荻野可鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おぎの かりん
荻野 可鈴
プロフィール
愛称 かりん、荻野マン
生年月日 1995年10月12日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本山梨県
血液型 A型
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 / 体重 150 cm / kg
スリーサイズ 72 - 56 - 74 cm
靴のサイズ 22.5 cm
活動
デビュー 2008年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優タレントアイドル声優
事務所 タンバリンアーティスツ
その他の記録
第16回 ピチモオーディション グランプリ・プリウリ賞
2010年 ミス週刊ヤングジャンプ
モデル: テンプレート - カテゴリ

荻野 可鈴(おぎの かりん、1995年10月12日 - )は、日本ファッションモデル女優アイドル声優夢みるアドレセンスのリーダー。 山梨県出身[1]タンバリンアーティスツ所属。ジャストプロと業務提携を結んでいる。

略歴[編集]

2008年ローティーン向けファッション雑誌ピチレモン』(学習研究社)の第16回ピチモオーディション(応募総数約5800人)でグランプリ・プリウリ賞を受賞し、同年5月(6月号)より専属モデル(ピチモ)として活動開始。

2010年8月、グラビアJAPAN最終選考16人のうち1人に選ばれる。同年10月 - 11月、バレーボール女子世界選手権の「世バレ応援FASHION部」部員となる。同年11月、ミス週刊ヤングジャンプ受賞。

2012年3月、『ピチレモン』の専属モデルを卒業。同年6月、タンバリンアーティスツに所属する女性タレントからなるアイドル音楽劇グループ「夢みるアドレセンス」のメンバーとなる。

2013年9月、雑誌『CHOKi CHOKi GiRLS』の専属モデルに選ばれる[2]

人物[編集]

  • 自分の性格については「いつもテンションが人一倍高い」としている[3]
  • 特技はバスケットボール(部活動)、長距離走、習い事はピアノ[3][4]
  • 趣味は音楽鑑賞[4]
  • 好きな食べ物はイチゴ、嫌いな食べ物はナス、ネギ類[3][4]
  • 好きなタレントは志田未来[3]小松未可子 好きなアーティストは福井舞EXILE[5]
  • 目標とする女優は石原さとみ[6]
  • 元ピチモの井手上梓と仲がいい。
  • ローズファンファンが好きだが、私服はPriuriが多い。
  • 芸能界に入る前に以前『ピチレモン』で掲載されていた“マックでスマイル! 山梨編”に友達との写真が掲載されている[いつ?]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 一期一会〜キミノコトバ〜(2010年10月24日 - 2011年1月30日、キッズステーション) - のん 役
  • beポンキッキーズ『ロンゴマックス』(2012年10月15日 - 、 BSフジ) - エミ 役
  • てさぐれ!部活もの(2013年10月 - 12月、日本テレビ) - 高橋葵 役[8]
  • コピンクス!ストーリーズ (2013年11月23日、静岡朝日テレビ) - クインセ 役
  • てさぐれ!部活もの あんこーる(2014年1月 - 3月、日本テレビ) - 高橋葵 役[8]
  • てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう(2015年4月 - 6月、日本テレビ) - 高橋葵 役[9]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

DVD[編集]

イメージDVD[編集]

  • オギカリのと・な・り(2011年8月27日、リバプール
  • 好きなんだもん 〜ワケありのたび〜(2011年11月25日、リバプール)

その他[編集]

  • 怨霊映像・特別篇 怪奇女子会 戦慄!ナデシコの恐怖(2011年12月2日、マジカル)

雑誌[編集]

主なものを挙げる。

ゲーム・アプリ[編集]

  • iPhoneアプリ「実在少女」(2011年3月 - 、ボトルキューブ)

音楽CD[編集]

  • てさぐれ!部活もの関連楽曲集 てさぐれ!歌もの
  • てさぐれ!部活もの あんこーる関連楽曲集 てさぐれ!歌もの あんこーる
    • 「ちゃんとStand Up!!!!」「てさぐり部部歌」鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)
    • 「それぞれの12ヶ月」鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)、園田萌舞子(上田麗奈
  • てさプル! 歌もの
    • 「キラキラBaby×Baby」 高橋葵(荻野可鈴)、宇佐美陽菜(小松未可子)
    • 「てさぐりミュージカル」 鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)、園田萌舞子(上田麗奈)

写真集[編集]

WEB[編集]

インターネット番組[編集]

  • てさぐれ!部活もの 続編大発表SP(2014年12月13日 、ニコニコ生放送
  • 明坂聡美のよめいり!(2015年5月12日 、LoGiRL)
  • 実写版『てさぐれ!旅もの』発売記念ニコ生!冒頭10分無料で見せちゃうSP(2015年12月11日 、ニコニコ生放送)
  • アイドルNEWYEARサミット2016 裏実況(2016年1月1日 、SHOWROOM
  • 猫ブース鬼パーセント芋(2016年2月2日 、ニコニコ生放送)

イベント[編集]

  • タンバリンマニア03(2008年9月27日、秋葉原GOODMAN)
  • タンバリンマニア・sizeS(2009年3月15日、秋葉原GOODMAN)
  • タンバリンサマーフェス2009(2009年8月21日第1部14:00〜 第2部19:00〜、北沢タウンホール
  • 秋は文化祭 TM05 〜今年のテーマは「夏の忘れ物」〜(2009年11月3日、アイピット目白)
  • タンバリンマニア06 バレンタインは渋谷でねっ。(2010年2月14日、渋谷JPOP-CAFE)
  • タンバリンマニア007 〜麻布十番より愛をこめて〜(2010年6月20日、アトリエフォンテーヌ)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2010 @Shinagawa(2010年8月8日)
  • 「丸の内キッズフェスタ2010」「赤坂ビッグバン〜夏サカス2010〜」(2010年8月19日、東京国際フォーラム赤坂サカス
  • タンバリンマニア08 下北沢で見てね、聴いてね、歌ってね!(2010年9月5日、下北沢ReG)
  • タンバリンマニア009 あとは勇気だけだ!(2010年11月28日昼の部黒い幽霊編第1部13:00〜 夜の部天使編17:00〜、中目黒キンケロ・シアター
  • 荻野可鈴のおしゃべりはいすくーる♪[注 2](2013年9月 - 2014年6月、新宿レッドノーズ、秋葉原moe farre etc)
  • アイドルの耳はロバの耳(2014年1月27日、よしもと幕張イオンモール劇場)
  • ピンクス&コピンクス!トークライブ2014〜私のリバースデー〜(2014年3月13日、AKIBAカルチャーズ劇場
  • てさぐれ!催しもの(2014年4月20日、ヒューリックホール)
  • てさぐれ!催しもの あんこーる(2014年9月7日、渋谷公会堂
  • アニトーク!秋まつりスペシャル!!おなかいっぱいトーク&ライブ!(2014年11月22日、品川インターシティホール
  • てさプル!超会議もの(2015年4月27日、幕張メッセ
  • Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-(2015年8月30日、さいたまスーパーアリーナ) - てさプルん♪[注 3]のメンバーとして出演。
  • あおい&陽菜と行く 第3回てさプルん♪ピクニック(2015年11月14日、よみうりランド 日テレらんらんホール)
  • てさプル!催しもの(2016年2月21日、パシフィコ横浜国立大ホール )

自身がモデルになった作品[編集]

  • うちらのオーディション物語(2012年1月20日、学研)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『非公認戦隊アキバレンジャー』で演じた萌黄ゆめりあは23歳でブルーの青柳美月より5歳年上という設定だが、青柳役の日南響子と実年齢で比べると、荻野が学年で2つ年下。
  2. ^ 荻野可鈴のトーク力、歌を鍛えることを目的に実施され全25回行われた。MCはアラケンが務め、転校生という名目で毎回ゲストが登場した。途中から4回目のゲストで登場した大場はるかdrop)がMCに加わった。※主なゲスト、とっきー萩原舞℃-ute)、武田紗季(palet)、井上苑子
  3. ^ てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼうから誕生した西明日香、明坂聡美、荻野可鈴、大橋彩香、上田麗奈、三上枝織大久保瑠美、小松未可子、高森奈津美上坂すみれから成るグループ。

出典[編集]

  1. ^ a b 荻野可鈴 公式ページ☆タンバリンアーティスツ☆”. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ CHOKi CHOKi GiRLSがリニューアルして帰って来た!10月号ついに発売”. HARAJUKU KAWAii!! STYLE. アソビシステム. 2014年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d ピチレモン 2008年9月号 p36「プリウリガールクローズアップ」
  4. ^ a b c ピチレモン 2008年6月号 p28-29
  5. ^ ピチモのHAPPYブログ (2009年1月6日). “質問こたえます!”. 2009年1月26日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 荻野可鈴 夢みるアドレセンス公式ウェブサイト”. 2012年7月16日閲覧。
  7. ^ お待たせキャスト情報![S-2]”. 非公認戦隊アキバレンジャー. 2013年2月23日閲覧。
  8. ^ a b キャストスタッフ”. てさぐれ!部活もの. 2013年8月10日閲覧。
  9. ^ てさぐれ!部活もの続編内容発表”. てさぐれ!部活もの. 2014年12月26日閲覧。
  10. ^ 週刊ファミ通』2015年8月6日号、エンターブレイン、2015年7月23日
  11. ^ a b てさぐれ!部活もの ニコニコチャンネル”. ニコニコ動画. 2014年5月18日閲覧。
  12. ^ こだわりソングパーティー 公式サイト”. NHK ONLINE. 2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]