下浜道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
Japanese National Route Sign 0007.svg
国道7号下浜道路
路線延長 6.2 km
起点 秋田県秋田市下浜羽川
終点 秋田県秋田市浜田字境川
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
下浜桂根橋
羽川大橋

下浜道路(しもはまどうろ)は、秋田県秋田市に建設中の国道7号バイパス路線。

概要[編集]

秋田市下浜を通る国道7号は、幅員が7〜8.5mと狭いにも関わらず交通量が非常に多く、朝夕のラッシュには混雑が顕著であり、沿線に県内外から多くの海水浴客が訪れる下浜海水浴場もあることから観光シーズンにも渋滞が見られる[1]。また、地元の小中学生の通学路にもなっているが、下浜長浜の集落内などで歩道が片側(上り線側)にしか設置されていない区間があり、重大事故が後を絶たない。これらの経緯から整備が決まった路線である。

当道路は、由利本荘市岩城から秋田市へ入るとまもなく羽川大橋[2]で現道と羽越本線を跨ぎ、下浜羽川・長浜地区の東側を大きく迂回し、下浜桂根橋[2]で再び現道と羽越本線を跨ぎ、秋田南バイパスに接続される。計画上は4車線であるが、暫定2車線となる。なお、当道路は両端で現道と接続するほか、市道と2箇所で接続するが、全て平面交差となる。途中、秋田県道240号川添下浜停車場線と交わるが、直接は接続されない。また北端の交差点については、感応式信号機が設置される。

2010年度に着工し、南端となる羽川大橋付近の工事が開始された。国土交通省東北地方整備局では、開通時期を当初2016年度以降としていたが[3]、2015年5月15日に開通時期を2019年度と発表した[4]

2020年3月14日に開通予定である[5]

沿革[編集]

概要[編集]

  • 総延長:6.2km
  • 標準幅員(暫定幅員):24.5m(14.5m)
  • 道路規格:第3種第1級
  • 車線数:4車線(全線暫定2車線で整備予定)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「下浜道路」朝夕ラッシュ解消に期待の声、スピード懸念も - 秋田魁新報電子版
  2. ^ a b 国土交通省 東北地方整備局 秋田河川国道事務所 事業概要2019 (PDF)
  3. ^ 直轄事業の事業計画等(秋田県関連分)について (PDF) - 平成23年2月時点における平成23年度直轄事業の事業計画等について(平成23年2月9日通知) - 国土交通省 東北地方整備局
  4. ^ 下浜道路、19年度に開通見通し 国道7号の混雑解消に期待 - さきがけonTheWeb
  5. ^ a b 国道7号 下浜道路 令和2年3月14日(土)15時に全線開通します (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 秋田河川国道事務所 (2020年2月18日). 2020年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]