alom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
alom
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル テクノポップ[1]
活動期間 2018年 - 2019年
レーベル FRAME
公式サイト alom オフィシャルサイト
メンバー 寺田真奈美
小室さやか

alom(アロム)は、寺田真奈美小室さやかによる日本テクノポップボーカルユニット[1]。所属レーベルはFRAME

alomの語源は「a lot of music」の頭文字を取ってつけられた[2]。「もっと音楽を」という意味であり、「人々にもっと音楽を聞いて欲しいという願いがこめられている[2]。また、オランダ語で「どこにでも」という意味もあり、「望めばどこにでもいける」という希望の意味もこめられたダブルミーニングとなっている[2][3]

メンバー[編集]

名前 読み 誕生日 出身地
寺田真奈美 てらだ まなみ 1993年5月16日 滋賀県
小室さやか こむろ さやか 1995年4月19日 東京都

略歴[編集]

2017年、テレビアニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』のエンディングテーマを歌う女性2人組のユニットを作ることを目的としていたオーディションを経て結成[3][4]

2018年1月21日東京ビッグサイトにて開催されたイベント『イナズマイレブン大復活祭』で初披露し、同アニメのエンディングテーマである「恋する乙女は雨模様」を歌唱[5]6月15日発売の『ヤングガンガン』2018年13号で初グラビアを披露[6][7]6月20日にデビューシングル「恋する乙女は雨模様」をリリース[1]12月12日、初アルバム『イナズマ爆EDソングス』をリリース[8]

2019年10月29日、公式サイトで「今後の活動について、メンバー・スタッフ間で何度も話し合いを重ねた結果、個人としてそれぞれステップアップをしていくため」を理由に12月31日をもって解散することを発表[9][10]。翌2020年には小室が婚約および芸能界引退を発表した[11]

エピソード[編集]

  • 寺田は、小室の第一印象を「めっちゃかわいいやん」だったといい、万人受けしそうな顔だったので「alomのヴィジュアル担当はこのコに任せよう。イケるわ」と自信がついた瞬間であったという[12]。礼儀がしっかりしていて好感が持てたといい、「バカ真面目で抜けてる部分もあるんですけどね(笑)」と述べている[12]
  • 小室は、寺田の第一印象を「正直に言うと、ちょっと悪かったです(笑)」、「顔がちっちゃくてかわいかったから、負けたらどうしようって思ってました。私よりいっぱいファンがついたらどうしようとか(笑)」と述べており、「芸能の頂、獲ったる!」みたいな感じのタイプであったことから自身のことをライバル視していると思ってたという[12]。2018年のインタビューでは「全然そんなことなくて、というか、むしろ優しくて。ふたりのことをすごく考えてくれるし…。とにかく初めて会った時よりも今のほうが全然いいなって思います」と述べている[12]
  • 出会って初期のころは小室が人見知りで壁を作るタイプであるため、積極的に寺田の方から色んな話をしたという[12]。寺田から2017年の年末に居酒屋へ仲良くなろうと食事に誘い、食事中に話しかけたが、小室は警戒心からかプライベートな質問は聞き流すなど自身のことは話さなかったといい、その日の小室の寺田への印象は「めっちゃ喋るコだな、話終わらないな」と述べている[12]
  • 2017年夏のレコーディング時が初対面[7]。そのレコーディングでは、歌い方や声質が異なる高音域の小室と低音域の寺田であったが、お互いの音域に引っ張れる部分もあったものの、小室は「マッチしてる感覚が初めて歌ったときにあったので、その気持ちよさを感じることが出来たのはとても楽しいな」と述べている[3]
  • 2018年時点の目標について、寺田は「全国ツアーをしてみたい。アリーナツアー、武道館でライブができるように頑張りたい」[7]、小室は「紅白出場と武道館でのワンマンライブが目標です」と語っている[13]
  • 2019年時点の目標について、寺田は「やっぱりワンマンライブしたいかな。私たちからしたらすごく難しいんだけど、Zepp Tokyoとか赤坂BLITZとか、私たち世代のアーティストさんがやっているようなところでできるようになりたいですね」と語っている[14]。結果的に同年12月29日に渋谷ヒカリエにて開催の初ワンマンライブが解散ライブとなった[10]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン最高位[15]
CD+DVD盤 CD盤
1st 2018年6月20日 恋する乙女は雨模様 AVCD-55180/B AVCD-55181 121位
2nd 2019年4月24日 サマーゾンビ AVCD-55192/B AVCD-55193 148位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン最高位[15]
CD+DVD盤 CD盤
1st 2018年12月12日 イナズマ爆EDソングス AVCD-55186/B AVCD-55187 149位

配信楽曲[編集]

配信開始日 タイトル
2018年4月13日 恋する乙女は雨模様 -TVサイズ-
2018年10月6日 彗星ガールズ -TVサイズ-
2019年3月22日 サマーゾンビ -TVサイズ-

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期
恋する乙女は雨模様 テレビアニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』エンディングテーマ 2018年
彗星ガールズ テレビアニメ『イナズマイレブン オリオンの刻印』エンディングテーマ
サマーゾンビ 2019年
ようかい体操第一 ゲーム『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』エンディングテーマ

出演[編集]

テレビ番組[編集]

※はインターネット配信

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

ライブ・イベント[編集]

ライブ[編集]

出演日 タイトル 会場
2019年5月26日 alom ミニライブ&特典会 イオンモール土浦(茨城県)
2019年12月29日 alom 1st=LAST LIVE 〜さよなら、またね〜 渋谷ヒカリエホール ホールB(東京都)

合同ライブ[編集]

出演日 タイトル 会場
2018年1月21日 イナズマイレブン大復活祭 東京ビッグサイト(東京都)
2018年6月23日・24日 次世代ワールドホビーフェア'18 幕張メッセ国際展示場(千葉県)
2018年8月26日 イナズマイレブンフェス2018+日本代表発表会 ベルサール高田馬場(東京都)
2018年9月8日 イナズマ爆ライブ 〜First Live pugcat's & alom〜 AKIBAカルチャーズ劇場(東京都)
2018年12月15日 イナズマ爆ライブ vol.2
2019年3月31日 Anime Rave Festival VOL.4 SOUND MUSEUM VISION(東京都)
2019年4月6日 青赤パークsupported by XFLAG 味の素スタジアム(東京都)
2019年4月19日 栃木ブレックスVS秋田ノーザンハピネッツ ハーフタイライブ ブレックスアリーナ宇都宮(栃木県)
2019年4月30日 イナズマ爆ミニライブ 池袋RUIDO K3(東京都)
2019年5月4日 とちてれ☆アニメフェスタ2019 オリオンスクエア(栃木県)
2019年5月24日 俺特!THE LIVE vol.1 Daikanyama SPACE ODD(東京都)
2019年6月24日 TOKYO 12 LIVE 西永福JAM(東京都)
2019年7月28日 pugcat's×池田彩×alom SPECIAL THREE-MAN LIVE 渋谷REX(東京都)
2019年8月5日 OTODAMATSURI OTODAMA SEA STUDIO(神奈川県)
2019年8月17日 Community Stage ヤーマンスタジアム長居(大阪府)

リリースイベント[編集]

1stシングル「恋する乙女は雨模様」
出演日 会場
2018年6月23日 ららぽーと豊洲(東京都)
2018年7月1日 TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店(東京都)
タワーレコード池袋(東京都)
2018年7月7日 ニコニコ本社(東京都)
2018年8月4日 イオンモール八千代緑が丘(千葉県)
2018年8月18日 イオンモール川口(埼玉県)
1stアルバム『イナズマ爆EDソングス』
出演日 会場
2018年12月16日 ららぽーと新三郷(埼玉県)
2019年1月6日 イオンモール岡山(岡山県)
2ndシングル「サマーゾンビ」
出演日 会場
2019年4月23日 ニコニコ本社(東京都)
2019年5月1日 Space emo池袋(東京都)
2019年5月5日 アリオ鳳(大阪府)
2019年5月6日 イオンスタイル湘南茅ケ崎(神奈川県)
2019年5月25日 としまえん(東京都)
2019年6月2日 イオンモール春日部(埼玉県)

ファンミーティング[編集]

出演日 場所
2018年6月24日 コンテンツ3内スタジオ

イベント[編集]

出演日 タイトル 場所
2019年3月29日 alomと行くバスツアー

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c テクノポップユニット・alom、つんく♂が手掛ける楽曲でデビュー!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年6月1日). 2019年3月28日閲覧。
  2. ^ a b c 榑林史章 (2018年6月19日). “【インタビュー】alomが歌う『イナズマイレブン アレスの天秤』ED曲について直撃!「ハモリといったらalomと呼ばれるようになりたい」”. 超!アニメディア. 学研プラス. 2019年3月28日閲覧。
  3. ^ a b c 愛香 (2018年6月22日). “【インタビュー】ツインボーカルユニットalom、つんく♂作詞作曲の楽曲で豪華デビュー!”. UtaTen. IBGメディア. 2019年3月28日閲覧。
  4. ^ alom 「イナズマイレブン大復活祭」で初お披露目…見事なハモりで魅了”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2018年1月21日). 2019年4月7日閲覧。
  5. ^ 小室清佳「日本武道館でのワンマンライブが目標」 寺田真奈美とのユニット初お披露目”. SANSPO.COM. 産業経済新聞社 (2018年1月21日). 2019年4月7日閲覧。
  6. ^ ミステリアス新人デュオalom、初グラビアで美ボディを大胆披露”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2018年6月5日). 2019年4月7日閲覧。
  7. ^ a b c alom:アニメ「イナイレ」EDで話題の美女2人組 真逆な2人は息ぴったり”. MANTANWEB(まんたんウェブ). MANTAN (2018年6月17日). 2019年4月7日閲覧。
  8. ^ alom”. CDJournal. 音楽出版社. 2019年4月14日閲覧。
  9. ^ ボーカルユニット・alom、年内で解散「個人としてステップアップをしていくため」”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年11月3日閲覧。
  10. ^ a b 「alom」に関する大切なお知らせ”. alom オフィシャルサイト. エイベックス・エンタテインメント (2019年10月29日). 2019年11月3日閲覧。
  11. ^ 小室さやか婚約と芸能界引退を発表「温かい家庭を」”. 日刊スポーツ (2020年8月16日). 2022年1月5日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 「もっと見て。どんどん撮って!」 美女シンガーユニット・alomがグラビアで変貌?”. 週プレNEWS. 集英社 (2018年6月29日). 2019年4月11日閲覧。
  13. ^ alom、つんく曲でデビュー 目標は紅白と武道館”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年1月22日). 2019年4月11日閲覧。
  14. ^ alom、結成1年で縮んだ“距離” 「思うことは言い合う」互いに寄せる信頼”. ORICON NEWS. オリコン (2019年1月21日). 2019年4月11日閲覧。
  15. ^ a b alomの売上ランキング”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年4月14日閲覧。
  16. ^ anirecoTVの2019年1月7日のツイート2019年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]