二ツ井白神インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二ツ井白神インターチェンジ
出入口付近
出入口付近
所属路線 E7 秋田自動車道
IC番号 15
本線標識の表記 二ツ井白神
起点からの距離 186.7 km(北上JCT起点)
能代東IC (10.0 km)
接続する一般道 国道7号標識国道7号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道317号標識
秋田県道317号西目屋二ツ井線
供用開始日 2007年平成19年)8月12日
通行台数 11,801台/日(2010年度)
所在地 018-3123
秋田県能代市二ツ井町駒形
北緯40度12分41.5秒
東経140度11分51.1秒
座標: 北緯40度12分41.5秒 東経140度11分51.1秒
備考 無料区間のため料金所設備はない。
テンプレートを表示

二ツ井白神インターチェンジ(ふたついしらかみインターチェンジ)は、秋田県能代市にある秋田自動車道インターチェンジである。

国道7号琴丘能代道路(バイパス道路)の終点として供用されているため料金所設備はない。

当ICと大館能代空港IC間は2012年度から事業化され、日本海沿岸東北自動車道国道7号 二ツ井バイパス・国道7号二ツ井今泉道路鷹巣西道路)を経由し、鷹巣大館道路へ連続する予定であり[1][2][3]、現道にある主な交差点ごとにアクセスポイントを設置する予定である[4]。これに関連して、「能代地区線形改良」として二ツ井白神ICの線形改良工事が実施されることになっている[5]

道路[編集]

本線[編集]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

E7 秋田自動車道
(14)能代東IC - (15)二ツ井白神IC
E7 日本海沿岸東北自動車道(事業中)
(15)二ツ井白神IC -(国道7号 二ツ井バイパス二ツ井今泉道路秋田県道325号大館能代空港西線 鷹巣西道路[2][4])- 大館能代空港IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 記者発表資料(能代河川国道事務所) (PDF)
  2. ^ a b 日本海沿岸東北自動車道(二ツ井白神-あきた北空港)計画段階評価について (PDF)
  3. ^ 県が自動車専用道路化に着手へ 日沿道・二ツ井 - 空港間の県道 - 秋田魁新報(2011年10月13日) Archived 2011年11月16日, at the Wayback Machine.
  4. ^ a b アクセスポイントは、インターチェンジ(ランプ)が7箇所(種梅入口交差点・二ツ井高架橋・小繋IC・今泉IC・蟹沢IC・緑ヶ丘IC・川口南IC)になる予定。
  5. ^ 平成27年度 秋田県内5事務所の事業概要について (PDF)
  6. ^ 高速道路本線が急カーブを経て、直接交差点に接続している。本線側から走行すると交差点右左折で国道流入となる。なお、交差点を直進すると秋田県道317号である。高速本線と一般道路との間にゲートなどはない。

関連項目[編集]