リー・フランシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リー・フランシス社のラジエターに取り付けられたバッジ。社の略称「LF」と、海馬を組み合わせたものである

リー・フランシス (Lea-Francis) は、かつて存在したイギリス自動車メーカー。

19世紀末に自転車メーカーとして創業、オートバイメーカーを経て、第一次世界大戦後には比較的小規模なアッセンブリー自動車メーカーとなった。1920年代から1930年代にかけては高性能な上級小型車を製作、イギリスのレース界で縦横に活躍した。しかし大手メーカーの攻勢に抗しきれず、第二次世界大戦後の1954年までに一般市販車の製造を終了した。ブランドは紆余曲折を経て2000年代まで使用されている。

歴史[編集]

リチャード・ヘンリー・リーグラハム・イングルスビー・フランシスは1895年にコヴェントリー自転車の製造を始める。1903年には自動車の製造を始め、1911年にはオートバイも手がける。リー・フランシスは当初シンガー社のライセンスを受けて車を生産した。1919年になると彼らはコンポーネントを購入し、自身の車の生産を始めた。

1922年からリー・フランシスはサウスポートバルカンと提携して製造と販売を行った。バルカンはリー・フランシスに車体を供給し、その見返りにギアボックスとステアリングギアの供給を受けた。バルカン設計(および製造)の2種の6気筒エンジン搭載車はリー・フランシス14/40および16/60として販売され、同様にバルカンブランドでも販売された。この提携は、バルカンが自動車の製造を停止する1928年まで続けられた。

1928年 ハイパー

スポーツカーのイメージは1925年頃のハイパーやエース・オブ・スペード(エンジンのカムカバー断面の形状による通称)から登場した。ハイパー(またはSタイプと呼ばれる)はイギリス初のスーパーチャージャー搭載車両で、1.5リッターメドウズエンジンを搭載した。ハイパーは1928年のアルスターTTで優勝した。アルスターTTは北アイルランドの公道コース、アーズ・サーキットで30周(13.5マイル (21.7 km))の距離で行われ、優勝したのは伝説のドライバーと呼ばれるケイ・ドンであった。レースには25万人の観客が訪れ、リー・フランシスの勝利はしっかりと記録された。

保守的だがバランスの良いシャーシ設計に、強力なエンジンを組み合わせたリー・フランシス車は、レースフィールドで大いに活躍し、タフネスかつスポーティなブランドイメージを確立したものの、肝心の財務状況は良くならなかった。会社は1937年にジョージ・リークおよびR.H.ローズのような元ライレーのメンバーによって改組された。ローズはライレー12/4によく似たツインカムシャフト・OHVレイアウトの新型エンジンをリー・フランシス用に設計した。12HPおよび14HP(実際には12.9HP)エンジンは1937年に導入され、1939年に第二次世界大戦が始まるまで生産された。戦争が始まると同エンジンの生産は停止し、工場は戦争のための生産に注力し始めた。

戦後の自動車生産は1946年、戦前設計車を元に改良した物から始められた。14HPのサルーンおよびスポーツカーは豪華でスポーティーな車であり、人気もありかつ高価であった。

最終的に独立したフロントサスペンションと油圧ブレーキを導入して改良されたシャシーは、1950年には18HPのサルーンおよび2.5リッターのスポーツカーに使用され、どちらもよりパワフルな2.5リッターエンジンが搭載された。だが主力のサルーンは、R.H.ローズがかつてライレーで設計した同級エンジン搭載の量産車ライレー・RMシリーズと真っ向から競合するクラスで、ほぼ同等性能のRMに比べ5割も高価であり、競争力に乏しかった。1952年以来アールズ・コートで行われていた生産は、1954年に再び停止した[1]

14HPのスポーツシャシーの多くはコンノート・エンジニアリングに売却され、それらはL2およびL3スポーツレーシングカーとなった[2]。コンノートはフォーミュラ2用レーシングエンジンを開発し、リー・フランシスの設計を元にしたシングルシータ-レーシングカーのAタイプに搭載した。

リー・フランシス・リンクス

リー・フランシスはいくつかの注目すべきオートバイや車が織りなす歴史を持っていたが、定期的に財政難が訪れた。ヒルフィールズの生産拠点は1937年に放棄され、新たな会社に売却された。会社はコヴェントリーのマッチ・パーク・ストリートに移転し、同所で1962年まで営業を続けたが、最終的に倒産した。

リー・フランシスは操業を停止するまでほぼ10,000台の車を生産した。人々は1960年に生産されたリンクスを誰が購入するかに注目した。リンクスは3台が生産され、全てプロトタイプであった。チューブフレームの2+2ロードスターで、フォード・ゼファー用の2.6リッター直列6気筒エンジンを搭載した。イギリスのモーターショーに展示された車両は、藤色に塗られ、金色のトリムで装飾がなされていた[3]。強力なエンジンと4輪独立懸架の組み合わせは高度だったが、円形のラジエータグリルに代表される奇怪なスタイリングは酷評を受け、リー・フランシスの復活は成らなかった。

同社が所有する車の部品は1962年に債権者に手渡され、リー・フランシスは自動車生産事業から手を引いた。会社の資産は部品メーカーのクイントン・ヘイゼル株式会社が購入し、リー・フランシスのブランド名はバリー・プライス社が購入した[4]。プライス社は現存する車両に対するサービスと部品販売を継続し、リー・フランシスのブランド名で「エース・オブ・スペード」と呼ばれる車を生産している。これはジャガーのエンジンを搭載した2シータークーペである。

リー・フランシス 30/230 プロトタイプ

1998年にジェームズ・ランドルが設計した30/230と呼ばれるスポーツカーがモーターショーに展示され、リー・フランシスの名前が復活するのでは無いかと信じられた。しかしながら、プロトタイプが生産されただけで、計画は放棄された。

生産車種[編集]

1929年 11.9 Pタイプ
1951年 14エステート 当時のイギリスにおける高価な自動車税を免れるため、新車時点では窓なしのバンボディを架装したもの。ユーザーの手に渡ってから荷室窓をガラスに取り換えた。当時のイギリス製中級車でしばしば見られた事例
1949年 14スポーツ
1950年 2.5リッター スポーツ
モデル名 エンジン 製造年 生産台数
15 3,500 cc 3気筒 1905–1906
13.9 2,297 cc 直列4気筒 1920
11.9 1,944 cc 直列4気筒 1920–1922
Nine (Type C) 1,075 cc 直列4気筒 1920-1922
10 and 12 (Types D to O) 1,247/1,496 cc 直列4気筒 1923-1930 2350
12 (Types P to W) 1,496 cc 直列4気筒 1927-1935 1700
14/40 (and Type T) 1,696 cc 直列6気筒 1927-1929 350
16/60 1,990 cc 直列6気筒 1928-1929 67
Hyper 1.5 Litre Supercharged (Type S) 1,496 cc 直列4気筒 1928-1931 185
2 Litre Ace of Spades 1,991/2,244 cc 直列6気筒 1930-1936 67
12 and 13 1,496/1,629 cc 直列4気筒 1938–1940 83
12 1,496 cc 直列4気筒 1946-1947 13
14 1,767 cc 直列4気筒 1946-1954 2133
14 estate 1,767 cc 直列4気筒 1946-1953 916
14 Sport 1,767 cc 直列4気筒 1947-1949 118
14/70 1,767 cc 直列4気筒 1948-1951 162
18 2,496 cc 直列4気筒 1949-1954 69
2.5 Litre 2,496 cc 直列4気筒 1949–1953 77
Lynx 2,553 cc 直列6気筒 1960 3
Ace of Spades ジャガー 直列6気筒 1980-1990 6

今日リー・フランシス・オーナーズクラブには340名のメンバーが所属、420台が所有される。リー・フランシスの車は多くの国に輸出されたため、世界中のどこかに数多く存在すると思われる。

参照[編集]

脚註
  1. ^ Flammang, James M. (1994). Standard Catalog of Imported Cars, 1946-1990. Iola, WI: Krause Publications, Inc.. p. 369. ISBN 0-87341-158-7. 
  2. ^ Lawrence, Mike (1991). A to Z of Sports Cars. Bideford, Devon: Bay View Books. p. 187. ISBN 1-870979-81-8. 
  3. ^ Lawrence, pp. 187-188
  4. ^ Lawrence, p. 188
典拠

外部リンク[編集]