ヴィクター・ブルワー=リットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代リットン伯爵
ヴィクター・ブルワー=リットン
Victor Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton
2ndEarlOfLytton.jpg
2代リットン伯
生年月日 1876年8月9日
出生地 British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国シムラー
没年月日 1947年10月25日 (満71歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 ガーター勲章受勲者 (KG)
インドの星勲章受勲者 (GCSI)
インド帝国勲章受勲者 (GCIE)
枢密顧問官 (PC)
州副知事 (DL)
親族 初代リットン男爵 (祖父)
初代リットン伯爵 (父)
第2代バルフォア伯爵 (義兄)
配偶者 パメラ・チチェリー=プロードン
テンプレートを表示

第2代リットン伯爵ヴィクター・アレグザンダー・ジョージ・ロバート・ブルワー=リットン: Victor Alexander George Robert Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton1876年8月9日 - 1947年10月25日)は、イギリスの政治家、インドの総督日本では、満州事変の調査のため国際連盟が派遣したリットン調査団の団長を務めた「リットン卿」として知られる。

経歴[編集]

父のロバート・ブルワー=リットンイギリス領インド帝国の総督(副王)(1876年-1880年)であり、その在任中にインドで生まれた。なお、父は、インド総督退任後、1880年に初代リットン伯爵に叙せられた。イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業[1]海軍本部でキャリアを積んだ後、インド省政務次官、ベンガル総督(1922年-1927年)を歴任し、1925年から1926年にはインド臨時総督もつとめた。

この後も、インド、アジアにおいて多くの職務をこなす。その多くの職務の1つがリットン調査団だが、実は本国ではあまり知られていない。むしろ、小説『ポンペイ最後の日』で有名な作家エドワード・ブルワー=リットンの孫であることと、夫人がウィンストン・チャーチルの嘗ての恋人パメラ (Pamela Chichele-Plowden) であったことで知られている。姉ベティ(1867年-1942年)は、第2代バルフォア伯爵バルフォア宣言で有名な初代バルフォア伯爵アーサー・バルフォアの弟)と結婚した。

1933年にガーター勲章を受勲[2]

またアレクサンダー・テクニーク創始者のフレデリック・マサイアス・アレクサンダーの支持者であった。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
初代レディング伯爵
イギリス領インド帝国の旗 インド副王兼総督代理
1925年1926年
次代:
初代アーウィン男爵
イギリスの爵位
先代:
ロバート・ブルワー=リットン
第2代リットン伯爵
1891年1947年
次代:
ネヴィル・ブルワー=リットン