QupZilla

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
QupZilla
フラットデザイン
中国語版QupZillaで自身の公式サイトを表示
KDE Plasma 4で動作しているQupZilla
開発者 デビッド・ロスカ
初公開 2010年12月 (2010-12)
最新正式版 2.2.1 / 2017年11月1日(19日前) (2017-11-01[1]
開発状況 現行
プログラミング言語 C++
OS マルチプラットフォーム(詳細は後述)
エンジン QtWebEngine
種類 Qt
対応言語 多言語
種類 ウェブブラウザ
ライセンス GPLv3
ウェブサイト www.qupzilla.com

QupZillaとはフリーかつオープンソースウェブブラウザで一般ユーザーを対象にしている。ユーザーのデスクトップ環境とのシームレスな統合が可能で、複数の特徴的な機能がある。QupZillaはGPLv3で公開されている。

機能[編集]

現代的なウェブ標準に対応するためQtWebEngineから提供されるChromiumエンジンを使用しており[2]、自然な見た目とユーザーのデスクトップの感触とシームレスに統合することに力を入れている[3]。また、履歴英語版フィードブックマークを一つの場所に集めたり、ページ全体のスクリーンショットを記録したり、Operaのようなスピードダイヤルといった機能を搭載している[4]。さらにMozilla FirefoxGoogle Chromeといった主要汎用ブラウザと比べてシステムリソースの消費が少ないとされている[5]。現在のHtml5testの点数は501[6]

QupZillaはQtクロスプラットフォームアプリケーションフレームワークを使用していて最適化された内蔵AdBlockを搭載している。Windows対応ポータブルバージョン(インストールしない)もある。また、PortableAppsフォーマット形式での提供も行われている[7]

歴史[編集]

QupZilla v1.7.0はAcid3を合格した。

2010年に研究プロジェクトとして始まった。PythonPyQtライブラリを使用)で書かれた最初のプレビューリリースは2010年12月に公開された[8]。2011年に汎用的なポータブルウェブブラウザを開発することや、Microsoft WindowsLinuxの見た目と感触なデスクトップ環境とシームレスに統合することを目標にソースコードC++で書き換えた[9]。バージョン1.6.6 (2014年5月)まではWindows 2000に対応していた[10]

かつてはPDFやPNG出力が可能であったが、バージョン2.0.2ではそのすべてが不可能になり、Webページの保存もできなくなっている。

備考[編集]

更新が長らく滞っていたが、2016年3月31日にVersion2.0.0を発表し、正式にQtWebEngineに対応した。地球を使ったロゴが開発当初より「センスがない」と不評であり、現在は新バージョンのロゴにとって代わっている。

Windows 10の場合、Qt5.6.1はQtWebEngineというフォルダが存在しないと判断すると、自動的に.Qupzillaと.QtWebEngineという名のついたフォルダを「ユーザー」の次の次の[11]階層へ生成することが分かっている。これを防ぐには実行ファイルが収められる予定の場所へQtWebEngineという名のフォルダをあらかじめ作っておくと治る。

対応するOS[編集]

表記と順番は公式サイトのダウンロードページに従った。

関連項目[編集]

  • QtWeb - 同じようなアーキテクチャでできている先駆けのブラウザ。更新停止。
  • Otter Browser - QtWebEngineで動作する世界初のブラウザ。
  • Dooble - QtWebkitを使い続けているブラウザ。

脚注[編集]

  1. ^ QupZilla: QupZilla 2.2.1 released!” (2017年11月1日). 2017年11月2日閲覧。
  2. ^ Němec, Petr (2011年12月28日). “Softwarová sklizeň (28. 12. 2011)” [Software picks (28 December 2011)] (Czech). Root.cz. 2012年2月25日閲覧。
  3. ^ Голубев, Сергей (2012年2月10日). “QupZilla - браузер на основе Qt и WebKit” [QupZilla - browser based on Qt and WebKit] (Russian). PC Week/RE. 2012年2月25日閲覧。
  4. ^ Richmond, Gary (2012年1月6日). “QupZilla Browser: one web browser, three niche features”. Free Software Magazine. 2012年2月25日閲覧。
  5. ^ Sneddon, Joey (2011年12月22日). “Qupzilla – the Best Browser You’ve Never Heard of?”. OMG! Ubuntu!. 2012年2月25日閲覧。
  6. ^ 動作環境やOSのバージョンにより点数に変動が出る。
  7. ^ "QupZilla Portable 1.8.8 (web browser) Released". PortableApps. 2015-10-21. 
  8. ^ README.md”. GitHub (2013年4月25日). 2013年4月29日閲覧。
  9. ^ Qupzilla - новый многоплатформенный web-браузер на базе Qt и WebKit” [Qupzilla - new multiplatform web browser based on Qt and WebKit] (Russian). OpenNet (2011年12月26日). 2012年2月25日閲覧。
  10. ^ David Rosca (2014年10月12日). “Cookies issue + Build for Mac OS X available!”. Development updates on QtWebKit browser QupZilla. 2015年1月29日閲覧。 “the latest 1.8 version is not working on Windows 2000”
  11. ^ 3Dオブジェクトのアイコンが設置されている場所。
  12. ^ Qupzilla at Freshports”. Freshports. 2013年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]