euphoria (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
euphoria
ゲーム
ゲームジャンル インモラルハードコアADV
対応機種 Windows XP/Vista/7(通常版)
Windows XP/Vista/7/8(HDリマスター版)
開発元 CLOCKUP
発売元 ホビボックス
キャラクターデザイン はましま薫夫
シナリオ 浅生詠和泉万夜
プレイ人数 1人
発売日 2011年6月24日(通常版)
2014年4月25日(HDリマスター版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 15
セーブファイル数 100+1
画面サイズ 800x600(通常版)
1024x768(HDリマスター版)
OVA
監督 彩野国男
キャラクターデザイン Citizen
製作 魔人
発売日 2011年12月22日
テンプレート - ノート

euphoria』(ユーフォリア)は、2011年6月24日CLOCKUPより発売された18禁パソコンゲームソフトである。2014年4月25日にはHDリマスター版が発売された。2013年4月23日よりDMM.comスマートフォン用オンラインゲームサイトで配信されていたが、2015年5月18日をもって終了した。

作中に登場する汚物の表現やグロテスクな表現などは、オン・オフで切り替えが可能である。

アダルトアニメ (OVA) 化もされており、2011年12月22日魔人より発売された[1]。その後、シリーズ化されている。

あらすじ[編集]

高遠恵輔は、目を覚ますと、6人の女性たちとともに、白い密室に閉じ込められていることに気付いた。どこからともなく聞こえた声は「ゲームを開始する」と告げ、恵輔を「開錠者」に、女性の1人を「鍵穴」に指定し、指示に従って鍵を開けるよう、命令した。恵輔が反抗すると、その声は都子が器具につながれて拷問を受ける姿を見せつけた。それは恵輔を動揺させたと同時に、彼に秘められた破壊衝動と凌辱への欲望を刺激した。それを見抜いた合歓は、恵輔の唇を強引に奪い、服従させた。かくして、恵輔は彼女たちを犯していくことを決めた。

登場人物[編集]

高遠 恵輔(たかとお けいすけ)
声:新沢真(OVA)、黒井音瑚(幼少期、OVA)
主人公である、六慶館学園2年生。

メインヒロイン[編集]

真中 合歓(まなか ねむ)
声:青空ラムネ
六慶館学園2年生。学校では一人でいることが多く、同級生との交流は乏しい。ゲームが始まったとき、恵輔の欲望を刺激するかのごとく翻弄していった。
帆刈 叶(ほかり かなえ)
声:ヒマリ
六慶館学園2年生で、恵輔の幼馴染にして同級生。幼い顔立ちとは対照的に巨乳である。
白夜 凛音(びゃくや りんね)
声:杉原茉莉
六慶館学園2年生にして、几帳面な風紀委員。単独行動を好むと思われがちだが、ボランティア活動には積極的に参加している。
蒔羽 梨香(まきば りか)
声:このは
六慶館学園1年生で、恵輔の後輩。
葵 菜月(あおい なつき)
声:御苑生メイ
六慶館学園の英語教師で、3年生を担当している。優しい性格で美人であるため生徒たちからの人気は高い。反面他の教師から威厳がないと指摘されているが、楽観的な性格を持つ本人は気にしていない。

サブヒロイン[編集]

安藤 都子(あんどう みやこ)
声:東かりん
六慶館学園2年生で、恵輔のクラスの委員長。真面目な性格ゆえ"謎の声"に反抗し、冒頭でゲームの参加資格を失い、拷問にかけられる形でゲームから外された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「楽園の扉」
作詞:Takt-W / 作曲・編曲:上原一之龍 / 歌:青葉りんご

関連商品[編集]

小説[編集]

アダルトアニメ[編集]

魔人が制作・販売した。このうち『euphoria ~地下の戦慄ゲーム、地上のスカトロ地獄。笑う黒幕は……幼なじみ!? 編~』は原作のトゥルーエンドを基にしている[2]

  • 『euphoria 〜真中合歓 地獄始動編〜』(魔人 2011年12月22日発売)
  • 『euphoria 〜帆刈叶 楽園終焉編〜』(魔人 2012年3月30日発売)
  • 『euphoria 〜白夜凛音 輪廻転生編〜』(魔人 2014年6月27日発売)
  • 『euphoria 〜「蒔羽梨香」「葵 菜月」 蘇る地獄絵図編〜』(魔人 2015年2月27日発売)
  • 『euphoria 〜地下の戦慄ゲーム、地上のスカトロ地獄。笑う黒幕は……幼なじみ!? 編〜』(魔人 2015年11月27日発売)
  • 『euphoria 〜目指す楽園は神聖なる儀式の先に。救世主の母は……白夜凛音!? 編〜』(魔人 2016年2月26日発売)

反響[編集]

アダルトアニメ版に対する批評[編集]

おたぽるの穴リスト猫はアダルトアニメ版について、「ストーリーは原作を基にしているが、謎解きや伏線は小出し程度であるうえ、場面展開が唐突でキャラクターの心理描写も最低限であるため、アダルトアニメ版だけを見て内容を理解することは無理である。ただし、物語を理解しなくても、サディスティックなプレイを好む方なら最初から最後まで楽しめるであろう。また、原作と異なる結末を迎えるため、原作のファンはそちらを目的に鑑賞するのもよい」と評している[2]

出典[編集]

  1. ^ euphoria OVA”. 2011年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 穴リスト猫 (2016年10月27日). “【閲覧注意】ソリッドシチュエーションスリラーOVA『euphoria』 食糞・脱糞・チンカス食いなど変態プレイ満載! (2ページ目)”. おたぽる. 2016年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]