箱根ケ崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
箱根ヶ崎駅から転送)
移動先: 案内検索
箱根ケ崎駅
東口(2005年7月11日)
東口(2005年7月11日)
はこねがさき - Hakonegasaki
東福生 (3.0km)
(4.8km) 金子
東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ヶ崎397
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八高線
キロ程 15.7km(八王子起点)
電報略号 ネカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,383人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1931年昭和6年)12月10日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
西口(2005年7月11日)
西口(2005年7月11日)
ホーム(2009年1月)
ホーム(2009年1月)

箱根ケ崎駅(はこねがさきえき)は、東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ヶ崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。ホームと改札の間を連絡するエスカレーターエレベーターが設置されている。待合室はホーム階段下にあり、エアコンが設置されている。また、出入口とコンコースを連絡するエスカレーター・エレベーターも設置されている。

拝島駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。改札外コンコースには自動改札機が3台、指定席券売機が1台、自動券売機が2台(うち1台は定期券・My Suica販売対応の多機能券売機)設置されている。改札内には自動精算機が1台ある他、トイレ(多機能トイレ併設)も設置されている。かつてはみどりの窓口も営業していたが、2010年2月28日をもって閉鎖された。

2004年に橋上駅舎が暫定供用されるまでは、駅東側に木造駅舎があり、ホームとの間は露天の跨線橋で連絡していた。木造駅舎時代は自動改札機と自動精算機は設置されておらず、Suicaサービス開始以降、簡易Suica改札機が設置されていた。

東出口の北側に自転車駐輪場に直結する出入口が設置されている。東西の自由通路下には瑞穂町管理の公衆トイレも併設されている。

のりばは旧駅本屋のあった東口側を1番線として以下の通りとなる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 八高線 上り 拝島八王子方面 ただし当駅始発は2番線
2 八高線・川越線 下り 高麗川高崎川越方面 高崎方面は高麗川乗り換え
  • 実際の川越線の案内の一部では、川越以東で用いられるグリーン()が用いられている。

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗車人員は4,383人である。近年の推移は下記の通り。

年度 JR東日本
1992年 3,699[1]
1993年 3,852[2]
1994年 3,737[3]
1995年 3,626[4]
1996年 3,825[5]
1997年 3,788[6]
1998年 3,825[7]
1999年 3,828[8]
2000年 3,756[1]
2001年 3,757[2]
2002年 3,890[3]
2003年 3,768[4]
2004年 3,766[5]
2005年 3,851[6]
2006年 3,887[7]
2007年 3,980[8]
2008年 4,054[9]
2009年 4,036[10]
2010年 4,107[11]
2011年 4,112[12]
2012年 4,264[13]
2013年 4,383[14]

駅周辺[編集]

東側は江戸時代宿場町「箱根ヶ崎宿」であり、現在も南北を新旧青梅街道、東西を新旧国道16号と、幹線道路に囲まれている。すぐ南側に横田基地があり、周辺には防衛省の管理する国有地が点在する。

東口は都道166号(旧国道16号・東京環状)に面し、住宅街と古くからの商店街がある。駐在所の面する町道4号線が、かつての千人同心街道[9]である。

西口は2000年頃から再開発が進み、乗車人員も増加した。さらに羽村街道の延伸により、2013年10月11日に新青梅街道国道16号と接続された。

周辺には高校・大学が点在しているため、学生・生徒の利用も多い。

バス路線[編集]

東口[編集]

系統番号 経由地 行先 備考
立12 武蔵村山市役所・村山医療センター入口・砂川七番 立川駅北口 土休日夜1本のみ
立12‐1 武蔵村山市役所・村山医療センター入口・災害医療センター 立川駅北口
立12‐2 三ツ藤・武蔵村山市役所・村山医療センター入口・災害医療センター 立川駅北口

2番乗り場(立川バス)

系統番号 経由地 行先 備考
福13 瑞穂都営住宅 福生駅南口
昭24 三ツ藤・西武立川駅入口 昭島駅北口

3番のりば(西武バス都営バス

系統番号 経由地 行先 備考
入市30‐2 二本木・三井アウトレットパーク 入間市駅
入市31 二本木・三井アウトレットパーク前 入間市駅
小手03 宮寺・狭山ヶ丘駅西埼玉中央病院 小手指駅南口 土休日1本のみ
梅70 西長岡・青梅駅 青梅車庫 平日一部便のみ乗入れ
梅70 武蔵村山市役所・東大和市駅昭和病院 花小金井駅北口 平日一部便のみ乗入れ

都営・梅70系統は、上記以外のバスは以外は青梅街道上の「箱根ヶ崎三丁目」または「箱根ヶ崎」バス停を利用する。(東口より徒歩3 - 5分)

西口[編集]

  • 1番のりば(立川バス)
系統番号 経由地 行先 備考
羽12‐1 長岡・動物公園西 羽村駅東口
羽13 羽村高校 羽村駅東口 平日夕方1本のみ

2番のりば

系統番号 経由地 行先 備考
イオン01 三ツ藤 イオンモール
IHI01 直通 IHI 平日・月 - 土の朝のみ運行
  • 送迎バス乗り場 ①②
  • 送迎バス乗り場 ③④
  • 箱根ケ崎駅西口待機所・ロータリーのりば
    • 瑞穂町福祉バス(武州交通興業)
      • ひばり号(先発: 高根・駒形富士山コース / 後発: むさし野・松原コース)
      • かわせみ号(先発:武蔵・殿ケ谷コース / 後発: 石畑・殿ケ谷コース)
      • すずめ号(先発:長岡・長岡長谷部コース / 後発: 二本木・富士山栗原新田コース)

未成線[編集]

当駅には武州鉄道西武鉄道西武村山線)などによるいくつかの新線・既成線の延伸計画が持ち上がったが、すべて計画のみで、建設には至らなかった。

多摩都市モノレールの乗り入れ[編集]

上北台駅から当駅まで多摩都市モノレールの延伸が計画されている。1992年には東京都が「事業化すべき路線」に、2002年には国の運輸政策審議会で「整備推進すべき路線」とされたが、2011年時点では工事は行われていない。

車両基地建設計画[編集]

駅の北側に八高線用の車両基地を建設する計画がある。すでに用地買収も行われており、JR東日本の計画にも「箱根ヶ崎電車区(仮称)」と記載されている。八高線・川越線で運用されている川越車両センター配置編成にも「箱根ヶ崎」の行先表示がある(なお2014年1月現在、平日は2往復、土曜・休日は1往復、当駅で八王子方面へ折り返す電車が設定されている)。2011年時点では工事が行われていない。

かつては中央線快速で運用されていた201系にも「箱根ヶ崎」の行先表示が用意されていた。2008年3月15日のダイヤ改正で中央線快速の東京発箱根ヶ崎・武蔵五日市行が1本新設されたが、この時に201系は分割運用から離脱し、E233系による運用となったため、201系は2006年11月に豊田電車区(当時)で開催されたイベントなどで使用実績があったものの、営業に使用したことは一度もなかった。

車両基地の建設計画と同時に拝島 - 東福生間の複線化のための用地も一部で確保されており、その部分に緑色の囲いが設置されている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
八高線
東福生駅 - 箱根ケ崎駅 - 金子駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]