水上健也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水上 健也
生誕 1926年2月28日
死没 (2009-06-20) 2009年6月20日(83歳没)
出身校 東京外国語大学外国語学部卒業
職業 読売新聞グループ本社経営戦略会議議長

水上 健也(みずかみ けんや、1926年2月28日 - 2009年6月20日)は、日本新聞記者実業家

大阪読売新聞社社長読売新聞社会長読売新聞グループ本社会長(初代)、読売新聞グループ本社代表取締役経営戦略会議議長などを歴任した。

経歴・人物[編集]

東京都出身。東京外国語大学フランス語学科卒業。1947年4月、読売新聞社入社。主に外報部(現国際部)で活躍。海外特派員としてジュネーヴロンドンパリ各特派員を経た後、欧州総局ロンドン支局長として活躍した。1982年に取締役編集局長に就任。以来、海外の要人への取材を重ね、1986年にはフランスのフランソワ・ミッテラン大統領やアメリカのロナルド・レーガン大統領の単独会見を行った。

社内では後輩の渡邉恒雄を支持し、外報部の水上、政治部の渡邉、経済部の氏家斉一郎、地方部の内山斉、社会部の滝鼻卓雄と、編集局内の派閥均衡を成立させた。

フランスの芸術文化勲章コマンドゥールを受章している。

2009年6月20日、肺炎のため東京都内の病院で死去[1]

読売新聞入社後の略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]