金杉はじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かなすぎ はじめ
金杉 肇

金杉 はじめ(かなすぎ はじめ)は、日本作詞家・メディアプランナー・ゲームプロデューサー・音楽家写真家実業家。本名は、金杉 肇(読み同じ)。K杉K杉一浪KANASGYかなピョンなどの別名を使用することもある。

経歴[編集]

20代前半は「第三倉庫」「THE CAVE」などクラブのプロデュースやDJを中心に活動。この頃佐々木潤らと共同で、ヒップホップユニット・Funkie Watergateを結成していた[1]

その後、F&Cの前身にあたる有限会社キララに入社、最初デュプリケーション(フロッピーディスクを複製する作業のこと)といった流通部門に従事[1]、後に開発部門に異動[2]。F&Cのプロデューサーとして、『同窓会~Yesterday ones more~』や『Piaキャロットへようこそ!!』シリーズ等を手がける[3]。後に音楽会社DOORS(のちのDOORS MUSIC ENTERTAINMENT)、TYRELL LAB.を立ち上げ、ゲーム制作と音楽制作の二つのプロデュースを手掛けるようになる。

2007年より音楽カテゴリー「A-POP」を提唱[1]ドワンゴAGエンタテインメント取締役へ就任、同社の新レーベル「TeraBytes Records」を立ち上げる[4]F&C企画局局長やグループ会社であるシャルラクプラス代表取締役を歴任後[4]、2008年6月にF&Cグループの一切の役職を辞して退社・独立し、新ブランド・DIVAを立ち上げる[5]

ドワンゴAGエンタテインメント取締役、タブリエ・コミュニケーションズ取締役、製作集団Division ZERO代表を歴任。2012年には徳川家広らにより設立された政策フォーラム「日本の選択」の事務局長を務め[6]、2013年には堀江貴文茂木健一郎らと共同で株式会社フューチャーラボを設立、また2014年には堀江・茂木と共同で音楽ユニット・ハッカーズを結成。株式会社ベリカを設立。2015年、アーティストに特化したクラウドファンディング「TAKEOFF」を手掛ける株式会社BitVCを小野真彰(おのなお)と設立。[7][8]株式会社キュレーターズ代表取締役

作品[編集]

書籍[編集]

  • 『マネーと国家と僕らの未来』(単行本 – 2014/12/1 茂木 健一郎, 堀江 貴文, 金杉 肇  共著)

作詞[編集]

メディア[編集]

ゲーム製作[編集]

音楽製作[編集]

スペース[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c A-POPの提唱者・金杉肇氏インタビュー!”. ファミ通.com (2007年6月22日). 2014年1月10日閲覧。
  2. ^ A-POP提唱者が語る、アキバ系音楽のJ-POP回収システムからの脱却”. アキバ経済新聞 (2008年1月31日). 2014年1月10日閲覧。
  3. ^ 制作発売元であるF&Cは、『Piaキャロットへようこそ!!』シリーズについて、第1作目からのシナリオライターであり、後期作品ではプロデューサーとなった稲村竜一(jane稲村)の手がけるシリーズであるとして宣伝していた。金杉のクレジットは作品によってまちまちであり、企画から携わった作品、主として音楽制作に携わった作品の他、目立ったクレジットのない作品もある。
  4. ^ a b A-POP(*1)新レーベル「TeraBytes Records(テラバイトレコード)」発足!!”. AnimeFan (2007年10月3日). 2015年4月10日閲覧。
  5. ^ DIVAプロデューサー・金杉肇からのごあいさつ”. DIVA. 2008年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  6. ^ ご報告/「日本の選択」発足(我思う故に我あり。、2012年10月28日)
  7. ^ 18歳で会社を作った話。”. おのなお.tokyo. 2015年11月2日閲覧。
  8. ^ 高校を中退し起業を決意。自分で道を切り開いたからこそ得られたこと。”. co-media. 2015年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]