1953年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルギー 1953年ベルギーグランプリ
レース詳細
1953年F1世界選手権全9戦の第4戦
Spa 1947.png
日程 1953年6月21日
正式名称 XV Grand Prix de Belgique
開催地 スパ・フランコルシャン, フランコルシャン, ベルギー
コース 恒久的レース施設
コース長 14.120 km (8.774 mi)
レース距離 36周 508.320 km (315.855 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 4:30.0
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ
タイム 4:34.0 (2周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 マセラティ

1953年ベルギーグランプリ (1953 Belgian Grand Prix) は、1953年のF1世界選手権第4戦として、1953年6月21日スパ・フランコルシャンで開催された。

1952年と1953年は通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションではなく、フォーミュラ2のレギュレーションが適用された。

レース概要[編集]

前戦オランダGPから2週間後、ベルギースパ・フランコルシャンで開催された。フェラーリワークスは前戦と変わらずアルベルト・アスカリジュゼッペ・ファリーナルイジ・ヴィッロレージマイク・ホーソーンの4台体制で、ノンワークスはルイ・ロジェがプライベーターとして参戦、エキュリー・フランコルシャンからジャック・スウォーターズシャルル・ド・トルナコが参戦。マセラティのワークスはファン・マヌエル・ファンジオホセ・フロイラン・ゴンザレスに加え、同じアルゼンチン人オノフレ・マリモンと地元ベルギー出身のジョニー・クレエの4台体制で、ノンワークスではエマヌエル・ド・グラッフェンリードがこのレースからプライベーターとして参戦。ゴルディーニは負傷で前戦を欠場したジャン・ベーラが復帰し、モーリス・トランティニアンハリー・シェルフレッド・ワッカーの4台体制。HWMは地元ベルギー出身のポール・フレール前年に続きベルギーGPにスポット参戦し、ピーター・コリンズとランス・マックリンとの3台体制。その他、ジョルジュ・ベルガーシムカ・ゴルディーニで、アルスール・レガーヴェリタスでそれぞれプライベート参戦し、エキュリー・ベルゲからアンドレ・ピレットコンノートで参戦した。

アルデンヌの森にあるサーキットに、10万人を超える観客が詰めかけた。予選はマセラティのファンジオが平均117mphを出しポールポジションを獲得し、アスカリの連続ポールポジションは5でストップした(インディ500を除く)。そのアスカリは2位で、3位のゴンザレスまでがフロントロー、2列目にはフェラーリのファリーナとヴィッロレージが占める。3列目はマセラティのマリモンと、フェラーリのホーソーン、ゴルディーニのトランティニアンの3人となった。ド・グラッフェンリードとクレエが4列目、トランティニアン以外のゴルディーニのワークスドライバーは5列目から6列目となった。

レースは、マセラティのゴンザレスとファンジオが飛び出し、両者に挟まれたフェラーリのアスカリはやや出遅れる。ゴンザレスは2周目に平均速度110mphの速さでファステストラップを記録し首位を独走するが、11周目にエンジントラブルでリタイアした。その2周後にはファンジオもエンジントラブルでリタイアし、アスカリがトップに立つ。ファンジオはクレエと交代して、8位から追撃にかかる。フェラーリ勢も16周目にはファリーナがエンジントラブルでリタイア、ホーソーンも28周目に燃料パイプの問題でペースを落としていく。これにより、アスカリとヴィッロレージによるフェラーリのワンツー体制となる。ファンジオは猛烈な追い上げを見せ、最終周にはヴィッロレージを抜き2位まで浮上するが、スピンを喫しクラッシュしてリタイア[1]となった。結果、アスカリとヴィッロレージによるフェラーリのワンツー・フィニッシュとなり、マセラティのマリモンが3位で初の表彰台に立った。プライベーターのド・グラッフェンリードとゴルディーニのトランティニアンがポイントを獲得し、ホーソーンは6位でポイント獲得に及ばなかった[2][3]

アスカリは9連勝(インディ500を除く)で、2位のヴィッロレージに12ポイント差をつけ、選手権を大きくリードした。インディ500で優勝したビル・ブコビッチが3位で、ゴンザレスはリタイアしたがファステストラップの1点を加算し4位で、首位アスカリとは18ポイント差となった。残りのフェラーリのドライバーであるファリーナとホーソーンが6ポイントで並んでいる。

エントリーリスト[編集]

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2 アルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレス オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ A6GCM-53 マセラティ A6G 2.0L L6 P
4 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ A6GCM-53 マセラティ A6G 2.0L L6 P
6 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ1 マセラティ A6GCM-53 マセラティ A6G 2.0L L6 P
8 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 P
10 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 P
12 イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 P
14 イギリスの旗 マイク・ホーソーン フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 P
16 フランスの旗 ジャン・ベーラ エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
18 フランスの旗 モーリス・トランティニアン ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
22 イギリスの旗 ランス・マックリン HWモータース HWM-アルタ 53 アルタ F2 2.0L L4 D
24 ベルギーの旗 ポール・フレール HWM-アルタ 53 アルタ F2 2.0L L4 D
26 イギリスの旗 ピーター・コリンズ HWM-アルタ 53 アルタ F2 2.0L L4 D
28 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ A6GCM-53 マセラティ A6G 2.0L L6 P
30 スイスの旗 エマヌエル・ド・グラッフェンリード エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ A6GCM-53 マセラティ A6G 2.0L L6 P
32 フランスの旗 ルイ・ロジェ エキュリー・ロジェ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 D
34 ベルギーの旗 ジョルジュ・ベルガー ジョルジュ・ベルガー シムカ・ゴルディーニ T15 ゴルディーニ 1500 1.5L L4 E
36 ベルギーの旗 アルスール・レガー アルスール・レガー ヴェリタス メテオール ヴェリタス 2.0L L6 E
38 アメリカ合衆国の旗 フレッド・ワッカー エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
40 ベルギーの旗 アンドレ・ピレット エキュリー・ベルゲ コンノート-リー・フランシス タイプA リー・フランシス 2.0L L4 E
42 ベルギーの旗 ジャック・スウォーターズ エキュリー・フランコルシャン フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 E
44 ベルギーの旗 シャルル・ド・トルナコ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo 500 2.0L L4 E
ソース: [4][5]
^1 —マセラティの6号車はクレエが13周走り、残りの周回は既にリタイアとなったファンジオが走った[6]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 4 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 4:30
2 10 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 4:32 +2
3 2 アルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 4:32 +2
4 12 イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 4:36 +6
5 8 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ
フェラーリ 4:39 +9
6 28 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン マセラティ 4:40 +10
7 14 イギリスの旗 マイク・ホーソーン フェラーリ 4:42 +12
8 18 フランスの旗 モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 4:45 +15
9 30 スイスの旗 エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 4:49 +19
10 6 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ マセラティ 4:50 +20
11 24 ベルギーの旗 ポール・フレール HWM-アルタ 4:52 +22
12 20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル ゴルディーニ 4:53 +23
13 32 フランスの旗 ルイ・ロジェ フェラーリ 4:56 +26
14 16 フランスの旗 ジャン・ベーラ ゴルディーニ 4:57 +27
15 38 アメリカ合衆国の旗 フレッド・ワッカー ゴルディーニ 5:03 +33
16 26 イギリスの旗 ピーター・コリンズ HWM-アルタ 5:03 +33
17 22 イギリスの旗 ランス・マックリン HWM-アルタ 5:14 +44
18 40 ベルギーの旗 アンドレ・ピレット コンノート-リー・フランシス 5:23 +53
19 36 ベルギーの旗 アルスール・レガー ヴェリタス 5:41 +1:11
20 34 ベルギーの旗 ジョルジュ・ベルガー シムカ・ゴルディーニ 5:58 +1:28
21 42 ベルギーの旗 ジャック・スウォーターズ フェラーリ No time
22 44 ベルギーの旗 シャルル・ド・トルナコ フェラーリ No time
ソース:[7][8]

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 10 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 36 2:48:30.3 2 8
2 8 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 36 + 2:48.2 5 6
3 28 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン マセラティ 35 + 1 Lap 6 4
4 30 スイスの旗 エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 35 + 1 Lap 9 3
5 18 フランスの旗 モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 35 + 1 Lap 8 2
6 14 イギリスの旗 マイク・ホーソーン フェラーリ 35 + 1 Lap 7
7 20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル ゴルディーニ 33 + 3 Laps 12
8 32 フランスの旗 ルイ・ロジェ フェラーリ 33 + 3 Laps 13
9 38 アメリカ合衆国の旗 フレッド・ワッカー ゴルディーニ 32 + 4 Laps 15
10 24 ベルギーの旗 ポール・フレール HWM-アルタ 30 + 6 Laps 11
11 40 ベルギーの旗 アンドレ・ピレット コンノート-リー・フランシス 29 + 7 Laps 18
Ret 6 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ
アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ
マセラティ 35 アクシデント 10
Ret 22 イギリスの旗 ランス・マックリン HWM-アルタ 19 エンジン 17
Ret 12 イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 16 エンジン 4
Ret 4 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 13 エンジン 1
Ret 2 アルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 11 スロットル 3 1
Ret 16 フランスの旗 ジャン・ベーラ ゴルディーニ 9 エンジン 14
Ret 26 イギリスの旗 ピーター・コリンズ HWM-アルタ 4 クラッチ 16
Ret 34 ベルギーの旗 ジョルジュ・ベルガー シムカ・ゴルディーニ 3 エンジン 20
Ret 36 ベルギーの旗 アルスール・レガー ヴェリタス 0 トランスミッション 19
DNS 42 ベルギーの旗 ジャック・スウォーターズ フェラーリ - 予選に出走せず
DNS 44 ベルギーの旗 シャルル・ド・トルナコ フェラーリ - 予選に出走せず
ソース:[9]

注記[編集]

第4戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1rightarrow blue.svg 1 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ 25
1uparrow green.svg 1 2 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ
13
1downarrow red.svg 1 3 アメリカ合衆国の旗 ビル・ブコビッチ 9
1uparrow green.svg 2 4 アルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレス 7
1downarrow red.svg 1 5 イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ 6
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時はチェッカーフラッグを受けなければ完走扱いとされず、順位が付かなかった
  2. ^ Belgian GP, 1953 Race Report”. Grandprix.com. 2014年6月24日閲覧。
  3. ^ 『F1全史 1950-1955』 林信次、ニューズ出版2000年、p.77。ISBN 4-89107-019-6
  4. ^ 1953 Belgian Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月6日閲覧。
  5. ^ 1953 Belgian GP - Entry List”. chicanef1.com. 2014年6月24日閲覧。
  6. ^ Belgian Grand Prix 1953 - Results”. ESPN F1. 2014年6月24日閲覧。
  7. ^ Belgium 1953 - Qualifications”. statsf1.com. 2014年6月24日閲覧。
  8. ^ 1953 Belgian Grand Prix - Qualifying and Race Results”. f1pulse.com. 2014年6月24日閲覧。
  9. ^ 1953 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1953年オランダグランプリ
FIA F1世界選手権
1953年シーズン
次戦
1953年フランスグランプリ
前回開催
1952年ベルギーグランプリ
ベルギーの旗 ベルギーグランプリ次回開催
1954年ベルギーグランプリ