EVE new generation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EVEシリーズ > EVE new generation
EVE new generation(PS2版)
EVE 〜new generation X〜(PC版)
対応機種 PlayStation 2[PS2]
Windows98SE/Me/2000/XP
発売元 角川書店(PS2版)
タイレルラボラトリー(PC版)
ジャンル マルチサイトADV
発売日 2006年8月31日(PS2版)
2007年3月23日(PC版)
レイティング 17才以上対象(PS2版)
18禁(PC版)
キャラクター名設定 不可
エンディング数 1
セーブファイル数 90(PC版)
メディア DVD-ROM
画面サイズ 800×600(PC版)
キャラクターボイス 主人公以外フルボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード あり
備考 PS2版DXパックには
コラボレーションブック
オリジナルドラマCD
刺青シール
PC版初回版には
サウンドトラック
が同梱されている
テンプレートを表示

EVE new generation』(イブ ニュージェネレーション)は、2006年8月31日角川書店から発売されたPlayStation 2ゲームソフト。「EVEシリーズ」の6作目。主人公は私立探偵「天城小次郎」と捜査官「法条まりな」。2人の主人公を操作しストーリーを進めていくマルチサイトアドベンチャーゲーム。18禁要素を加えたPC版『EVE 〜new generation X〜』や、ストーリーに麻雀要素を加えた『EVE雀』がタイレルラボラトリー(F&C系列)から発売された。また、同社刊の『コンプエース』で漫画化作品も連載された。

ストーリー[編集]

前作から数年後の世界。あまぎ探偵事務所所長「天城小次郎」と内閣情報調査室の捜査官「法条まりな」の2人の主人公がとある2つの点をきっかけにそれがやがて線となり絡みあいながらストーリーは進んでいく。マルチサイトシステムをフルに生かした作品。

小次郎編[編集]

ある夜、倉庫街にある事務所に帰宅する途中、1人の少女に出会う。少女は彼が探偵だと知り、「私の記憶を探してほしい」という依頼を持ちかけてくる。しかしその直後、外車から降りてきた男によって連れ去られてしまう。桂木弥生の協力を得て、少女の身元は判明した。名前は「乃依」。と同時に捜査線上に浮かび上がってくるいくつかのキーワード。ブラーラベイユ。一件無関係に見えるこれらの点もやがて1本のラインへと収束していく。そしてそのラインは小次郎をある場所へ導くことになる。

まりな編[編集]

ある夜、まりなはビルの屋上から飛びおりようとする青年を見つける。必至の説得を試みたものの青年は自殺してしまう。「計画は既に始まっている。もう誰にも止めることはできない」そういい残した青年の掌には蜜蜂タトゥーが刻まれていた。青年の遺言を元に捜査を始めたまりなにふりかかる様々な障害。いつしかまりなは、何者かの陰謀によって殺人犯として警察から追われることになってしまう。愛用の銃はベレッタ1919。

システム[編集]

マルチサイトシステム
EVEシリーズの基本とも言えるシステム。2人の主人公の視点から見るそれぞれのストーリーを、交互に切り替えながら進めていき、ひとつの事件を追っていく。所々に"ザッピングポイント"があり、一方のストーリーを進めているだけではゲームが進展しなくなる。その場合、もう一方のストーリーに切り替え、一定のポイントまで内容を進めなくてはならない。
他作品と異なる点
会話を進めるために様々なボタンを駆使して適切な答えを導き出さねばならない。通常の考える・決定は○ボタン、調べるは□、話すは△と状況に応じてボタンを選ぶ。また方向キーで 見る方向や調べる方向を選択しながらボタンを選んでいく。
PC版では仕様が異なり、コマンドパネルと呼ばれる「調(調べる)」「話(話す)」「他(その他)」の行動コマンドがあり、パネルにマウスカーソルを触れることで自動的にコマンドが選択され、探索箇所を示すターゲットに対してそれを実行する。探索箇所は上・下・左・右・中央に領域分割されており、画面上の各自の領域にカーソルを触れることでターゲットが出現する。なお、物語の進行によっては探索箇所が減少する場面もあり、これは画面上にある有効探索箇所の有無を示すターゲットガイドで確認することが出来る。

登場人物[編集]

声優は(PS2版/PC版)の順

詳しくはEVEシリーズの登場人物を参照
天城 小次郎(あまぎ こじろう)
声:子安武人/ワッショイ太郎
法条 まりな(ほうじょう まりな)
声:三石琴乃/風音
桂木 弥生(かつらぎ やよい)
声:本多知恵子/かわしまりの
氷室 恭子(ひむろ きょうこ)
声:松井菜桜子/藤森ゆき奈
甲野 三郎(こうの さぶろう)
声:野沢那智/魚田明
紀瀬木 乃依(きぜき のい)
声:名塚佳織/春日アン
紀瀬木 アルト(きぜき あると)
声:名塚佳織/春日アン
ミカエル・ベルシュタイン
声:中田和宏/東慎
鐘本 美奈代(しょうもと みなよ)
声:甲斐田裕子/甲賀忍
紀瀬木 エフィ(きぜき えふぃ)
声:伊藤静/歌織
三六九(みろく)
声:生天目仁美/カンザキカナリ
紀瀬木 初海(きぜき はつみ)
声:さとうあい
小湊 龍司(こみなと りゅうじ)
声:木村拓
大隈 朋義(おおくま ともよし)
声:保村真/丸山壮史
ツユザキ マユミ
矢枝 アルト(やえだ あると)
大五郎(だいごろう)
声:大畑伸太郎/鈴村和泉

スタッフ[編集]

関連作品[編集]

漫画
登場人物は共通しているが、ストーリーはゲームと全く異なったものになっている。
派生作品
  • 『EVE雀』(2008年、タイレルラボラトリー)

外部リンク[編集]