Ogg Media

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ogg Media
拡張子 .ogm
開発者 Tobias Waldvogel
種別 コンテナフォーマット
包含物 動画音声字幕
派生元 Ogg

Ogg Media(オッグメディア)はトビアス・ウォールドボーゲルOggの仕様を元に個人開発した動画ファイルフォーマット拡張子は.ogmで、OGMファイルやOGMコンテナと呼ばれている。

MP3よりも高音質であるとされるVorbisを動画の音声部分に使えるのが最大の特徴であった。

Oggプロジェクトとはコンテナレベルの互換性はあるものの、完全に独自に作られた仕様のため、Oggプロジェクト公式ではサポートされていない。

開発は事実上終了しているが、後継的な存在としてMatroskaがある。

特徴[編集]

  • Vorbisオーディオ対応 (AVIはVorbisオーディオに非対応[1])
  • キーフレーム単位での高速シーク
  • チャプター(頭出し機能)
  • 多言語字幕(SRT)
  • 様々な形式の複数のオーディオトラック(MP3、AC-3AAC、Vorbis、LPCM)
  • 不完全ファイルでも再生可能

コーデック[編集]

XvidとVorbisの組み合わせで使われることが多かった。 音声はVorbisだけでなく、MP3なども使用可能である。

  • (XviD+Vorbis).ogm
  • (DivX+MP3).ogm

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AVIフォーマットはCBRが前提であり、パテントの制限で疑似CBRまで対応していないVorbisは利用できなかった。同様の理由で、VBRなMP3もAVIで取り扱うことは難しい(ハックで対応している)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]