VSDCフリービデオエディタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
VSDCフリービデオエディタ
VSDC logotype.png
VSDCのスクリーンショット.png
VSDCのインターフェースのスクリーンショット
開発元 Flash-Integro LLC
最新版 5.5.0 / 2016年09月27日
対応OS Windows
種別 ビデオ編集ソフトウェア
ライセンス フリーソフトウェア
公式サイト www.videosoftdev.com/jp
テンプレートを表示

VSDC Free Video Editor(VSDCフリービデオエディタ)はFlash-Integro LLCが開発したノンリニア編集ソフトウェア[1]。このプログラムはハイビジョンスーパーハイビジョンを含む様々なフォーマットにデジタルビデオやデジタルオーディオファイルを編集するために設計され、プロ仕様のポストプロダクション効果を提供する。同様に画面キャプチャー、音声の録音、ディスクの書き込み、サポートされているフォーマットにマルチメディアファイルを保存してOneDriveFacebookVimeoYouTube、等に投稿することができる[2]

レイアウト[編集]

VSDC フリービデオエディタはMicrosoft Windows2000/2003/XP/Vista/7/8/10に対応しており、特別なハードウェアを必要としない[3]

そのレイアウトは、タイムライン、シーン、ステータスバー、クイックアクセスツールバー、編集ツール(標準ツール、ペーパーツール、レイアウトツール)、メディアライブラリ(ビデオ効果、オーディオ効果、トランジション)を含むコマンドバー、プロパティウィンドウ、リソースウィンドウから成る。タイムライン領域には、フレーム単位、秒単位のトラックと調整可能なレイヤーレイアウトがある。ウィザードシーケンス機能は、トランジション効果を提供し、シーンにデジタルオブジェクト機能を明らかにしている[4]

映像のインポート[編集]

ユーザーはビデオ、オーディオや画像をハードディスクからインポートし、カメラやPC画面からビデオキャプチャーすることもできる。

サポートしているインポートのフォーマット:

動画形式: AVI、QuickTime (MP4/M4V3GP/2G2、QuickTime File Format)、HDVideo/AVCHD (.m2ts|MTS]、.m2ts|M2TS、TS、MOD and TOD|MOD、MOD and TOD|TOD)、Windows Media (WMVASF、DVR-MS)、DVD/VOB、VCD/Super Video CD|SVCD、MPEG/MPEG-1/DAT、Matroska Video (MKV)、Real Media Video (RM、RMVB)、Flash Video (SWF、FLV)、DVAMV、MTV、NUT、H.264/MPEG-4MJPEGH265/HEVC

音声フォーマット: MP3/ MP2、WMA、M4A、AACFLACOgg、RA、RAM、VOC、WAVAC3、Audio Interchange File Format|AIFF、MPA、AU、APE、CUE、CDA、FLAC

イメージフォーマット: BMP file format|BMP、JPEG/JPGPNGPSDGIF、ICO、CUR。

編集と出力の編集[編集]

どんなデジタルオブジェクトでも、タイムライン上のどこにでもドラッグ&ドロップすることができる。タイムライン上で、ビデオは複製、分割、カット、ミュート、クロップ、反転、回転、逆再生、リサイズ等することができる。速度を上げるまたは速度を下げる。オーディオで、振幅とディレイ、フィルタ、テンポとレートの変更、反転効果等を体験できる[5]。VSDCフリービデオエディタは、ハードディスクにターゲットデバイスに基づいて(パーソナルコンピュータ携帯機器siPhone/iPod、MP3/MP4、Blackberry、等)解像度と共に出力ファイルを保存できるし、ビットレートや、フレームレートや、画質を調整し、DVDに書き込める。[6][7]

効果およびトランジション[編集]

動画の編集[編集]

  • 動画やオーディオをカット、分割、結合する;
  • 速度を変更する;
  • ビデオファイルはオーディオトラックとビデオトラックに分割して、別々のオブジェクトとして編集する;
  • テキストと字幕を挿入;
  • 統合されたビデオダウンローダー;
  • 統合された変換ツールは20以上のフォーマットをサポートしている;
  • 統合されたスクリーンレコーダー;
  • スライドショーウィザードは、1つのオブジェクトを他のオブジェクトにスムーズに進行させ、2つのビデオファイルや画像ファイルをディゾルブやオーバーラップさせるために70以上のトランジションを提供する;
  • ズーム効果 - 画像を拡大または縮小する;
  • スナップ - 動画の特定の瞬間をキャプチャーする。

高度な編集[編集]

  • ブレンドモードとマスクツールをサポートしている;
  • 色補正のためにInstagramのようなフィルタやクイックスタイルツール;
  • 色補正(明度、暖かさ、コントラスト、彩度、ガンマ等) - 動画や画像の色調範囲、色、鮮明度を調整できる;
  • グレースケール効果は、モノクロのビデオイメージを作成する;
  • TVの効果(エイジングTV、壊れたTV、ノイズTV)- それは古いプロジェクターで再生されていたかのように、ビデオに傷、ノイズ、揺らすとほこりを発生させる。または古い映画の効果を作成したり、ビデオの画面の下の部分から発生し、中に消えつつあるときに引き裂かれたフィルム映像効果を作るのいずれか;
  • ぼかしとシャープ - 視覚的に画像をスムーズにする、またはビデオ画像のピントを合わせる;
  • ピクセル化 - モニタ装置の解像度よりもデジタル画像の拡大を模倣する;
  • オーディオ振幅の効果(正規化、フェードイン、フェードアウト、増幅)は、オーディオトラックの修正に役立つ;
  • コーラスが歌うように、オーディオトラックはディレイやタイムストレッチ効果を利用し、逆再生することができる;
  • 複数のオーディオトラックを同時に使用する;
  • スプライトオプション ― いくつかのオブジェクトはタイムラインのスペースを節約し、必要な効果を適用するために、シーンでスプライトに集めることができる;
  • 移動 - シーン上のオブジェクトは、設定された軌跡に従って移動する;
  • アニメーション - オブジェクトの順序の表示によって、シーンで静的なオブジェクトを移動して変更する;
  • クロマキー - 半透明のビデオオーバーレイを追加すると、その一部のみが表示され、残りのすべてが消えてその下のビデオが表示される;
  • 複合データを最適に表示するために、パイ、レーダー、トーラス、バー、バブル、スプライン、ステップライン、スプライン領域、ファンネル、ピラミッドなどの3Dチャート;
  • 出力ファイルへの著作権情報レコード;
  • 2kおよび4K解像度のビデオを編集する。

バージョン[編集]

VSDCフリービデオエディタは最初に2012年にリリースした.

バージョン 更新
2.0.1 振幅補正: フェードイン、フェードアウト、音量;

ディレイ: フランジャー、コーラス、遅延、フェイザー、ビブラート、残響

オーディオフィルタ: オーディオフィルター:ローパス、ハイパス、ノッチ、バンドパス、ローシェルフ、ハイシェルフ、ピーキング、ワウワウ;

特殊効果:消音、反転;

2.1.1 70編集テンプレート、半透明のGIFのサポート、アルファのあるJPEG2000、PNG写真のサポート;

メモリー必要量を減らした;

ビデオキャプチャーやレコーディングユーティリティが更新した;

2.1.5 タイムラインを最適化した、動画処理と変換の速度を増加した
2.1.8 ウィザードでフィルターを適用する可能性;

ウィザードでオブジェクトを編集する可能性;

エクスポートの速度を増加した;

2.1.9 オブジェクトはスムーズなアニメーションを作成できるようにサブピクセルの正確度で表示される;

移動構成の原則を改訂した、加速移動を含めて、さまざまな移動のタイプを追加した;

エクスポート原則が更新された、HD動画および高フレームレートの動画のサポート;

2.2.0 アニメーションのオプションを追加した可能性 (いくつかの画像からアニメーションを作成する);

動画はプレビューの間に再生と変換の速度が増した;

2.2.2 半透明の動画のサポート;

PNG、lossless JPEG、GIFのフォーマットが追加された;

MP4、FLV、SWF、GIFのフォーマットが追加された;

「クイックスタイル」が追加された;

SRT字幕のサポート;

SSE2テクノロジーのおかげで、半透明のオブジェクトを表示のためにアルゴリズムの速度が二倍にした;

タイムラインの作業原則を最適化した – タイムライン以内でオブジェクトをコピーできる;

ドラッグアンドドロップのインターフェースが追加された;

2.3.0 動画変換器埋め込んだ;

ディスク書込みツールを埋め込んだ;

動画のダウンロード埋め込んだ;

ウィザードのオプションが改善された;

メモリ管理を最適化した;

マルチスレッドのサポートが改善された: プレビューは、2つ以上のコアを使用するCPUでスムーズになり、変換速度は4つのコアを持つCPUで50-100パーセントに高くなる;

フィルタを追加した:自動ガンマ(自動的なガンマ補正)、自動ガンマ分布(自動ガンマフィルターの後で最初のガンマ値を復旧する)、メジアン(メジアンフィルター)、ノイズ除去(ウィーナーフィルターに基づいているノイズに減少 - 一様なノイズを含めているイメージに適応のフィルターを適用する);

3.0.0 エディタはノンリニアになった;
3.1.0 使用許諾契約の変更 – 今製品は営利目的で利用できる;

軌道タイプが追加された;

削除した領域の削除と復旧はアシスタントの助力によってだけでなく編集処理の速度を増しているメインタイムラインも可能になった;

3.2.0 動画やオーディオのための波形のサポート;

ボリュームコントロールの改善;

3.3.0 スプライトの最適化;

オーディオとビデオの分割を追加した;

正確な編集のためにズーム可能なツールキットが追加された;

ボリュームコントロールを改善した(パーセンテージで管理できる);

2.0.1 振幅補正: フェードイン、フェードアウト、音量;

ディレイ: フランジャー、コーラス、遅延、フェイザー、ビブラート、残響

オーディオフィルタ: オーディオフィルター:ローパス、ハイパス、ノッチ、バンドパス、ローシェルフ、ハイシェルフ、ピーキング、ワウワウ;

特殊効果:消音、反転;

2.1.1 70編集テンプレート、半透明のGIFのサポート、アルファのあるJPEG2000、PNG写真のサポート;

メモリー必要量を減らした;

ビデオキャプチャーやレコーディングユーティリティが更新した;

2.1.5 タイムラインを最適化した、動画処理と変換の速度を増加した
2.1.8 ウィザードでフィルターを適用する可能性;

ウィザードでオブジェクトを編集する可能性;

エクスポートの速度を増加した;

2.1.9 オブジェクトはスムーズなアニメーションを作成できるようにサブピクセルの正確度で表示される;

移動構成の原則を改訂した、加速移動を含めて、さまざまな移動のタイプを追加した;

エクスポート原則が更新された、HD動画および高フレームレートの動画のサポート;

2.2.0 アニメーションのオプションを追加した可能性 (いくつかの画像からアニメーションを作成する);

動画はプレビューの間に再生と変換の速度が増した;

2.2.2 半透明の動画のサポート;

PNG、lossless JPEG、GIFのフォーマットが追加された;

MP4、FLV、SWF、GIFのフォーマットが追加された;

「クイックスタイル」が追加された;

SRT字幕のサポート;

SSE2テクノロジーのおかげで、半透明のオブジェクトを表示のためにアルゴリズムの速度が二倍にした;

タイムラインの作業原則を最適化した – タイムライン以内でオブジェクトをコピーできる;

ドラッグアンドドロップのインターフェースが追加された;

2.3.0 動画変換器埋め込んだ;

ディスク書込みツールを埋め込んだ;

動画のダウンロード埋め込んだ;

ウィザードのオプションが改善された;

メモリ管理を最適化した;

マルチスレッドのサポートが改善された: プレビューは、2つ以上のコアを使用するCPUでスムーズになり、変換速度は4つのコアを持つCPUで50-100パーセントに高くなる;

フィルタを追加した:自動ガンマ(自動的なガンマ補正)、自動ガンマ分布(自動ガンマフィルターの後で最初のガンマ値を復旧する)、メジアン(メジアンフィルター)、ノイズ除去(ウィーナーフィルターに基づいているノイズに減少 - 一様なノイズを含めているイメージに適応のフィルターを適用する);

3.0.0 エディタはノンリニアになった;
3.1.0 使用許諾契約の変更 – 今製品は営利目的で利用できる;

軌道タイプが追加された;

削除した領域の削除と復旧はアシスタントの助力によってだけでなく編集処理の速度を増しているメインタイムラインも可能になった;

3.2.0 動画やオーディオのための波形のサポート;

ボリュームコントロールの改善;

3.3.0 スプライトの最適化;

オーディオとビデオの分割を追加した;

正確な編集のためにズーム可能なツールキットが追加された;

ボリュームコントロールを改善した(パーセンテージで管理できる);

しきい値効果を改善した - 様々なモードがあり、アルファチャネルを使用;

ビット削減の効果が追加;

TV効果が追加された;

3.3.5 横棒グラフ、積み上げ横棒グラフー、ポイントグラフ、バブルダイアグラム、折れ線グラフ、散布図、高速折れ線グラフ、階段状グラフ、曲線グラフ、面グラフ、曲線面グラフ、積上げ面グラフ、スプライン積み上げ面グラフ、範囲の横棒グラフ、ガントグラフ、円グラフ、3D円グラフ、3Dトーラスチャート、レーダーポイントチャート、トーラスグラフ、折れ線レーダーチャート、レーダー面チャート、レーダースプラインチャート、レーダースプライン面チャート、じょうごグラフ、ピラミッドグラフ、3Dピラミッドグラフ、ハイローグラフ、ローソク足グラフ;

一つのダイヤグラムでまたは数個のダイヤグラムでいくつかのグラフを作成する(コンテキストで結合した);

データはエクセルファイルからインポート/エクセルファイルにエクスポート;

グラフの外見はカスタマイズ可能 ;

テンポや、速度や、ピッチを変更させるし、逆に再生させる効果が追加された;

自動保存とバックアップのサポート;

4.0.1 パフォーマンスが向上した;

APNGとGIFフォーマットを追加した;

SWFとGIF圧縮の最適化;

FLAC、iPhone Live Photosのサポート;

2kおよび4k動画やH265のサポート;

著作権情報のレコード.

5.0 プログラムのインターフェースのリスタイルを完了した - モダンフラットデザインに転換;

H264のコーデックのハードウェアアクセラレーション;

編集のために調整可能なパラメーターの設定  – オブジェクトとかアニメーションのためにカーブモーションパスを作成する;

最適化したアドバンスドの多色クロマキー;

インポートのフォーマットとしてH265/HEVCのコーデックを追加した;

5.1.2 テキストの編集を高めた;

全ての共通の字体や、フォントや、色んな文字符号化のサポート;

もっと柔軟なテキストの序文 - 自動的に調整可能なブロックにエディターのステージでテキストを入力できる;

別々に各自の文字にプロパティを設定する可能性;

H265/HEVCハードウェアアクセラレーション;

スペイン語でインターフェース;

5.5.0 マスクツールが追加された.必須の領域でイメージの半透明を変化させるし、ビデオの一定のパートに効果を追加させる;

ブレンドモードが追加された;

クイックスタイルにInstagramのようなフィルターが追加された;

ポルトガル語と日本語でインターフェースを追加した;

テキストオブジェクトを更新しました:上付き文字と下付き文字のスタイル、カーニング、ベースラインのシフトを追加した、下線および取り消し線のオプションを高めた、ウムラウト、数個の言語で強勢符が追加された;

シーンのコンセプトを変更した:今全ての視覚のオブジェクトは前にスプライトだけ使えた他の視覚のオブジェクトを含むことができる;

システムのクリップボードの処理が追加された - クリップボードから画像を挿入するだけではなくオプションはクリップボードにコピーしたリンクから動画/オーディオ/画像を挿入できる。

脚注[編集]

  1. ^ IT-park resident
  2. ^ A powerful (but complex) video editor”. www.pcadvisor.com. PCadvisor. 2015年9月16日閲覧。
  3. ^ [1], How to choose reliable and hassle free video editing software? - PCadvisor.co.uk review, July 2016
  4. ^ Version 4.0.1”. videohelp.com. 2016年4月20日閲覧。
  5. ^ Editor's review”. download.cnet.com. 2013年9月閲覧。
  6. ^ Best Video Editing software 2016”. Techradar.com. 2016年4月11日閲覧。
  7. ^ VSDC Free Video Editor, editorial review”. siftware.informer.com. 2015年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]