藤真拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤真 拓哉
生誕 ????6月22日
日本の旗 日本千葉県茂原市[1][2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
キャラクターデザイナー
活動期間 1990年代半ば -
代表作魔法少女リリカルなのはViVid
ViVid Strike!
戦翼のシグルドリーヴァ
サイン Takuya Fujima sign.svg
公式サイト 藤真拓哉オフィシャルサイト
テンプレートを表示

藤真 拓哉(ふじま たくや)は、日本漫画家イラストレーター男性、東京都在住。

作風[編集]

愛らしく繊細なキャラクターの描写が特徴。

デビュー時はリアルで劇画寄りのリアルな作風であったが、『FREE COLLARS KINGDOM』で絵柄を一新させ今の絵柄に変わる。

デビューから『アイドルマスターブレイク!』までは男性キャラが主人公の作品を、『魔法少女リリカルなのはViVid』以降はイラストでも漫画でも等身の低い幼いキャラを描くことが多い。

2010年代後半以降、『Z/X Code reunion』では機械の付いたメカ娘や近未来背景、『戦翼のシグルドリーヴァ』では等身の高い男性キャラや複葉機など、幅広いジャンルの絵を描く。

月刊誌の漫画連載を3本同時連載していたことがある。

経歴[編集]

大学在学中にアニメーターのアルバイトをしつつ同人活動を開始。大学卒業後にアニメーターのアルバイトを辞め、フリーランスのイラストレーターとして美少女雑誌での商業誌デビュー。[1]

その後、講談社月刊マガジンZ』1999年8月号において、読切『HYBRID ANGEL(ハイブリッド・エンジェル)』で少年誌での漫画家デビュー。

デビュー作の続編として『D'v(ディーヴァ)』が同誌の2000年5月号から連載された。

熱風海陸ブシロード The Rising』以降はコミカライズを中心に執筆。

漫画連載のかたわら、ライトノベルの挿絵やゲームのキャラクターデザイン等も手がけ、幅広く活躍している。アクエリアンエイジに参加して以降、数多くのTCGにイラストを提供。

2010年頃から、アニメ関連のイラストやキャラクター原案・デザインを多く手がけている。

またサークル名『ESSENTIA(エッセンシア)』で同人活動をしており、コミックマーケット等に参加。いわゆる大手サークルの1つである。

作品一覧[編集]

連載漫画[編集]

ライトノベルイラスト[編集]

アニメ関連[編集]

キャラクター原案・キャラクターデザイン等[編集]

エンドカード・アイキャッチ等[編集]

ゲーム関連[編集]

画集[編集]

  • 『藤真拓哉画集 ViVidcolor』角川書店/2012年3月26日初版(ISBN 978-4-04-854716-1
  • 『藤真拓哉画集 ViVidgirls』角川書店/2012年9月26日初版(ISBN 978-4-04-110213-8
  • 『藤真拓哉画集 ViVidstyle』角川書店/2014年10月25日初版(ISBN 978-4-04-101930-6
  • 『藤真拓哉画集 ViVidgarden』角川書店/2016年10月26日初版(ISBN 978-4-04-104434-6
  • 『藤真拓哉画集 ViVidmemorial』角川書店/2018年6月25日初版(ISBN 978-4-04-106485-6
  • 『Sweet My Dolce ~藤真拓哉 ART WORKS~』 廣済堂出版/2019年10月31日初版(初回限定版 ISBN 978-4-331-90223-3/通常版 ISBN 978-4-331-90224-0
  • 『藤真拓哉画イラスト集 Look at me』ブシロードメディア/2020年12月31日初版

トレーディングカードゲーム[編集]

イラスト[編集]

出演[編集]

  • 戦翼のシグルドリーヴァ 制作発表会(2020年、インターネット番組)
  • ズンズン!!ニトリ(2020年、TOKYO MX) - 6話ゲスト
  • 戦翼のシグルドリーヴァ おじさんコメンタリー(2020年、インターネット番組) - 1話・6話ゲスト(音声のみ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b E☆2Vol.71 インタビュー
  2. ^ Twitterのつぶやき 2020年6月26日閲覧
  3. ^ 角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」|角川書店|KADOKAWA
  4. ^ クラウドファンディングを活用した「BPフェアリーズ(ボールパークフェアリーズ)」プロジェクトのお知らせ - 信濃グランセローズ(2016年2月29日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]