シーク (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シーク(seek)とは、物理的な駆動部分のあるコンピュータ記憶装置において、データを読み込むためのヘッダあるいはピックアップレンズが、目的の書き込み・読み取りのエリアまで一気に移動すること。これによりランダムアクセスが可能となる。FDDMOHDD、CD・DVDなどの光ディスクはこれに対応している。磁気テープやクイックディスクは対応していない。シークの可否とトラックが同心円か渦巻かは無関係である。

また、シーク(ヘッダあるいはピックアップレンズの移動)にかかる時間をシークタイムと呼ぶ。シーク中はデータを読み込むことができないため、同じ転送速度ならシークタイムが短いほど高速な読み込みができる。

関連項目[編集]