柴崎貴広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴崎 貴広 Football pictogram.svg
名前
愛称 シバ[1][2]
カタカナ シバサキ タカヒロ
ラテン文字 SHIBASAKI Takahiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-05-23) 1982年5月23日(34歳)
出身地 神奈川県横須賀市[3]
身長 189cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 東京ヴェルディ1969
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足[1][2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2004 東京ヴェルディ1969 2 (0)
2004-2005 横浜FC 1 (0)
2006 FC東京 0 (0)
2007- 東京ヴェルディ 83 (0)
2013 →横浜FC (loan) 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

柴崎 貴広(しばさき たかひろ、1982年5月23日 - )は、神奈川県横須賀市出身[3]サッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)Jリーグ東京ヴェルディ所属。

来歴[編集]

小学校1年時にサッカーを始める[2]横浜マリノスジュニアユース追浜出身で、1998年向上高等学校に進学。3年生時の2000年に神奈川県選抜として国体に出場[4]

2001年東京ヴェルディ1969に入団。3シーズン過ごしたが試合出場は2試合に留まり、出場機会を求めて横浜FCへ移籍。横浜FCでは子供の頃から憧れていた三浦知良[5]と同じチームで日々練習できた事、三浦のプロ意識を間近で見ることが出来た事で自らのプロ意識も高まった。2005年に戦力外通告を受け、Jリーグ合同トライアウトに参加。

トライアウト後すぐにFC東京への移籍が決定[5][4]。自身の長所を掴むべく、GKとしてのスタイル構築に取り組んだ[5]。しかし、FC東京の正GKには土肥洋一が定着しており、さらに塩田仁史の台頭もあってベンチ入りの機会すら得られなかった。

2007年、4年ぶりに東京Vに復帰[6][7]2011年5月9日・J2第11節の岐阜戦にて、プロ入り11年目にして初勝利を挙げる。以降は負傷離脱した土肥(同じくFC東京から加入)に代わって[8]正GKを務め、自己最多の36試合に出場。低いボールへの好反応とリーチの長さを発揮した[8]2012年も引き続きレギュラーを務めていたが、徐々にミスが散見するようになり夏場から復帰した土肥にポジションを奪われた。

土肥が引退した2013年ギラヴァンツ北九州から加入した佐藤優也に押し出される形で古巣の横浜FCへ期限付き移籍で復帰[3]。開幕からポジションを獲得したが、出場した10試合でわずか2勝しかできずにシュナイダー潤之介にその座を奪われた。同シーズン終了後、期限付き移籍期間満了によって退団[9]

2014年、東京ヴェルディへ復帰[10]。控えながら、GK陣最年長選手としてチームを支えた[11]。2016年より、背番号は「1」になった。

人物[編集]

  • 20代半ばにして3度の移籍を経験し、異なる環境でプレーしていることから落ち着きがあり、冷静な人柄である。
  • 料理好きで[5]愛犬家[1]。ジャンとモカという2匹を飼っており、ブログに写真付きでよく登場する。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 東京V 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 12 2 0 0 0 0 0 2 0
2003 1 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 横浜FC 12 J2 1 0 - 1 0 2 0
2005 0 0 - 0 0 0 0
2006 FC東京 34 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 東京V 26 J2 0 0 - 0 0 0 0
2008 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 J2 0 0 - 0 0 0 0
2010 2 0 - 0 0 2 0
2011 36 0 - 2 0 38 0
2012 24 0 - 2 0 26 0
2013 横浜FC 13 0 - 0 0 13 0
2014 東京V 1 0 - 1 0 2 0
2015 1 0 - 1 0 2 0
2016 1 19 0 - 0 0 19 0
通算 日本 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
日本 J2 97 0 - 7 0 104 0
総通算 99 0 0 0 7 0 106 0

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 選手データベース 柴崎 貴広 - ウェイバックマシン(2009年10月29日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、201頁。
  3. ^ a b c d e 柴崎貴広選手 期限付き移籍加入のお知らせ 横浜FC (2012年12月15日)
  4. ^ a b c 柴崎貴広選手移籍加入決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年6月25日アーカイブ分) FC東京 (2005年12月21日)
  5. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2006』 毎日新聞社2006年、54頁。
  6. ^ 柴崎 貴広選手 東京ヴェルディ1969へ完全移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2012年7月14日アーカイブ分) FC東京 (2006年12月22日)
  7. ^ 柴崎貴広選手 加入のお知らせ 東京ヴェルディ (2006年12月22日)
  8. ^ a b ピッチの孤影=シリーズ東京ヴェルディ(5)チームスポーツの社会学を学ぶ スポーツナビ (2012年7月25日)
  9. ^ GK柴崎貴広選手期限付き移籍期間満了のお知らせ 横浜FC (2013年12月13日)
  10. ^ 柴崎貴広選手復帰のお知らせ 東京ヴェルディ (2014年1月14日)
  11. ^ 東京V チームを支えるベテランGK柴崎貴広「出ている人は出ている人の役割。出ていない人は出ていない人の役割があり、それがチーム」 blogola (2014年5月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]