裕時悠示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
裕時 悠示
ペンネーム 裕時 悠示
誕生 富山県
職業 ライトノベル作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ラブコメディ
代表作俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
主な受賞歴 第2回GA文庫大賞優秀賞
デビュー作 『踊る星降るレネシクル』
公式サイト 裕時悠示 (@Lucchini_uzyu) - Twitter
テンプレートを表示

裕時 悠示(ゆうじ ゆうじ)は、日本ライトノベル作家である。富山県出身[1]

略歴[編集]

第2回GA文庫大賞ソフトバンククリエイティブ主催)において、「イツカカカセオ!」で優秀賞を受賞し、受賞作を『踊る星降るレネシクル』に改題して、2010年にGA文庫からデビューした[2][3]。2011年2月からGA文庫より『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』を刊行し、2013年にアニメ化されている。なお、第10話には裕時悠示自身が脚本を執筆している。

YouTube上で漫画の考察・解説をする動画、ライフハック系の動画、エンジェルネコオカやセカイノフシギなどのチャンネルが投稿している動画などをみていたことがきっかけとなって、YouTubeチャンネル「ラノベ作家が何かをさけぶ。」での投稿活動を始めた[2]

人物[編集]

作品リスト[編集]

アンソロジーノベル
漫画原作

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 裕時悠示 プロフィール”. HMV. 2022年2月13日閲覧。
  2. ^ a b 独占インタビュー「ラノベの素」 裕時悠示先生『高3で免許を取った。可愛くない後輩と夏旅するハメになった。』” (英語). ラノベニュースオンライン. 2022年6月12日閲覧。
  3. ^ 第2回GA文庫大賞”. GA文庫大賞. 2022年1月10日閲覧。
  4. ^ ラジオ『修羅ラジ』第6回より。
  5. ^ 高3で免許を取った。可愛くない後輩と夏旅するハメになった。 | GA文庫” (日本語). ga.sbcr.jp (2022年2月28日). 2022年6月12日閲覧。
  6. ^ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 1 | 書籍” (日本語). 小学館. 2022年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]