小坂北インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小坂北インターチェンジ
小坂JCT料金所
大館北IC方面入口。 後方に小坂JCT料金所も見える。
大館北IC方面入口。
後方に小坂JCT料金所も見える。
所属路線 E7 秋田自動車道
IC番号 28[1]
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0282.svg小坂北
起点からの距離 36.7km(大館能代空港IC起点)
釈迦内PA (14.0km)
(0.5km) 小坂JCT
供用開始日 2013年平成25年)11月30日
所在地 017-0201
秋田県鹿角郡小坂町小坂
テンプレートを表示
小坂JCT料金所(小坂北ICのランプウェイから撮影)

小坂北インターチェンジ(こさかきたインターチェンジ)は、秋田県鹿角郡小坂町にある秋田自動車道インターチェンジ (IC) である。東北自動車道本線料金所である小坂ジャンクション (JCT) 料金所を併設する。

仮称は「小坂西インターチェンジ」(こさかにしインターチェンジ)であった。

概要[編集]

当ICは二井田真中IC方面のみ利用可能なハーフインターチェンジとなっており、東北自動車道とは流出入できない構造になっている。当初の計画では当ICを設置する予定は無かったが、小坂町の要望により地域活性化インターチェンジとして追加された[2][3]

また、当ICに併設して小坂JCT料金所が設置されている[4]。なお、東北自動車道から秋田自動車道への出口レーンの一般ブースは料金精算機が設置されており、自分で料金を精算する[5]

歴史[編集]

接続道路[編集]

直接接続[編集]

  • 小坂町道新遠部線

間接接続[編集]

小坂JCT料金所[編集]

  • ブース数:4

小坂JCT・東北道方面[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1(時間帯によってはETC・一般)
    • 一般:1

大館北IC・秋田方面[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1(時間帯によってはETC・一般)
    • 一般:1

[編集]

E7 秋田自動車道
(27)大館北IC - 釈迦内PA - (28)小坂北IC / (49-2)小坂JCT料金所 - (49-2)小坂JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 30日の開通を前に、誘致企業関係者ら新規区間を走行 大館北IC - 小坂JCT間 - さきがけ on The Web (秋田魁新報社、2013年11月21日付、記事本文) ※インターネットアーカイブ(2014年2月28日閲覧)
  2. ^ 2012年秋田県の高速道路”. 秋田県 (2013年1月28日). 2013年10月24日閲覧。
  3. ^ a b “東北管内で新たに6箇所のインターチェンジが整備されます” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 東北地方整備局, (2012年4月20日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/40267_1.pdf 2013年10月24日閲覧。 
  4. ^ a b 日本海沿岸東北自動車道(大館北IC〜小坂JCT)が平成25年11月30日(土)に開通します。 (PDF) - 東北地方整備局能代河川国道事務所・東日本高速道路(2013年10月17日発表、同日閲覧)
  5. ^ 一般精算機のレーンでは料金精算機をご利用下さい。 (PDF)”. NEXCO東日本. 2014年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]