運命のクランバトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
運命のクランバトル
ジャンル リアルタイムギルドバトル
対応機種 iOS
Android
開発元 ポケラボ
セガネットワークス[1]
運営元 ポケラボ
メディア ダウンロード
運営開始日 [iOS]2012年6月22日[1]
[Android]2012年10月15日
利用料金 基本無料(アイテム課金
その他 2016年8月31日サービス終了[2]
テンプレートを表示
栄光のガーディアンバトル
ジャンル ソーシャルゲーム・リアルタイムギルドバトル
対応機種 iOS
Android
開発元 ポケラボ
運営元 ポケラボ
メディア ダウンロード
運営開始日 [iOS]2012年11月30日
[Android]2013年3月19日
利用料金 基本無料(アイテム課金)
その他 2015年2月28日サービス終了[3]
テンプレートを表示
戦乱のサムライキングダム
ジャンル ソーシャルゲーム・リアルタイムギルドバトル
対応機種 iOS
Android
開発元 ポケラボ
運営元 ポケラボ→マイネット ゲームス
メディア ダウンロード
運営開始日 [iOS]2014年1月9日
[Android]2014年2月17日
利用料金 基本無料(アイテム課金)
その他 2016年5月運営をマイネットへ移管[4][5]
テンプレートを表示

運命のクランバトル』(うんめいのクランバトル)は、セガネットワークスポケラボによって共同運営されていたリアルタイムギルドバトル(GvG)中心のスマートフォン用ゲームアプリ[6][2]。ポケラボのリアルタイムバトルシリーズの第1弾に当たる[7][8]。略称はクラバト

運命のクランバトルの後、ポケラボは第2弾として『栄光のガーディアンバトル』、第3弾として『戦乱のサムライキングダム』をリリースした[7][8]

概要[編集]

関連ゲーム[編集]

激突!クラッシュファイト
2016年にポケラボが提供していたリアルタイム対戦型アクションゲームであり、バトル部分は任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズ』に近かった[9][10]
同社のリアルタイムバトルシリーズをベースとし、その情報量を簡略化しようとした所から開発が始まった[10]。オープンベータテストで操作性の問題が発覚し[10]、正式リリース前にサービスが終了となった[10]

出典[編集]

  1. ^ a b ポケラボとセガ、iOS「運命のクランバトル」配信 Impress 2012年6月22日
  2. ^ a b ポケラボ、『運命のクランバトル』のサービスを2016年8月31日をもって終了 Social Game Info 2016年7月4日
  3. ^ ポケラボ、『栄光のガーディアンバトル』を2月28日でサービス終了 Social Game Info 2015年1月19日
  4. ^ グリー、子会社ポケラボの『戦乱のサムライキングダム』『三国INFINITY』の運営にかかわる事業をマイネットに譲渡…譲渡価格は2億5000万円 Social Game Info 2016年4月21日
  5. ^ 【インタビュー】スタッフとファンの魂まで受け継ぐ―マイネットゲームスでポケラボのゲームはいかに成長していくのか、両社社長に展望を聞く Social Game Info 2016年4月28日
  6. ^ 運命のクランバトル コトバンク/デジタル大辞泉プラス
  7. ^ a b ポケラボ、『戦乱のサムライキングダム』で漫画家・本宮ひろ志先生による描き下ろし限定武将カードが登場! さらにレアガチャ券毎日プレゼント Social Game Info 2014年2月26日
  8. ^ a b 超美麗な戦国武将たちがあなたに付き従う! ポケラボが贈るリアルタイムバトル『戦乱のサムライキングダム』をレビュー アニメイトタイムズ 2015年8月28日
  9. ^ 激突!クラッシュファイト(クラファイ)のレビューと序盤攻略 アプリ★ゲット 2016年8月8日
  10. ^ a b c d 売れるゲームと面白いゲーム…『激突!クラッシュファイト』終了から見るゲーム開発現場の最前線【〇〇サービス終了 – 後編】 シシララTV 2017年9月7日

関連項目[編集]