北八王子駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北八王子駅
東口(2006年5月5日)
東口(2006年5月5日)
きたはちおうじ
Kita-Hachiōji
八王子 (3.1km)
(2.0km) 小宮
所在地 東京都八王子市石川町2953-1
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八高線
キロ程 3.1km(八王子起点)
電報略号 キオ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
9,098人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1959年昭和34年)6月10日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
西口(2006年5月5日)
西口(2006年5月5日)
改札口(2010年7月4日)
改札口(2010年7月4日)

北八王子駅(きたはちおうじえき)は、東京都八王子市石川町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線である。

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)6月10日日本国有鉄道(国鉄)八高線23番目の駅として開業。旅客営業のみ。当初は単式ホーム1面1線の無人駅だったが、国鉄末期に仮設の詰所が置かれ特別改札を実施するようになった。駅入口は現在の西口側、蛇腹ゲート付近にあった。詰所はホームに向かって右側、八王子寄りに置かれ、出札窓口があった。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴いJR東日本の駅となる。管理駅が小宮に変更。既に特別改札が常態化されており、無人扱いだが実態は日勤の有人駅となっていた。
  • 1991年平成3年):仮設詰所の出札口が塞がれ、そこに自動券売機が2台設置される。民営化以降、この頃までに入口付近の屋根、改札ラッチ、方向表示の電照等が整備されている。
  • 1995年平成7年):駅施設が現在の東口側に移設。現在の上りホーム1面で営業。旧駅施設は下り線路敷設のため取り壊し。
  • 1996年平成8年)3月16日:八王子 - 高麗川間の電化開業に伴い、相対式ホーム2面2線になり、橋上駅舎が設けられて正式に有人駅となる。自動改札機・みどりの窓口設置。
  • 2001年(平成13年)11月18日:ICカードSuica供用開始。
  • 2006年(平成18年)3月16日:「もしもし券売機Kaeruくん」設置に伴い、みどりの窓口を廃止。
  • 2009年(平成21年)3月中旬:混雑緩和のため、下りホーム拝島方60mを2m拡幅するとともに、拡幅部分にも屋根を設置[1]
  • 2012年(平成24年)2月14日:「もしもし券売機Kaeruくん」営業終了。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。各ホームへは、エレベーターが設置してあるが、エスカレーターは無い。八王子市管理の自由通路部分も東西各出口ともエレベーターはあるが、エスカレーターは未設置である。沿線の工場進出や宅地化で利用客は増加しており、八高線所属駅では最も利用客が多くなっている。通勤時間帯には八王子~拝島間の区間運転電車も運転される。編成が短く単線のため本数は多くはないので、朝の八王子~当駅間は混雑が激しい。

JR東日本ステーションサービスが業務を行う業務委託駅で、八王子駅が当駅を管理している。自動券売機自動改札機が設置されている。2006年みどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年2月14日をもって営業終了し撤去された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 八高線 上り 八王子方面
2 八高線・川越線 下り 拝島高麗川高崎川越方面 高麗川駅から川越線へ直通
(川越方面行の列車)
高崎方面は高麗川駅で乗り換え

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員9,098人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[2][3]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成04年) 2,444 [* 1]
1993年(平成05年) 2,836 [* 2]
1994年(平成06年) 3,099 [* 3]
1995年(平成07年) 3,265 [* 4]
1996年(平成08年) 4,312 [* 5]
1997年(平成09年) 4,883 [* 6]
1998年(平成10年) 5,088 [* 7]
1999年(平成11年) 5,273 [* 8]
2000年(平成12年) [JR 1]5,863 [* 9]
2001年(平成13年) [JR 2]5,990 [* 10]
2002年(平成14年) [JR 3]6,156 [* 11]
2003年(平成15年) [JR 4]6,360 [* 12]
2004年(平成16年) [JR 5]6,679 [* 13]
2005年(平成17年) [JR 6]6,743 [* 14]
2006年(平成18年) [JR 7]6,896 [* 15]
2007年(平成19年) [JR 8]7,251 [* 16]
2008年(平成20年) [JR 9]7,430 [* 17]
2009年(平成21年) [JR 10]6,758 [* 18]
2010年(平成22年) [JR 11]6,925 [* 19]
2011年(平成23年) [JR 12]7,438 [* 20]
2012年(平成24年) [JR 13]7,754 [* 21]
2013年(平成25年) [JR 14]8,102 [* 22]
2014年(平成26年) [JR 15]8,428 [* 23]
2015年(平成27年) [JR 16]8,839 [* 24]
2016年(平成28年) [JR 17]9,098

駅周辺[編集]

八王子市の北部に立地する当駅の周辺は多摩地域有数の工場が集積する地帯になっていたが、宅地造成も進んでいる。西口側は主に住宅地である。

バス路線[編集]

  • 北八王子駅はちバス
    • 北西部ルート 左入橋・西中野団地・西八王子駅・四谷・松枝住宅・楢原町・北の根東方面 / 東海大学八王子病院行
  • 北八王子駅入口停留所(西東京バス
    • <大01> 八王子駅北口行 / 宇津木台行
    • <大02> 八王子駅北口行 / 東海大学八王子病院経由 宇津木台行
    • <大03> 八王子駅北口行 / 東海大学八王子病院行
    • <大11> 八王子駅北口行 / 東海大学八王子病院経由 日野駅
    • <大04> 八王子駅北口行(当バス停始発)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
八高線
八王子駅 - 北八王子駅 - 小宮駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]