B.G.M Live

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美少女ゲームミュージックライブ!!
Bishoujo Game Music Live!!
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 B.G.M Live!!
旧イベント名 P.C.M. Live!(2011年 - 2014年)
初回開催 2011年11月13日(銀座パセラリゾーツ B3F BENOA)
会場 TSUTAYA O-EAST(2015年 - )
主催 B.G.M Live!! 制作委員会
公式サイト

B.G.M Live(ビージーエムライブ)は、PCゲームによるPCゲーム楽曲を中心としたライブイベント。BGMとは「美少女ゲームミュージック(Bishoujo Game Music)」の略称。

概要[編集]

2011年11月13日、PCゲームシンガーであるオリヒメヨゾラが発起人となって『P.C.M. Live!』が開催された[1]。PCMとは「PCGAME MUSIC」の略称。『「PCゲームアーティスト」が主導の「PCゲームユーザー」とつくる「PCゲーム業界の未来」のためのライブ』というコンセプトが掲げられている[2]

2015年6月23日、公式のニコニコ生放送にてP.C.M Live!という名称が商標侵害となったため、『B.G.M Live!!』とタイトルを変更することが発表された[3]

P.C.M Live![編集]

第1回目の開催。参加者には特典としてリストバンドが配布された。

出演アーティスト[1]

P.C.M Live!02[編集]

出演アーティスト

P.C.M 大討論会![編集]

副題は『夢と現実をつなぐ「美少女ゲーム」の未来をみんなで考えよう!』。美少女ゲーム業界の現状の把握から、震災を経てこれから未来へとどうしていけばいいのかといった内容が話された。

討論会後、チャリティーオークションも開催され、数多くの美少女ゲームブランド、声優からポスターや私物などが出品された。

  • 開催日:2012年5月3日
  • 会場:角筈区民ホール

出演者[編集]

  • 水霧けいと(司会)
  • オリヒメヨゾラ(歌手代表)
  • まきいづみ(声優代表)
  • 上原功士(13cm
  • 三ツ矢新(bolero)
  • 服部道知(light
  • 片岡とも(ねこねこソフト
  • トン様(Lump of Sugar)

P.C.M Live! sunlight[編集]

B.G.M Festival!の無料野外ステージで開催された。

出演アーティスト
一日目
二日目

P.C.M Live! Special[編集]

前回までをゲーム本編とし、ファンディスクという立ち位置で開催された。ライブにはPCゲームのような演出が取り入れられ、次回以降にもこの演出は引き継がれることとなる。例として公式HPには出演者のサンプルボイスやカウントダウンボイスが設置される、ライブ本編ではアーティスト登場前に攻略キャラクター選択画面をモニターに表示されるなど。なおこの回からカラオケではなく、生バンドによる演奏となっている(ただし、いくつかの楽曲はカラオケ)。

キービジュアルを担当したのは空中幼彩。チケットは特典のついたフルプライスチケットと通常のチケットであるミドルプライスチケットの二種類が販売され、この形式も次回以降に引き継がれることとなる。特典は空中幼彩書き下ろしのPCゲームパッケージを模した箱、空中幼彩のイラスト入りチケット、P.C.M Live!テーマソングである「True end.」が収録されたCD、優先入場の権利。[5]

出演アーティスト[5]
  • AiRI
  • オリヒメヨゾラ
  • 佐咲紗花
  • 佐藤ひろ美
  • 霜月はるか
  • 橋本みゆき
  • yozuca*
  • 桜川めぐ(Pick up Artist)
  • しほり(Pick up Artist)
  • 民安ともえ(Pick up Artist)
  • Prico(Pick up Artist)
  • 水霧けいと(Pick up Artist)
  • μ(ミュゥ)(Pick up Artist)
  • 大野まりな(シークレット)

P.C.M Live!2013[編集]

出演者を決めるにあたり、TwitterやHPで新人歌手の募集を自薦他薦問わずに行った。その条件としてPCゲーム楽曲を一曲でも歌唱したことが有る、デビューして5年以内、歌唱が10曲以下などがあげられている。

キービジュアルを担当したのはななかまい

今回もフルプライス、ミドルプライス二種類のチケットが販売された。フルプライス特典の内容は出演アーティストの座談会の様子などが掲載されたパンフレット、限定Tシャツ、PCゲームを模した箱、優先入場の権利。また、アダルトゲーム雑誌であるBugBug(2013年 11月号)にも出演アーティストの座談会が掲載された。

出演アーティスト

P.C.M Live!2013 後夜祭[編集]

P.C.M Live!2013出演アーティストによるトークイベント。ライブ当日の写真を見ての振り返り、楽屋裏トークなどの内容。

  • 開催日:2013年10月26日
  • 会場:阿佐ヶ谷ロフトA
  • 主催:有限会社ファミリーワーク
出演アーティスト
  • Ayumi.(Astilbe × arendsii)
  • 大島はるな
  • 西沢はぐみ
  • Ne;on(KRASTERII)

P.C.M Live! 外伝 マッキーちゃん祭り[編集]

P.C.M Live!でバックバンドを勤めるTHE LEAPSと主催のAyumi.のユニットであるAstilbe x arendsiiのツーマンライブ。

マッキーちゃんとは舞台監督である槇圭一郎のこと。

出演アーティスト
  • Astilbe x arendsii
  • THE LEAPS
  • 相良心(ゲスト)
  • 西沢はぐみ(ゲスト)
  • Ne;on(KRASTERII)(ゲスト)

P.C.M Live!2014[編集]

P.C.M Live!2013終演後に一部アーティスト、開催情報が発表された。

キービジュアルを担当したのはCura

出演アーティスト

B.G.M Live!!2015[編集]

2014年12月27日に開催された電気外祭り2014 WINTERにて開催が発表された。

キービジュアルを担当したのは珈琲貴族

この回からイベントタイトルがP.C.M Live!からB.G.M Live!!へと変更となった。

出演アーティスト

B.G.M Live!!2016[編集]

B.G.M Live!!2015にて一部アーティスト、開催情報が発表された。

出演アーティスト
出演辞退
  • 飛蘭(病気療養のため)

B.G.M Live!!2017大阪-Fandisk!!-[編集]

B.G.M Live!!2016にて一部アーティスト、開催情報が発表された。

大阪開催に伴い開催支援プロジェクトとしてクラウドファンディングが始動[10]。クラウドファンディングにて集められた資金は出演者・スタッフの移動費、宿泊費、リターン内容の諸経費などに充てられる。

出演アーティスト
  • AiRI
  • Astilbe x arendsii
  • いとうかなこ
  • カサンドラ
  • 榊原ゆい
  • 霜月はるか
  • はな
  • 仲村芽衣子
  • Rita
  • yozurino*(シークレット)

B.G.M Live!!2017[編集]

B.G.M Live!!2016にて一部アーティスト、開催情報が発表された。

出演アーティスト

B.G.M Live!!2018[編集]

B.G.M Live!!2017にて一部アーティスト、開催情報が発表された。

出演アーティスト
  • AiRI
  • Astilbe x arendsii
  • 佐咲紗花
  • Ceui
  • NANA

テーマソング[編集]

『True end.』
作詞 - オリヒメヨゾラ / 作曲 - 増谷賢 / 編曲 - 東タカゴー / 歌 - AiRI、オリヒメヨゾラ、佐咲紗花、佐藤ひろ美、霜月はるか、橋本みゆき、yozuca*

ラジオ[編集]

美少女ゲームMUSIC ON AIR!
インターネットラジオ
愛称 もあらじ
配信期間 2016年7月13日 -
配信サイト 音泉
配信日 毎月第2・第4水曜日配信
パーソナリティ Ayumi.
橋本千明
提供 B.G.M Live!!
EGG
テンプレート - ノート

『美少女ゲームMUSIC ON AIR!』(びしょうじょゲームミュージック・オンエア!)は、2016年7月13日から音泉で放送されているインターネットラジオ番組。出演者はメインパーソナリティAyumi.、アシスタントパーソナリティの橋本千明。美少女ゲーム音楽に特化したラジオ番組。[13]

コーナー[編集]

インスタントテーマソング
リスナーから募集した架空のゲームタイトルを元に橋本が即興で美少女ゲームソングを作るコーナー。
入門!〜歌姫道場〜
リスナーから送られてきたお題にチャレンジするコーナー。
◯◯さん、最近どう?
ゲストの近況を質問するコーナー。合言葉は「最近どう?」
楽曲リクエスト
番組のエンディングで配信する楽曲を募集するコーナー。
ちあきゴーシチGO!
リスナーから送られてきた5文字のキーワードを使用して、5・7・5を作るコーナー。
主人公、俺!!
美少女ゲームでは当たり前のように描かれている日常的なシーンが現実世界で起こってしまったら、主人公(リスナー)はどのような行動をとるのかを予想して送ってもらうコーナー。

ゲスト[編集]

  • 第2回(2016年7月27日) - 中恵光城
  • 第3回(2016年8月10日) - 橋本みゆき、榊原ゆい
  • 第4回(2016年8月24日) - yozuca*
  • 第5回(2016年9月28日) - iyuna、小春めう(以上、solfaメンバー)
  • 第8回(2016年11月9日) - 山崎もえ
  • 第10回(2016年12月14日) - 佐藤ひろ美
  • 第13回(2017年1月25日) - 鈴湯
  • 第15回(2017年2月22日) - Prico
  • 第16回(2017年3月8日) - 霜月はるか
  • 第19回(2017年4月26日) - カサンドラ
  • 第23回(2017年6月28日) - 橋本みゆき

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 美少女ゲーム業界の垣根を越えたライブイベント『P.C.M.Live!』が11月13日開催!”. こえぽた (2011年10月18日). 2016年10月21日閲覧。
  2. ^ 美少女ゲームミュージックライブ!!とは”. 美少女ゲームミュージックライブ!!制作委員会. 2016年10月21日閲覧。
  3. ^ イベントタイトルの変更に関しまして”. B.G.M Live!! 2015. 2015年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月21日閲覧。
  4. ^ PCゲーム音楽の祭典「P.C.M. Live!」レポート”. アニメイトタイムズ (2012年4月3日). 2016年10月21日閲覧。
  5. ^ a b 『P.C.M. Live! special』出演者歌唱のテーマソングCDなど、豪華特典付きフルプライスチケット発売中!”. こえぽた (2012年7月31日). 2016年10月21日閲覧。
  6. ^ P.C.M Live! 2013 - Special”. P.C.M.Live!製作委員会. 2017年7月11日閲覧。
  7. ^ P.C.M Live! 2014”. pcmlive.info. 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ B.G.M Live!! 2015┃Special”. 美少女ゲームミュージックライブ!!制作委員会. 2017年7月11日閲覧。
  9. ^ 美少女ゲームミュージックライブ2016”. 美少女ゲームミュージックライブ!!制作委員会. 2017年7月11日閲覧。
  10. ^ B.G.M Live!!大阪開催に伴うクラウドファンディング B.G.M Live、2016年5月6日閲覧
  11. ^ a b Special”. B.G.M Live!! 制作委員会. 2017年7月11日閲覧。
  12. ^ Special”. B.G.M Live!! 制作委員会. 2017年7月11日閲覧。
  13. ^ 美少女ゲームMUSIC ON AIR!”. インターネットラジオステーション<音泉>. 2016年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]