オーサリングツール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーサリングツール (Authoring Tool) またはオーサリングソフトウェアとは、主にプログラムを書かないでソフトウェアや作品を作るためのアプリケーションソフトウェア。ただし、必要に応じて補助的なプログラムを書くことができるものが多い。

グラフィックツール、音楽ツール(DTM系)、出版系(DTP用)、ウェブサイト制作や運営管理に用いるWebオーサリングツール、ゲームやスライドショーなどの制作に用いるマルチメディア系、DVDソフトの制作用などがある。

概略[編集]

アップルのプログラマ、ビル・アトキンソンが開発したHyperCardMacintosh標準ハイパーテキスト作成ツール)がマルチメディアオーサリングツールの元祖であるといわれている。HyperCardは、ゲームなどの作品制作はもちろんのこと、ペイントツールのような、れっきとしたプログラム(イベント駆動型プログラミングオブジェクト指向プログラミング )も作ることが出来る。その後、HyperCardを基にしたSuperCardや、Oracle Media Objects (OMO) など、数々のマルチメディアオーサリングツールが出回った。日本ではパソコン通信全盛期にはMASLRayFILLYといったマルチメディアオーサリングツールが主流であった。富士通FM TOWNSにはTownsGEARというマルチメディアオーサリングツールが付属していたが、その後アドビシステムズDirectorFlashが主流になった。

eラーニングのコンテンツとして、Microsoft Office PowerPointのスライドと、それを発表している様子を撮影した動画を合成する各種ソフトウェアも、オーサリングツールであり、合成作業自体を「オーサリング」と読んでいる。

オーサリングツール一覧[編集]

光学メディア[編集]

VideoStudio (CorelUlead Systems)
ノンリニア動画編集ソフトウェア。X4でオーサリングソフトMovieWriter (旧DVD MovieWriter、海外名DVD MovieFactory)のオーサリング機能が統合された。ブルーレイのオーサリングにはBD packが必要となる。
MovieWriterは統合後も並列してリリースされていたが、その後、開発終了となった。
Scenaristドイツ語版 (Scenarist, LLC[1]Rovi Corporation (現TiVo Corporation)[1]Sonic Solutions英語版及びその子会社のSonic Studio英語版ダイキン[2])
DVD及びBDに対応するオーサリングソフトウェア。Sonic DVD Creator及びSonic DVD Producerの後継製品。民生向けとして、Roxio (現在Corel子会社)の販売するMyDVDがある。
以前は民生向けとして、DVD Fusion、DVDit!、Reel DVDなども存在した[2]。また、Avid Media ComposerにはAvid DVD by Sonicが付属していた。
TMPGEnc Authoring Works (Pegasys)
DVD及びBDに対応するオーサリングソフトウェア。
VEGAS DVD Architect (MAGIX ← Sony Creative Software ← Sonic Foundry)
DVD及びBDに対応するオーサリングソフトウェア。Vegas Proに付属している。
Sony Blu-print (Sony Creative Software)
BDオーサリングソフトウェア。
EDIUS (グラスバレー ← トムソン・カノープス ← Canopus)
ノンリニア動画編集ソフトウェア。DVD及びBDのオーサリングに対応している。
DVDStyler英語版
オープンソースのDVDオーサリングソフトウェア。ライセンスはGPL。

開発停止中[編集]

Adobe Encore (Adobe)
DVD及びBDに対応するオーサリングソフトウェア。Adobe Premiere Pro CS6に付属されていたが、Adobe Creative Cloudで廃止となった。
DVD Studio Pro英語版 (Apple)
Mac用のDVDオーサリングソフトウェア。
DivX Author (NeuLion←DivX, LLC英語版←DivX, Inc.←DivXNetworks, Inc.)
DVD等に対応するオーサリングソフトウェア。
DVDforger
オープンソースのDVDオーサリングソフトウェア。ライセンスはGPL。
DVD Flick
オープンソースのDVDオーサリングソフトウェア。ライセンスはGPL。

映画[編集]

Web動画[編集]

多くの動画エンコードソフトウェアは標準でYoutubeやFacebookなどへの動画のオーサリングに対応している。

360度動画[編集]

Spatial Media Metadata Injector (Google)
Youtube用のメタデータ付加ツール。

HDR動画[編集]

YoutubeのHDR動画は、H.264 10bit、ProRes 422、ProRes 4444、DNxHR HQX、VP9 profile 2のどれかのコーデックにエンコードする必要があり[3]、また、動画コンテナにはHDRメタデータを付加する必要がある[3]。GoogleはYoutube用のHDRオーサリングツールとしてDaVinci Resolveの使用を推奨している[3]

NetflixのHDR動画はIMF形式を採用している。IMF形式の出力に対応するオーサリングソフトウェアには、easyDCP Creator[4]、Wailua[5]、asdcplib[6]などがある。

ストリーミング[編集]

マルチメディア[編集]

Adobe Animate (Adobe Systems)
Adobe Flash及びWebGLのオーサリングが可能。旧Adobe Flash Professional。
Adobe Director (Adobe Systems)
Adobe Shockwave形式のオーサリングが可能。
MatrixEngine Studio
MatrixEngine及びWebGLのオーサリングが可能。過去には民生版のDigitalLocaも存在した。
Clickteam Fusion (Clickteam英語版)
HTML5へのオーサリングが可能。旧Klik & Play←Click & Create←Multimedia Fusion。

開発停止中[編集]

ZOOMA (ソフマップエフデザイン)
旧MADO、QUOVIS。
easy driver (パナソニック システムネットワークス及び日本システムウエア)
オーサリングは独自形式となっており、独自Webプラグインでの再生にも対応していた。

e-learning[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Scenarist, LLC Acquires Authoring Technology Business Wire 2014年9月23日
  2. ^ a b REGISTRATION STATEMENT UNDER THE SECURITIES ACT OF 1933 SONIC SOLUTIONS アメリカ証券取引委員会 2001年9月14日
  3. ^ a b c Upload High Dynamic Range (HDR) videos Google
  4. ^ What is IMF and does easyDCP Creator support it? Fraunhofer IIS
  5. ^ CineCert’s DCP/IMF Mastering solutions, Wailua and Anini, certified for Dolby Atmos CineCert 2014年10月20日
  6. ^ DOWNLOAD ASDCP CineCert