Avid Media Composer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Avid Media Composer
Media Composer Logo.png
開発元 Avid
最新版 2019.6
対応OS Windows, macOS
種別 ビデオ編集ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト 日本語サイト
テンプレートを表示
Avid Media Composer First
開発元 Avid
対応OS Windows, macOS
種別 ビデオ編集ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト 日本語サイト
テンプレートを表示

Avid Media Composer(アビッド メディア コンポーザー)はアビッド・テクノロジーが販売するノンリニア編集ソフトウェア。上位版のMedia Composer | Ultimateや、無料版のMedia Composer | Firstも存在する。

Media Composerは1989年にMacintoshの動画編集ソフトウェアとして発売された。1999年には、Windows版も発売された。

来歴[編集]

第1世代となるノンリニア編集機「Avid/1」のプロトタイプが1988年4月の 全米放送事業者協会(NAB)で発表された。Avid/1 は Macintosh IIをベースにAVID社独自のハードウェアとソフトウェアをインストールして動作するシステムだった。1989年4月の NABでは Avid/1 が正式発表され、ビデオ編集の分野においては大きな変革をもたらすノンリニア編集という新しい分野及び機種として注目される事となった。同年にはMedia Composerという名称で一般公開された。

特徴[編集]

  • MacとWindowsに対応。ソフトウェアライセンス、ドングルライセンス、サブスクリプションライセンス、フローティングライセンスから選択できる。
  • 自社コーデックとしてAvid DNxHDコーデックと解像度フリーのAvid DNxHRコーデックを所有。
  • Apple ProResから、Canon XF-AVCに加えてPanasonic AVC-IやSony XAVC-I、XAVC-L まで多岐にわたるメディアのネイティブ編集に対応。
  • SD、HD、2K、Ultra HD、4K、8Kプロジェクトに対応。
  • ハイ・ダイナミック・レンジ (HDR) ワークフローに対応。Dolby Vision、Sony S-Log3、Hybrid Log Gamma、ACES の各プロファイルをサポート。
  • Pro Tools付属のプラグインと同じAAXオーディオ・エフェクトを搭載。[1]
  • 5.1/7.1サウンド・ミックス対応。
  • バックグラウンドレンダリングやトランスコードに対応。
  • オートトラッキングやスタビライズに対応。
  • AS-02/AS-11を使った、完成シーケンスのバージョニング、転送、アーカイブに対応。

以下の機能は上位版のMedia Composer | Ultimateに含まれている[2]

以下の機能は別途用意されたソフトウェアを購入する必要がある。

なお、無料版であるMedia Composer | Firstは、トラック数や色空間、エフェクト、ツール、使えるプラグインなどに制限があるものの、Full HD (1080p) までの出力が可能となっている[3]

映画の採用事例[編集]

1996年、ウォルター・マーチ がAVIDシステムを使用した映画『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞の編集部門でアカデミー科学技術賞を受賞し、これがAVIDでデジタル・ドメインでのノンリニア編集が行われた最初のオスカー受賞映画となった。 その後、近年のアカデミー賞ではアカデミー編集賞にノミネートされているすべてのエディターがMedia Composerを使用するまでに普及している。[4]

作品 監督 編集 アプリケーション
ダークナイト 2008 クリストファー・ノーラン リー・スミス Avid Media Composer
アイアンマン 2008 ジョン・ファヴロー ダン・リーベンタール Avid Media Composer
トランスフォーマー/リベンジ 2009 マイケル・ベイ ロジャー・バートン, ポール・ルベル Avid Media Composer
アバター 2009 ジェームズ・キャメロン ジェームズ・キャメロン, ジョン・ルフーア, スティーヴン・E・リフキン Avid Media Composer
ブラック・スワン 2010 ダーレン・アロノフスキー アンドリュー・ワイスブラム Avid Media Composer
インセプション 2010 クリストファー・ノーラン リー・スミス Avid Media Composer
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島 2010 マイケル・アプテッド リック・シェイン Avid Media Composer
アベンジャーズ 2012 ジョス・ウェドン ジェフリー・フォード, リサ・ラセック Avid Media Composer
セッション 2014 デイミアン・チャゼル トム・クロス Avid Media Composer
ゼロ・グラビティ 2014 アルフォンソ・キュアロン アルフォンソ・キュアロン , マーク・サンガー Avid Media Composer
エクス・マキナ 2015 アレックス・ガーランド マーク・デイ Avid Media Composer
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [5] 2015 J・J・エイブラムス メリアン・ブランドン , メアリー・ジョー・マーキー Avid Media Composer
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション [6] 2015 クリストファー・マッカリー エディ・ハミルトン Avid Media Composer
マッドマックス 怒りのデス・ロード [7] 2016 ジョージ・ミラー マーガレット・シクセル Avid Media Composer
ハクソー・リッジ 2016 メル・ギブソン ジョン・ギルバート Avid Media Composer
ラ・ラ・ランド 2016 デミアン・チャゼル トム・クロス Avid Media Composer
ダンケルク 2017 クリストファー・ノーラン リー・スミス Avid Media Composer
ボヘミアン・ラプソディ 2018 ブライアン・シンガー ジョン・オットマン Avid Media Composer
ブラック・クランズマン 2018 スパイク・リー バリー・アレクサンダー・ブラウン Avid Media Composer

歴史[編集]

同社の創設者の1人であるEric Petersによると、 "Avid"のほとんどのプロトタイプはApolloワークステーション上に構築されていました。ある時点で、AvidはSiggraphで自社製品の1つをデモし、Peters氏は、次のように語っています。間違ったプラットフォーム! "彼らは当時新しいMac IIのための伝道者であることが分かった。ショーの後私達が私達のオフィス(実際には改装された機械工場)に戻った時、フェデックスパッケージの山があった。Apple製で、試作品のMac IIマシンを2台搭載していたので、4台の大型マルチシンクモニタもありました。 (当時はおそらく4メガバイト)、そしてAppleソフトウェアの完全な補完物(クラリス以前)その日の午後、コンサルタントが私たちのドアをノックして言った、「こんにちは。私はここに来て、あなたのアプリケーションをApolloからMacintoshに移植するためにAppleが払っています。「彼は数週間私たちのために働き、実際にはMacのプログラミング方法を教えてくれました」当時、Macはビデオの目的には十分高速であるとは考えられていませんでした。しかし、Avidのエンジニアリングチームは、毎秒1,200キロバイトを達成することができたため、Macでオフラインビデオを制作することができました。 Avid Film Composerは、1992年8月に発表されました。Film Composerは、24fpsでネイティブにキャプチャし編集する最初のノンリニアデジタル編集システムです。 Steven Cohenは、Lost in Yonkers(1993)で、メジャーな映画にFilm Composerを使用した最初の編集者です。このシステムは、後にイングリッシュ・ペイシェントウォルター・マーチのような他のトップ編集者によって使用されています。これは、アカデミー編集賞を受賞した最初のデジタル編集フィルムです。 1994年には、映画芸術科学アカデミーがAvid Film Composerに科学技術功績賞を授与しました。 6人がその努力で認められ、創業者のビル・ワーナー、エリック・ピーターズ、ジョー・ライス、パトリック・オコナー、トム・オハニアン、そしてマイケル・フィリップスが受賞しました。Avidは、映画編集用のAvid Film Composerシステムのコンセプト、デザイン、およびエンジニアリングに関する継続的な開発を賞して1998年の科学技術賞を受賞したオスカーを受賞しました。その後、Film Composerは無くなり、フィルム編集機能のすべてが「通常の」Media Composerに実装されました。2009年7月、American Cinema Editors(ACE)は、ACEの取締役会がAvid Media Composerソフトウェアを取締役会初のACE Technical Excellence Awardを受賞したことを発表しました。

発売時期 OS(オペレーションシステム) バージョン Notes/Major Features
1989 Macintosh Avid/1 初期バージョン
1995 Mac OS 7.5 5.5 最新のバージョンのMacintosh 68Kのハードウェア上で実行する
1999 Mac OS 7.6 to 8.6 7.2 ABVBのハードウェア上で最後のバージョン.
1999 Mac OS 8.5.1 8.0 メリディアンハードウェアをベースに最初のバージョン。非圧縮SDビデオ。
1999 Windows NT 9.0 Windows NT に向けての初めてリリース
2000 WinNT/Mac OS9 10.0 SD 24pのサポート
2001 windows 2000/Mac OS9 10.5 Windows 2000をサポート
2002 windows 2000/Mac OS9 11.0 マーキー(Windowsのみ)に統合
2003年2月 Mac OS X 11.7 Mac OS Xをサポートする最初のバージョン
2003年5月 Windows XP/Mac OS X 1.0 Media Composerの最初のバージョンアドレナリン
2003年11月 windows 2000/Mac OS X 12.0 メリディアンでのMedia Composerの最後のバージョンのハードウェア
2004年9月 WinXP/Mac OS X 1.5 Marquee Title Tool誕生、MXFサポート、24p/25p PAL、DVCPRO 50、DV 50キャプチャー、 Avid Adrenaline環境のLTC IN/OUT
2004年12月 Windows XP 2.0 HDをサポート、10ビットのビデオ
2005年3月 Windows XP 2.1 P2 サポート, XDCAM サポート
2005年12月 Windows XP 2.2 HDV サポート
2006年6月 Windows XP/Mac OS X 2.5 HD on Mac, Media Composer soft, Mojo and Mojo SDI support, XDCam HD, Tracker
2006年9月 Windows XP/Mac OS X 2.6 Interplay Productionサポート、カラーセーフ、リミッタ効果
2007年5月 Windows XP/Mac OS X 2.7 DNxHD 36、Intel Mac Pro サポート、720p/50、XDCAM/P2デバイスへのエクスポート、 ScriptSync(Phoneticインデクシング)
2007年12月 Windows XP/Mac OS X 2.8 VC-1/MXF(SMPTE 421M)のサポート
2008年6月 Windows XP & Vista /
Mac OS X
3.0-3.1 エフェクトのCPU/GPUアクセラレーション、リアルタイム・タイムコードエフェクト、フレームレートの混在編集、Panasonic AVC Intra/Sony HDCAM HD 50Mbコーデックのサポート、DNAハードウェア, REDワークフローをサポート、ProTools(Windowsのみ)のVideo Satelliteオプション
2009年3月 Windows XP & Vista /
Mac OS X
3.5 Avid Media Access (AMA)によるファイルベースメディアのネイティブ編集、XDCAM EXとXDCAM HDのEnd-to-Endの編集ワークフロー対応、カラーコレクションのキーフレーム対応、ネイティブXDCAM EXのサポート、モーションスタビライダー(FluidStabilizer)、Quicktimeファイルのタイムコードサポート、ステレオスコピック3D編集対応、ライセンスのソフトウェアアクティベーション方式対応
2009年9月 Windows XP & Vista /
Mac OS X
4.0 ProToolsのMac用 Video Satelliteサポート、1080p24 (not-PsF) 出力, HD アンシラリーデータ(Nitris DX)、 GFCAM 50Mb/100Mb サポート
2010年7月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

5.0 - 5.0.4 Windows 7 OS対応、AMA Link機能拡張(RED、QuickTime <Apple ProRes422、H.264>、Canon XF、XDCAM Proxy)、インポートの機能拡張(AVCHD、AVCCAM、NEXCAM、Dolby AC3オーディオ)、タイムラインにSmart Tools機能、RTAS(リアルタイムオーディオスィート)プラグイン対応、インターフェースカスタマイズ機能、RGBプロジェクト設定対応
2011年3月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

5.5 -5.5.5 AMA Link機能拡張(HDCAM SR Lite 220M)、高速スクラブ、RTASプラグイン拡張、検索機能拡張、ProTools マーカー(ロケーター)互換、フェーダー/ジョグシャトル/コントローラーなどのAvid Artistシリーズ対応(Control、Mix、Transport)、AJA I/O Expressサポート、
2011年11月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

6.0-6.0.5 64bitネイティブアプリケーション化、AMA Link機能拡張(AVCHD、RED Epic、アンシラリーデータ)、DNxHD 444 RGB画質サポート、Apple ProResコーデックサポート(インポート、コンソリデート、トランスコード対応)、5.1/7.1 マルチチャンネルサポート、Avid Artist Colorをサポート、Symphonyソフトウェア版リリース、3D編集対応、ビンレイアウト機能、ビン保存、3rd Party ハードウェアをサポートする Open I/Oへ移行(AJA、BlackMagic Design、Matroxなど)、Avid Marketplace機能、E-Mail通知機能
2012年9月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

6.5-6.5.5 Media Composer Cloud Remoteによるリモート編集機能、マーカーのインポート/エクスポート、MXF AS-02サポート、バックグラウンドプロセスの拡張(トランスコード、コンソリデート)
2013年7月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

7.0-7.0.7 FrameFlex(ズームイン/パン)機能、コピー/コンソリデート/トランスコードなどの処理を自動実行するDMF (ダイナミック・メディア・フォルダー)機能、AS-11のエクスポート対応、色管理機能(外部LUTのインポート、カラースペースの設定)、オーディオミキサーにRTAS対応、タイムラインのオーディオキャッシング、NewBlue Titler Proバンドル
2014年5月 Windows 7/Vista/XP

Mac OS X

8.0-8.2.12 Avidアプリケーションマネージャーでのライセンス管理に移行、サブスクリプションライセンスを追加、永続ライセンスリリース、バックグラウンドプロセスの拡張(レンダリング)、メディアキャッシュ機能追加(サムネイル表示)、お気に入りビン機能、DMFでDPX連番サポート
2014年12月-2018年1月 Windows 7, 8.1, 10 /
Mac OS X
8.3-8.10 2K・4K・8Kプロジェクト対応、DNxコーデックシリーズにDNxHR(解像度フリー、12bit、HDR対応)を追加、REC.2020&DCI-P3カラースペース(色空間)対応、HDRサポート(Hybrid Log-Gamma 対応、SMPTE ST 2084 対応、Sony S-Log 3など)、ソースブラウザ(ファイルメディアインポータ)追加、Sony XAVC-Iネイティブサポート、Panasonic AVC-LongG/Sony XAVC-Long GOPフォーマットサポート、DPXエクスポート、Artist DNxIO/DNxIQ/DNxIV/DNxIP ビデオI/Oハードウェア、FrameFlexの回転プリセット、PhraseFind(音声検索)オプションとScriptSyncオプションの追加、ビデオキャッシュ機能を強化
2018年1月-2018年12月 Windows 7, 8.1, 10 /
macOS
2018.1-2018.12 16Kプロジェクト対応、ハイフレームレート対応、NewTek NDI英語版対応、Broadcast Exchange Format英語版 (BXF) 対応、DNxコーデックシリーズにDNxUncompressedコーデックを追加
2019年6月 Windows 7, 8.1, 10 /
macOS
2019.6 改良されたUI、ACESワークフロー、OpenEXR連番インポート、Interoperable Master Format (IMF)エクスポート

関連製品[編集]

参照[編集]

リンク[編集]