

ノースブルック伯爵は本国のアーガイル公爵の支持を得て、民間企業ではなく国によるインド鉄道建設を推し進めた。しかし鉄道の線路についてノースブルック伯爵が広軌を支持していたのに対し、アーガイル公爵は狭軌を支持しており、両者は対立していた。この問題は後任の保守党政権のインド担当大臣ソールズベリー侯爵が広軌を支持したことで広軌に決着している[6]

1880年から1881年にかけて第二次グラッドストン内閣の王璽尚書を務める[3]

その後は痛風のためスコットランドの領地で静養するようになった。アーガイル公はグラッドストンと親しい関係だったが、グラッドストンが野党期の1885年末頃からアイルランド自治の方針を打ち出すようになると、それに反対した。そのためグラッドストンはアーガイル公を煙たがるようになっていった。1886年1月に保守党政権が退陣した際、グラッドストンを首相にしたくなかったヴィクトリア女王から相談役になることを期待されたが、その頃には痛風はだいぶ悪化していたため、アーガイル公はオズボーン・ハウスまで参内することができなかった[7]

1892年には新たな連合王国貴族の爵位のアーガイル公爵位を与えられた[3]

1900年4月24日にスコットランドのインヴァレリー城英語版で死去。76歳だった[3]

栄典[編集]

アーガイル公の肖像画(ジョージナ・コバーウェイン=テレル画)
1869年4月17日の『バニティ・フェア』誌に描かれたアーガイル公の似顔絵。

爵位[編集]

  • 1847年4月25日、第8代アーガイル公爵英語版1701年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第8代キンタイア・アンド・ローン侯爵(1701年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第17代アーガイル伯爵(1457年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第8代キャンベル・アンド・コウォール伯爵(1701年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第8代Lochow and Glenyla子爵(1701年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第18代キャンベル卿(1445年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第17代ローン卿(1470年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第11代キンタイア卿(1626年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第8代インヴァレリー卿(1701年創設スコットランド貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第4代サンドリッジ男爵(1766年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 1847年4月25日、第5代ハミルトン・オブ・ハメルドン男爵(1776年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 1892年8月7日、初代アーガイル公爵(連合王国貴族爵位)[3]

勲章[編集]

その他[編集]


家族[編集]

1844年に第2代サザーランド公爵英語版ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版の娘エリザベス英語版と結婚し、彼女との間に以下の12子を儲けた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.511
  2. ^ a b UK Parliament. “Mr George Campbell” (英語). HANSARD 1803–2005. 2013年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “George Douglas Campbell, 8th Duke of Argyll1” (英語). thepeerage.com. 2013年12月19日閲覧。
  4. ^ 君塚(1999) p.129/170
  5. ^ 浜渦(1999) p.123
  6. ^ 浜渦(1999) p.124
  7. ^ 君塚(1999) p.170

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
第2代ソールズベリー侯爵
イギリスの旗 王璽尚書
1852年 - 1855年
次代:
第2代ハロービー伯爵英語版
先代:
初代カニング伯爵
イギリスの旗 郵政長官英語版
1855年 - 1858年
次代:
第2代コルチェスター男爵英語版
先代:
第4代ハードウィック伯爵英語版
イギリスの旗 王璽尚書
1859年 - 1866年
次代:
第3代マームズベリー伯爵
先代:
サー・スタッフォード・ノースコート准男爵
イギリスの旗 インド担当大臣英語版
1868年 - 1874年
次代:
第3代ソールズベリー侯爵
先代:
第6代ノーサンバーランド公爵
イギリスの旗 王璽尚書
1880年 - 1881年
次代:
初代カーリングフォード男爵
名誉職
先代:
第2代ブレッダルベーン侯爵英語版
アーガイルシャー総督英語版
1862年1900年
次代:
第9代アーガイル公爵
学職
先代:
第2代メルヴィル子爵英語版
セント・アンドルーズ大学総長英語版
1851年1900年
次代:
第6代バルフォア・オブ・バーリー卿英語版
先代:
第13代エグリントン伯爵英語版
グラスゴー大学学長英語版
1854年1856年
次代:
サー・エドワード・ブルワー=リットン准男爵
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・キャンベル英語版
Arms of the Duke of Argyll.svg 第8代アーガイル公爵英語版
1847年1900年
次代:
ジョン・キャンベル
イギリスの爵位
先代:
創設
Arms of the Duke of Argyll.svg 初代アーガイル公爵
1892年1900年
次代:
ジョン・キャンベル