1951年フランスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランスの旗 1951年フランスグランプリ
レース詳細
1951年F1世界選手権全8戦の第4戦
ReimsKarta1926-1951.gif
日程 1951年シーズン第4戦
決勝開催日 7月1日
正式名称 XXXVIII GRAND PRIX DE L'A.C.F.
開催地 ランス・グー
フランスランス
コース長 7.816
レース距離 601.832
決勝日天候 Sunny, Hot, Dry
ポールポジション
ドライバー アルファロメオ
タイム 2:25.7
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ
タイム 2:27.8
決勝順位
優勝 アルファロメオ
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

1951年フランスグランプリ (XXXVIII GRAND PRIX DE L'A.C.F.) は、1951年F1世界選手権の第4戦として、1951年7月1日にランス・グーで開催された。アルファロメオをドライブするファン・マヌエル・ファンジオルイジ・ファジオーリが優勝したが、車両共有したドライバーが優勝した最初のグランプリであった。

レースはまた、「ヨーロッパグランプリ」として開催され、アルド・ゴルディーニアンドレ・シモンオノフレ・マリモンのデビュー戦でもあった。ファジオーリの優勝は彼にとって初のものであり、世界選手権で優勝した最高齢ドライバーという記録にもなった。これは2014年現在破られていない。

またこのレースは総距離が最長のF1グランプリである。4.856マイルのランス・グーを77周し、総距離は373マイルになった[1]

レース概要[編集]

レース開始から約10ラップで、ファンジオ車のエンジンが不調をきたす。ファンジオはピットインしマグネトーを交換したが、1周後に再び停止した。ファジオーリは給油のためストップしたが、チームは車を交換するよう命じた。フェラーリの給油ストップとトラブルで、ファンジオはリードを築き優勝することができた。ファンジオが最初にドライブしていた車を引き継いだファジオーリは22周遅れの11位でフィニッシュした[2]

エントリーリスト[編集]

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ SpA アルファロメオ アルファロメオ・159A アルファロメオ 1.5 L8s P
4 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ1 アルファロメオ アルファロメオ・159A アルファロメオ 1.5 L8s P
6 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ アルファロメオ・159 アルファロメオ 1.5 L8s P
8 イタリアの旗 ルイジ・ファジオーリ2 アルファロメオ アルファロメオ・159B アルファロメオ 1.5 L8s P
10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
12 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
14 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス3 フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
16 イタリアの旗 ピエロ・タルッフィ4 フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ 375 F1 4.5 V12 P
18 スイスの旗 トゥーロ・デ・グラッフェンリート エンリコ・プラーテ マセラティ マセラティ・4CLT-50 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
22 タイ王国の旗 プリンス・ビラ4 エキュリー・シャム マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
24 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド グラハム・ホワイトヘッド フェラーリ フェラーリ・125 フェラーリ 125 F1 1.5 V12s D
26 イギリスの旗 レグ・パーネル5 G. A. ヴァンダーヴェル フェラーリ フェラーリ・375 tw フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
28 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
30 フランスの旗 ロベール・マンヅォン エキップ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
32 フランスの旗 モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
34 フランスの旗 アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
36 フランスの旗 アルド・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T11 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
38 フランスの旗 フィリップ・エタンセラン フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
40 フランスの旗 ルイ・ロジェ エキュリー・ロジェ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
42 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
44 フランスの旗 ユージェン・シャブー6 ユージェン・シャブー タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-GS タルボ 23CV 4.5 L6 D
46 フランスの旗 イブ・ジロー・カバントゥ イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
48 フランスの旗 ギ・メレッス タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
50 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン スクーデリア・ミラノ マセラティ-ミラノ マセラティ・4CLT-50 ミラノ 1.5 L4s P
Sources: [3][4]
^1 - ファン・マヌエル・ファンジオは予選と決勝の15ラップをアルファロメオ4番車でドライブした。決勝の残り40ラップはルイジ・ファジオーリがドライブした[5]
^2 - ルイジ・ファジオーリは予選と決勝の20ラップをアルファロメオ8番車でドライブした。決勝の残り57ラップはファン・マヌエル・ファンジオがドライブした[5]
^3 - フロイラン・ゴンザレスは予選と決勝の35ラップをフェラーリ14番車でドライブした。自身の車が既にリタイアしていたアルベルト・アスカリが残り42ラップをドライブした[5]
^4 - ピエロ・タルッフィとプリンス・ビラはプラクティス前に撤退した[6]
^5 - レグ・パーネルは予選と決勝の全てをフェラーリ26番車でドライブした。ブライアン・ショウ・テイラーがプラクティスで走行したが、決勝には参加しなかった[7]
^6 - ユージェン・シャブーは予選と決勝の全てをタルボ・ラーゴ44番車でドライブした。リュシアン・ヴァンサンが交代ドライバーとしてリストアップされたが、グランプリには参加しなかった[7]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 24 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 2:25.7 -
2 2 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 2:27.4 + 1.7
3 12 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 2:28.1 + 2.4
4 10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 2:28.5 + 2.8
5 6 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ 2:28.9 + 3.2
6 14 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 2:30.8 + 5.1
7 8 イタリアの旗 ルイジ・ファジオーリ アルファロメオ 2:33.1 + 7.4
8 42 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 2:43.7 + 18.0
9 26 イギリスの旗 レグ・パーネル フェラーリ 2:44.0 + 18.3
10 38 フランスの旗 フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ-タルボ 2:44.8 + 19.1
11 46 フランスの旗 イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:45.7 + 20.0
12 28 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:46.6 + 20.9
13 40 フランスの旗 ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:48.0 + 22.3
14 44 フランスの旗 ユージェン・シャブー タルボ・ラーゴ-タルボ 2:49.6 + 23.9
15 50 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン マセラティ-ミラノ 2:49.9 + 24.2
16 18 スイスの旗 トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ 2:50.1 + 24.4
17 36 フランスの旗 アルド・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ 2:50.3 + 24.6
18 32 フランスの旗 モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ 2:50.4 + 24.7
19 48 フランスの旗 ギ・メレッス タルボ・ラーゴ-タルボ 2:58.4 + 32.7
20 24 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 2:59.0 + 33.3
21 34 フランスの旗 アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ 2:59.5 + 33.8
22 20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル マセラティ 3:02.0 + 36.3
23 30 フランスの旗 ロベール・マンヅォン シムカ・ゴルディーニ 3:06.0 + 40.3

決勝[編集]

順位 No 国籍 ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 8 イタリアの旗
アルゼンチンの旗
ルイジ・ファジオーリ
ファン・マヌエル・ファンジオ
アルファロメオ 77 3:22:11.0 7 4
5
2 14 アルゼンチンの旗
イタリアの旗
フロイラン・ゴンザレス
アルベルト・アスカリ
フェラーリ 77 + 58.2 6 3
3
3 10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 74 + 3 Laps 4 4
4 26 イギリスの旗 レグ・パーネル フェラーリ 73 + 4 Laps 9 3
5 2 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 73 + 4 Laps 2 2
6 42 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 71 + 6 Laps 8  
7 46 フランスの旗 イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ-タルボ 71 + 6 Laps 11  
8 44 フランスの旗 ユージェン・シャブー タルボ・ラーゴ-タルボ 69 + 8 Laps 14  
9 48 フランスの旗 ギ・メレッス タルボ・ラーゴ-タルボ 66 + 11 Laps 19  
10 6 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ 58 + 19 Laps 5  
11 24 アルゼンチンの旗
イタリアの旗
ファン・マヌエル・ファンジオ
ルイジ・ファジオーリ
アルファロメオ 55 + 22 Laps 1  
Ret 28 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 54 アクシデント 12  
Ret 40 フランスの旗 ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 43 トランスミッション 13  
Ret 38 フランスの旗 フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ-タルボ 37 エンジン 10  
Ret 36 フランスの旗 アルド・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ 27 エンジン 17  
Ret 20 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル マセラティ 23 オーバーヒート 22  
Ret 32 フランスの旗 モーリス・トランティニアン シムカ・ゴルディーニ 11 エンジン 18  
Ret 12 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 10 ギアボックス 3  
Ret 34 フランスの旗 アンドレ・シモン シムカ・ゴルディーニ 7 エンジン 21  
Ret 30 フランスの旗 ロベール・マンヅォン シムカ・ゴルディーニ 3 エンジン 23  
Ret 50 アルゼンチンの旗 オノフレ・マリモン マセラティ-ミラノ 2 エンジン 15  
Ret 18 スイスの旗 トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ 1 トランスミッション 16  
Ret 24 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 1 エンジン 20  

[編集]

  • 車両共有:
    • #8:ファジオーリ(20周)、ファンジオ(57周)。1位のポイントは両名で分けられた(ファンジオはファステストラップを記録し、ボーナス1ポイントを得た)。
    • #14:ゴンザレス(35周)、アスカリ(42周)。2位のポイントは両名で分けられた。
    • #24:ファンジオ(15周)、ファジオーリ(40周)。ファジオーリがファンジオの車でレースに復帰した時点で、既に20周遅れであった。
  • 本グランプリはヨーロッパグランプリとして開催された。
  • 初優勝:ルイジ・ファジオーリ
  • デビュー戦:アルド・ゴルディーニ、アンドレ・シモン、オノフレ・マリモン
  • ファジオーリはグランプリで優勝した最高齢ドライバーである(53歳)。

第4戦終了時点でのランキング[編集]

順位 ドライバー ポイント
1uparrow green.svg 1 1 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ 15
1downarrow red.svg 1 2 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ 14
1rightarrow blue.svg 3 アメリカ合衆国の旗 リー・ウォラード 9
1rightarrow blue.svg 4 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ 9
1uparrow green.svg 2 5 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ 8
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照[編集]

  1. ^ What was the longest Grand Prix of them all?”. Ask Steven - ESPNF1.com. 2012年6月23日閲覧。
  2. ^ Lang, Mike (1981). Grand Prix! Vol 1. Haynes Publishing Group. pp. p31. ISBN 0-85429-276-4. 
  3. ^ 1951 French Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月4日閲覧。
  4. ^ 1951 ACF GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年12月4日閲覧。
  5. ^ a b c French Grand Prix 1951 - Results”. ESPN F1. 2014年1月9日閲覧。
  6. ^ France 1951 - Result”. statsf1.com. 2014年1月9日閲覧。
  7. ^ a b France 1951 - Race entrants”. statsf1.com. 2014年1月9日閲覧。

Unless otherwise indicated, all race results are taken from The Official Formula 1 website”. 2007年6月5日閲覧。

前戦
1951年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1951年シーズン
次戦
1951年イギリスグランプリ
前回開催
1950年フランスグランプリ
フランスの旗 フランスグランプリ次回開催
1952年フランスグランプリ