新木曽川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新木曽川駅
新木曽川駅駅舎とホーム
新木曽川駅駅舎とホーム
しんきそがわ
SHIN KISOGAWA
NH52 石刀 (2.0km)
(0.9km) 黒田 NH54
所在地 愛知県一宮市木曽川町黒田三ノ通り203
駅番号 NH  53 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 91.2km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
5,848人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1935年昭和10年)4月29日
備考 終日有人駅
テンプレートを表示

新木曽川駅(しんきそがわえき)は、愛知県一宮市木曽川町黒田三ノ通りにある名古屋鉄道名古屋本線である。駅番号はNH53。当駅で優等列車が普通と緩急接続を行うことが多い。

駅構造[編集]

待避設備を備えた2面4線の島式ホームを持つ、駅員配備の地上駅。岐阜側に片渡り線がある。ミュースカイや当駅通過の特急は120km/h近くで通過する。ホームには駅自動放送装置の他に、通常のサイズを一回り小さくした小型のLED式列車案内も設置された。2016年頃に駅舎上のマンションが取り壊された。

のりば
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 名古屋本線 下り 笠松岐阜方面 待避線
2 名古屋本線 下り 笠松・岐阜方面 本線
3 名古屋本線 上り 一宮名古屋豊橋方面 本線
4 名古屋本線 上り 一宮・名古屋・豊橋方面 待避線

配線図[編集]

新木曽川駅 構内配線略図

一宮・
名古屋方面
新木曽川駅 構内配線略図
岐阜方面
凡例
出典:[2]


停車種別[編集]

1999年5月10日ダイヤ改正までは一部の特急が特別停車していたが、利用が少ないことから同改正で通過となった。その後、約9年半後の2008年12月27日改正で朝ラッシュ以降の停車が復活した[3]2000年3月21日改正改正から2001年10月1日改正までは新岐阜駅(現:名鉄岐阜駅) - 須ヶ口駅間の列車の一部が当駅以北急行、当駅以南普通に種別変更していた。現在のダイヤでは急行が当駅で特急を待避することはないが2005年 - 2007年には日中に下りの約半数(豊川稲荷駅発の列車)が待避していた。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は5,848人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中70位、名古屋本線(60駅)中25位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は8,292人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中51位、 名古屋本線(61駅)中22位であった[4]
  • 愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は、平成19年度2,641人、平成20年度2,627人である。愛知県内の名古屋本線の駅では、55駅中22位。

特急停車駅としては利用客数は少ないが、当駅で特急列車と普通列車との緩急接続が行われており、相互列車間の乗り換え需要がある。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
名古屋本線
ミュースカイ特急(平日朝の上り特急の一部)
通過
快速特急特急(平日朝の上り特急(豊橋行き)は当駅または笠松駅を通過)・快速急行急行準急
名鉄一宮駅 - 新木曽川駅 - 笠松駅* - 名鉄岐阜駅
普通
石刀駅 - 新木曽川駅 - 黒田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ a b 太田貴之「輸送と運転 近年の動向」、『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 46頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ a b c 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年

関連項目[編集]