VirtualDub

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VirtualDub
開発元 Avery Lee
最新版 1.9.11 / 2010年12月24日
最新評価版 1.10.2 / 2012年6月3日
対応OS Windows
種別 動画編集ソフトウェア
ライセンス GNU General Public License
公式サイト virtualdub.org
テンプレートを表示

VirtualDub(バーチャルダブ)は動画編集・キャプチャーカードやWEBカメラなどから動画キャプチャーが行えるソフト、エンコーダーGPLで配布されている。

機能を拡張したVirtualDub-MPEG2VirtualDubModなどの亜種(改造版)も存在している。

概要[編集]

AVIファイルフォーマットに対応した動画編集ソフト。VBRエンコードされたMP3MPEG-1の読み込みを標準でサポート。プラグインでの拡張によりその他のフォーマットも読み込めるようになる。バージョン1.7からはスマートレンダリングにも対応した。2004年9月のバージョン1.6から32bit版と64bit版が配布されている。コマンドライン版も付属する。

特許問題[編集]

ASFファイルフォーマットはマイクロソフト社が米国特許を取得している(US patent 6041345)。VirtualDubはASFファイルの読み込みに正式対応していたが、マイクロソフト社側からクレームを受けたため、それ以降はASFファイル非対応となり、ソースコードには 「microsoft no baka!」と記述されている。

フィルター[編集]

30種以上のフィルターが内蔵されているが、フィルターファイル(*.vdf)をpluginsフォルダに入れることにより追加することができる。

入力プラグイン[編集]

プラグインファイル(*.vkf/*.vdplugin)を追加することで各フォーマットの読み込みに対応できる。32bit版はplugins32フォルダを作成、64bit版はplugins64フォルダを作成しプラグインファイルを入れる。

読み込みエラーが出る場合はffdshowのvfwの設定で該当コーデックを有効にしておくなどすると良い。必ず読み込めるとは限らず不安定な場合もあるので注意が必要。

32bit版

64bit版

改造版[編集]

開発が終了したものも含む。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n fccHandler's stuff
  2. ^ Moitah.net
  3. ^ http://www.tateu.net/software/
  4. ^ VirtualDubフォーラム内
  5. ^ http://arenafilm.hu/alsog/vdr3d/
  6. ^ a b VirtualDubフォーラム内

外部リンク[編集]