1957年ペスカーラグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリア 1957年ペスカーラグランプリ
レース詳細
1957年F1世界選手権全8戦の第7戦
Circuit Pescara.svg
日程 1957年8月18日
正式名称 XXV Circuito di Pescara
開催地 ペスカーラ・サーキット
イタリアの旗 イタリア ペスカーラ
コース 公道コース
コース長 25.8 km (16.032 mi)
レース距離 18周 464.4 km (288.576 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 9:44.6
ファステストラップ
ドライバー イギリス スターリング・モス ヴァンウォール
タイム 9:44.6
決勝順位
優勝 ヴァンウォール
2位 マセラティ
3位 マセラティ

1957年ペスカーラグランプリ (1957 Pescara Grand Prix) は、1957年のF1世界選手権第7戦として、1957年8月18日ペスカーラ・サーキットで開催された。

レース概要[編集]

F1世界選手権では初開催[1]となったペスカーラ・サーキットは1周の距離が25.8kmでニュルブルクリンク北コース(22.81km)よりも長く、F1史上最長コースである。次戦のイタリアGPと連戦で行われ、F1では初めて同一国内で年間2戦が開催されることになった。フェラーリは5月に行われたミッレミリアの大惨事以後、公道コースでのレース参加を見合わせていたが、ルイジ・ムッソの熱心な説得に折れて1台のみ参加した[2]

前戦ドイツGPでロードホールディングに苦しんだヴァンウォールはマシンの改良作業が功を奏し、スターリング・モスが2位のファン・マヌエル・ファンジオに3分以上の差を付けて優勝した[3]。40年後、リチャード・ウィリアムズの著書"The Last Road Race"の中でモスは当レースについて「素晴らしいと思ったよ。暴走する若者の気分さ。実に楽しかった。これがレースというものだよ」と語っている[4]

ペスカーラでのF1世界選手権開催はこの年のみで、安全上の問題から1961年を最後に使用されなくなった。

エントリーリスト[編集]

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ イタリアの旗 オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
4 フランスの旗 ジャン・ベーラ
6 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル
8 イタリアの旗 ジョルジオ・スカルラッティ
10 スペインの旗 パコ・ゴディア
12 イタリアの旗 ルイジ・ピオッティ イタリアの旗 ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
14 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー イタリアの旗 スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ
18 イギリスの旗 ホレース・グールド イギリスの旗 H.H. グールド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
20 イギリスの旗 ブルース・ハルフォード イギリスの旗 ブルース・ハルフォード マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
22 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ イギリスの旗 クーパー・カー・カンパニー クーパー T43 クライマックス FPF 2.0L L4 D
24 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム
26 イギリスの旗 スターリング・モス イギリスの旗 ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 P
28 イギリスの旗 トニー・ブルックス
30 イギリスの旗 スチュアート・ルイス=エヴァンズ
34 イタリアの旗 ルイジ・ムッソ イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 801 フェラーリ DS50 2.5L V8 E
ソース:[5]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 09:44.6
2 26 イギリスの旗 スターリング・モス ヴァンウォール 09:54.7 + 10.1
3 34 イタリアの旗 ルイジ・ムッソ フェラーリ 10:00.0 + 15.4
4 4 フランスの旗 ジャン・ベーラ マセラティ 10:03.1 + 18.5
5 6 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル マセラティ 10:04.6 + 20.0
6 28 イギリスの旗 トニー・ブルックス ヴァンウォール 10:08.8 + 24.2
7 14 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー マセラティ 10:26.1 + 41.5
8 30 イギリスの旗 スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 10:29.6 + 45.0
9 16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ マセラティ 10'362 + 51.6
10 8 イタリアの旗 ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 10:36.6 + 52.0
11 18 イギリスの旗 ホレース・グールド マセラティ 10:49.6 + 1:05.0
12 10 スペインの旗 パコ・ゴディア マセラティ 11:09.8 + 1:25.2
13 12 イタリアの旗 ルイジ・ピオッティ マセラティ 11:10.6 + 1:26.0
14 20 イギリスの旗 ブルース・ハルフォード マセラティ 11:16.3 + 1:31.7
15 22 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 11:24.2 + 1:39.6
16 24 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 11:35.2 + 1:50.6
ソース:[6]

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 26 イギリスの旗 スターリング・モス ヴァンウォール 18 2:59:22.7 2 9 1
2 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 18 +3:13.9 1 6
3 6 アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル マセラティ 18 +6:46.8 5 4
4 14 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー マセラティ 18 +8:16.5 7 3
5 30 イギリスの旗 スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 17 +1 Lap 8 2
6 8 イタリアの旗 ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 17 +1 Lap 10
7 24 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 15 +3 Laps 16
Ret 34 イタリアの旗 ルイジ・ムッソ フェラーリ 9 オイル漏れ 3
Ret 10 スペインの旗 パコ・ゴディア マセラティ 9 エンジン 12
Ret 20 イギリスの旗 ブルース・ハルフォード マセラティ 9 トランスミッション 14
Ret 16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ マセラティ 7 オーバーヒート 9
Ret 4 フランスの旗 ジャン・ベーラ マセラティ 3 オイル漏れ 4
Ret 22 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 3 アクシデント 15
Ret 28 イギリスの旗 トニー・ブルックス ヴァンウォール 1 エンジン 6
Ret 18 イギリスの旗 ホレース・グールド マセラティ 0 アクシデント 11
Ret 12 イタリアの旗 ルイジ・ピオッティ マセラティ 0 エンジン 13
ソース:[7]
追記

注記[編集]

第7戦終了時点のランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1rightarrow blue.svg 1 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ 40
1uparrow green.svg 4 2 イギリスの旗 スターリング・モス 17
1downarrow red.svg 1 3 イタリアの旗 ルイジ・ムッソ 16
1downarrow red.svg 1 4 イギリスの旗 マイク・ホーソーン 13
1downarrow red.svg 1 5 イギリスの旗 トニー・ブルックス 10
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これ以前に1950年1951年1954年に非選手権レースとして開催されている。1954年はF2と混走。
  2. ^ (林信次 1999, p. 40-41)
  3. ^ (林信次 1999, p. 41)
  4. ^ “トップ10:オールドサーキット”. ESPN F1. (2010年6月10日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/19718.html 2010年6月13日閲覧。 
  5. ^ Pescara 1957 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月24日閲覧。
  6. ^ Pescara 1957 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月23日閲覧。
  7. ^ 1957 Pescara Grand Prix”. formula1.com. 2017年10月25日閲覧。

参照文献[編集]

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク[編集]

前戦
1957年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
1957年シーズン
次戦
1957年イタリアグランプリ
前回開催
1956年ペスカーラグランプリ
イタリアの旗 ペスカーラグランプリ次回開催
1960年ペスカーラグランプリ