色に出でにけり わが恋は

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
色に出でにけり わが恋は
my deep love shows in the blush on my face.
対応機種 Windows 2000/XP/Vista (32bit)/7 (32bit)[1]
発売元 ういんどみる
開発元 ういんどみる
キャラクターデザイン こ〜ちゃ鳴海ゆう[1]
シナリオ 平内太兵衛[1]
オープニングテーマ 色に出でにけり わが恋は(片霧烈火)[1]
ジャンル 恋愛AVG[1]
発売日 2010年4月29日[1]
価格 9,240円[1]
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可[1]
メディア DVD[1]
ディスクレス起動 初回起動時のみディスク必要[1]
画面サイズ 1280×720[1]
BGMフォーマット PCM[1]
キャラクターボイス 主人公以外フルボイス[1]
CGモード あり[1]
音楽モード あり[1]
回想モード あり[1]
メッセージスキップ 既読+未読[1]
オートモード あり[1]

色に出でにけり わが恋は』(いろにいでにけり わがこいは)は、2010年4月29日ういんどみるより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。ブランド第9作目。題名は小倉百人一首の短歌の一つで平兼盛の作品「しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」に由来する[1]。略称は「でにけり」。

ストーリー[編集]

主人公・神木悠人はごく普通の学園に通っていた[2]。しかし、彼の学園は経営破綻のため、「嶺鳴館学園」と呼ばれる格式高いお嬢様達が通う学園に吸収合併されることになる[2]。神社の家系に生まれ、純和風の暮らしをしてきた悠人には、全国からお嬢様が集まる学園は居心地が悪い場所だった[1]。神社の一人息子である悠人は、地元の名家である天城家の跡継ぎを決める「決闘の儀」を見届ける使命があった[2]。時期当主を決めるため、天城梨桜と桔梗は真剣勝負をすることになる[2]。決闘の儀の最中に起きたハプニングをきっかけに、悠人は梨桜と同居することになる[2]

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

神木 悠人(かみき ゆうと)[1]
神木神社の跡取り息子で主人公。趣味は掃除。将来は神社を継ぐべく、日々努力をしている。正直者で、周りからの信頼も厚い。幼い頃から広い境内の掃除を続けてきたため、足腰が強い。
天城 梨桜(てんじょう りお)[2]
民安ともえ[1]
身長:155cm B/W/H:85(C)/55/85
ヒロインの一人。天城家の頭主候補の一人でブロードソードを振るうお嬢様。
決闘の儀のためにイギリスから帰国し、学園に編入する。修行のために悠人の家に無理やり押しかける[1]
天城 桔梗(てんじょう ききょう)
声:かわしまりの[3]佐本二厘から変更[1]
身長:158cm B/W/H:80(B)/56/83[2]
ヒロインの一人。天城家の頭主候補の一人で[2]日本刀を振るうお嬢様[1]
梨桜とは従姉[2]。いつもは弥勒のような笑顔だが怒ると阿修羅になる。
鈴枝 小町(すずえだ こまち)[2]
声:波奈束風景[1]
身長:156cm B/W/H:90(F)/59/87
悠人の幼なじみでクラスメイト。実家は商店街にある鈴枝ベーカリーであり、将来は家業を継ぐつもりである。
悠人との仲は良く、夫婦漫才と称されるほど。週末になると、神木神社にてアルバイト巫女をしている[1]。小遣いを与えられずに育てられたため、趣味は貯金と労働である[1]
御園 美苑(みその みその)[2]
声:遠野そよぎ[1]
身長:151cm B/W/H:86(D)/54/85
天城家のメイド長。
常にポーカーフェイスで、職務を忠実にこなすメイドのプロである。毎日の努力を重ねて今の職に就いたため、メイド長という立場に執着している[1]
現頭首から孫である梨桜と桔梗を気にかけるように頼まれている。
楓 柚菜(かえで ゆずな)[2]
声:みる[1]
身長:145cm B/W/H:77(A)/49/78
悠人と小町の幼なじみであり1つ年下の後輩。
元気いっぱいで陽気だが、ときどき貧血吐血で倒れてしまう。三度の飯よりペンギンが大好き。

サブキャラクター[編集]

(出典:[1]

春風 朋音(はるかぜ ともね)
声:柚木かなめ
身長:165cm B/W/H:84(C)/55/86
悠人、小町、柚菜とは幼なじみ。柚菜とは同級生であり、隣の家に住んでいる。
柚菜が倒れても呼ぶと迅速に登場し保健室なり病院なりへと搬送する。
鳥羽 綾媛(とば あやめ)
声:黒崎猫
身長:150cm B/W/H:79(B)/52/80
見た目は幼いが学園の3年生であり、悠人達の先輩。物腰が低く物静かなお嬢様。一人称は「ボク」のボクっ娘。
イギリスに居たときにホームシックになり、梨桜に助けてもらったことがある。そのため、梨桜に恩義を感じている。
大原 九郎(おおはら くろう)
声:石川ゆうすけ
身長:180cm
公家の血を引く、学園の先輩。学歴のために由緒正しい学園に転入して来る。
学園の3年生だが、悠人達のクラスに入り浸っている。

用語[編集]

嶺鳴館学園(れいめいかんがくえん)[1]
天神市にある名門校[2]。お嬢様が多く通う学園で、元は女学園だった。近隣にあった学園が廃校になったため、その学園の生徒を受け入れて共学となった。嶺鳴館学園は女子専用クラスと共学クラスに分かれている。
神木神社[2]
伝統では嶺鳴館学園にも負けない由緒正しい神社。先祖代々、土地の名士である天城家の跡継ぎを決める儀式の見届け人をしている。

スタッフ[編集]

  • 原画:こ~ちゃ(桔梗・美苑・朋音・九郎[1])、鳴海ゆう(梨桜・小町・柚菜・綾媛[1]
  • シナリオ:平内太兵衛
  • BGM:Ecnemuse[4]

主題歌[編集]

色に出でけり わが恋は[4]
歌:片霧烈火
作詞:ayachi
作・編曲:菊田大介(Elements Garden)

関連商品[編集]

ジュブナイルポルノ
『色に出でけり わが恋は』[5]
中江康嗣・著 イーグルパブリシング(パンプキンノベルズ)発行 2010年9月13日発売 ISBN 978-4-86146-1903

出典[編集]

[ヘルプ]

18歳未満閲覧禁止のサイトを含みます

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai PUSH!! 2010年5月号 pp. 36-45
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n コンプティーク 2010年1月号 pp. 62-65
  3. ^ 色に出でにけり わが恋は CHARACTER”. ういんどみる. 2014年4月6日閲覧。
  4. ^ a b 色に出でにけり わが恋は OUTLINE”. ういんどみる. 2014年4月6日閲覧。
  5. ^ 色に出でにけり わが恋は”. 国立国会図書館. 2014年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]