TMPGEnc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TMPGEnc
作者 堀浩行
開発元 株式会社ペガシス
対応OS Microsoft Windows
種別 動画編集ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
公式サイト 株式会社ペガシス
テンプレートを表示

TMPGEnc(ティーエムペグエンク[注釈 1])は、現在は株式会社ペガシスが販売しているMPEG映像作成・編集ソフトウェア、及びそのシリーズの名称である。Microsoft Windows用のみ。Tsunami MPEG Encoderの略。

歴史[編集]

1998年頃に堀浩行が1人で開発を始めた。当時堀は17歳だったという。MPEG-1圧縮ソフトとして始まり、ビデオCDMPEG-2フォーマットに対応するなど改良した。フリーウェアでありながら高画質・高機能で、一般ユーザーに広い支持を受けるのみならず、ゲームソフトのムービー作成などプロにも使用されてきた。『グランツーリスモ3』や『鬼武者』などで採用されたことが知られている。

2000年、フリーウェアでMPEG-2作成機能を備えることはMPEG-LAの特許に抵触するというクレームがつき、MPEG-2への対応が外される影響が出た。2001年プロジー(後にライブドアに吸収)からMPEG-2対応など高機能な有料版「TMPGEnc Professional」の発売が決まったが、結局実現しなかった。

2001年、堀らが株式会社ペガシスを設立し、MPEG-2に対応した「TMPGEnc Plus」を発売した。MPEG-2作成機能を期限付きにした無料版TMPGEncも引き続き公開されている。

その後、DVD-Video作成ソフト「TMPGEnc DVD Author」、TMPGEncを進化させた「TMPGEnc XPress」、MPEGカット編集ソフト「TMPGEnc MPEG Editor」などを発売。TMPGEncの開発で培ったノウハウを活かし、高機能ながら操作性がシンプルでファンが多い。

また、XPressではStreaming SIMD ExtensionsなどCPUの拡張命令(SIMD)への対応が素早いことでも知られている。さらに2008年にはCUDAへの対応も果たした。上記のようにエンコードした動画を楽しむ他に、CPUまたはGPUの性能を測る検証目的としても使われることも多い(もっとも他社製品に比べて高速というわけではない)。

近年はハイビジョン映像やBlu-ray Disc等への対応も進めているが、他の動画編集ソフトと同様にデジタルテレビ放送の録画を取り扱うことができず(著作権保護目的で暗号化が施されるため)、本来の力を発揮できていないのが現状である。

XPressにおいて、多数のハイビジョン動画をバッチエンコードしようとするとメモリ不足が発生したり、動作が不安定になる場合がある。これは大量のメモリを必要とするハイビジョン動画エンコードにも関わらず、全バッチ処理を1プロセス上で行っているため、仮想メモリアドレスそのものが足りなくなるためで、メモリ増設をしたり64bitOS上で動かしても解消しない。このような場合で、どうしても同時にエンコードを行いたい場合、バッチエンコードに登録せず、直接エンコードを行うことで解消できる場合がある。この現象はTMPGEnc Video Mastering Worksにおいてはエンコード部をマルチプロセスに改良することによって改善された。

製品群[編集]

  • TMPGEnc Video Mastering Works
    TMPGEnc XPressの機能を更に大幅進化させたエンコーダ。2011年1月12日に最初のバージョンである5がリリースされた。H.264エンコーダにオープンソース開発のx264を採用。MKVファイルやWebMファイルにも対応している。タイムライン編集にも対応。
  • TMPGEnc Authoring Works
    TMPGEnc DVD Authorの後継として発売されたDVD/BD-Videoオーサリングツール。2008年10月に最初のバージョンである4が発売。2012年1月12日に最新版バージョンである5がリリースされる。BDMV形式の書き出しに対応。
  • TMPGEnc MPEG Smart Renderer
    TMPGEnc MPEG Editorの後継として発売されたカット編集ツール。2012年8月に最初のバージョンである4が発売。あらたにH.264/AVCのスマートレンダリング(必要最小限の箇所のみ再エンコードして画質の劣化を抑えフレーム単位の編集を可能にする)に対応した。BDAV形式の書き出し・追記も可能。
  • 萌えぺぐえんく
    TMPGEnc XPress/TMPGEnc DVD Authorをベースにアニメの圧縮に特化したエンコーダ。丸紅インフォテックが発売。
  • Movie to Portable / TMPGEnc Movie Style
    iPodPSPなど外部機器との連携に特化したエンコーダ。
  • TMPGEnc Movie Plug-in MPEG-2 for EDIUS
    グラスバレー(旧トムソン・カノープス)の映像編集ソフトEDIUS専用。TMPGEncのエンジンを使用してMPEG2出力が可能になる。同社のFirecoder Bluや東芝のノートパソコン「コスミオ」等に搭載されているSpursEngineハードウェアによる高速化にも対応。EDIUS Pro5/Neo2 Booster用とEDIUS 6/Neo3用がある。
  • これらの製品の機能限定版やOEM版も複数存在する。

開発を終了した製品群[編集]

  • TMPGEnc期限付き無料版 / TMPGEnc Plus (有料)
    初期バージョンの流れを汲むエンコーダ。外部のコーデックを使用すればDivXなどのMPEG以外のエンコードも可能である。2008年5月29日リリースのv2.525が最終バージョン。バージョン3からはXPressへ移行し開発終了したが、3.0 XPressのリリース後も愛用者が多かった。なお、TMPGEnc無料版は現在も入手可能だが、商用利用は禁じられている。2015年9月30日をもってTMPGEnc Plusの販売が終了予定となっている。
  • TMPGEnc XPress
    TMPGEncの機能を大幅に進化させたエンコーダ。2004年に最初のバージョンである3.0 XPress、2006年に4.0 XPressがリリースされた。ドルビーデジタルWMV、XDVD(後述)、HDV準拠のハイビジョンMPEG-2、MPEG-4/H.264Flash Video(要・有料プラグイン)など多数のフォーマットに対応する。バージョン5からはVideo Mastering Worksへ移行し、開発終了。
  • TMPGEnc DVD Author
    2003年に発売されたDVD-Videoオーサリングツール。TMPGEncの流れを汲む直観的なカット編集機能を持つ。v1.xは評価の高い製品ではなかったが、2005年に発売されたv2.0では編集機能を大幅に進化させスマートレンダリングやトランスコード(再エンコードに比べて画質劣化を抑えながらビットレートを下げる)機能を搭載した。2006年に「DVD Author 3 with DivX Authoring」が公開され、DVD-Videoと同様にメニュー機能等を持つDivX Ultraに対応した。バージョン4からはAuthoring Worksへ移行し、開発終了。
  • TMPGEnc MPEG Editor
    TMPGEnc無料版に搭載されていたMPEGカット編集ツールを進化・独立させたソフトウェア。2004年発売。スマートレンダリング(必要最小限の箇所のみ再エンコードして画質の劣化を抑えフレーム単位の編集を可能にする)を搭載。後にHDVDVD-VRBDAV形式の編集・書き出しにも対応。

関連事項[編集]

  • XDVD
    MPEG-2のGOPの長さをDVD-Video準拠の18フレームから60フレーム以上に拡張した独自規格。DVD-Videoの規格からは外れているが一般的なDVDプレーヤーで再生できる場合が多い。圧縮率を最大2倍にまで高めることができ、特に低ビットレートで効果が高いが、エンコードが低速なことやDivX・MPEG-4等に比べてメリットが少ないことなどでほとんど普及していない。
  • L.E.A.P.System
    2004年以降のTMPGEncシリーズで導入されたアクティベーションシステム。インターネット認証を利用した強固な海賊版対策を施しているが、既にクラックされネット認証をスキップできる海賊版が出回るようになった。外販されているが導入事例は多くない。RPGツクールXP/VXが本システムを採用している。

注釈[編集]

  1. ^ Encは「エンコ」と発音されることもあるが、公式には「エンク」が正しい

関連項目[編集]

外部リンク[編集]